• もっと見る
<< 2023年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
里子達を社会見学に[2023年09月30日(Sat)]
かねてから、里子達をアンコールワットに連れて行ってあげたいと思っていました。アンコール遺跡群は国の最大の文化遺産であり、国民の誇りです。しかし地域により受けられる教育の内容には差がありますし、かと言って大人になっても一生のうちに実際にそこを訪れる機会の無い人はまだ多いでしょう。殊に里子のいる島では本土に渡って同じ州の市街地へ行くのでさえ、容易ではありません。しかしやはり自国の歴史や文化背景に深く触れる事は大切だと考え、高学年から順に遺跡群のあるシェムリアップ州へ社会見学に引率するプロジェクトを開始しました。

只今里親の皆様の篤いご支援のおかげでこの地域からは49人の子供達にサポートを提供する事ができており、今回はこのうち中学、高校の9人を連れて行く事ができました。

遺跡群ではカンボジア語ガイドさんに付いてもらい、説明を受けながら回りました。アンコールワット、タプローム寺院、そしてアンコールトムでは南大門〜バイヨン寺院〜バプーオン〜ピミアナカス〜象のテラスを見学しました。雨に降られたのでライ王のテラスは通り過ぎながらの説明になってしまいましたが。アンコールワットだけでも見どころがたくさんありますが、その壮大さを感じるだけでも貴重な体験になったはずです。

その後は国の貧困問題解決の為に発足したソーシャルビジネスの施設見学に行きました。伝統手工芸品を製作しており、カンボジア土産の有名ブランドでもあります。その企業の歩みについて説明を受け、手工芸の製作過程を案内して頂きました。

数日間でしたが、歴史や様々な考え方を学び大きく視野が開けた事と思います。1人でも多くの子達にこのような機会を提供できるよう、見学プロジェクトを継続していきたいと思っています。

m20230905_123036.jpg
カンボジアでカルタ (2)[2023年09月24日(Sun)]
作り終わると、グループ分けをして、自分が作ったのではないカードで遊べるように調整します。幾つか小グループを作り、それぞれに先生に加わって頂き読み手をお願いしました。カルタのような遊びはカンボジアには無いようですが、遊ぶうちに要領を得て、結構皆真剣に取り合い、各グループ白熱していました!

子音が33個ですが、その音から言葉や文章を始めるのが難しそうなものを省いていますし、たくさん言葉が浮かびそうなものはやや増やしています。なので各グループで、同じ文字から始まるカードが2枚以上混ざっている場合があります。お手付きをすると1回休みですから、正しい絵札が取れるように注意して先生の読み上げる文を聞いていないといけませんよね。楽しんで集中する事もできたと思います。

せっかくなので、各グループで一番たくさんカードが取れた子には小さな賞品を準備しました。学年の中で1番とか全校で1番、ではなく、各グループで1番の子に配りました。できるだけたくさんの子が、達成感や認められる喜びが感じられるように。賞品はデザイン消しゴムです。日本には精巧にお菓子や動物などを模した消しゴムがありますね。なんだか素敵でもらうのが嬉しい、且つ学習の役にも立つ、という観点で選んでいます。

bbe word play-karuta2.jpg
カンボジアでカルタ (1)[2023年09月23日(Sat)]
今回ボランティアの方々が来て下さったので、農村の小学生を対象とした教育支援プログラムを行いました。カンボジア語でカルタを作り、それで遊ぶのです。

カルタを実際に作ってみる事は、国語力や表現力を磨く練習にちょうど良いです。カンボジアには33の子音がありますので、まずそれらを子供達に割り当てます。日本とは文法も違い、その文字から始まる単語はあっても文章を作るのは難しい事があります。ですので難しいと思われる文字は少なめにしました。

割り振られた文字から始まる文を書くカードと、その文に沿った絵を描く用のカードで1ペアです。各自それらを 平均3セットは作れるようにしました。語彙をたくさん知っていないといけませんから、子供達が助けを求められるように現地の先生方にも協力を仰ぎました。

低学年の子の方が積極的に考え、描いていました。クレヨンを使う事自体にまず興奮しながら。ちょっと年齢があがると、こんな文を作ったらおかしいかな、とか、文を考えてもその絵が描けないから違う文に変えよう、など考えてしまうのかも知れません。

bbe word play-karuta1.jpg
手作り栞 – 目的[2023年09月18日(Mon)]
今回の目的には、もちろんまず工作を通して得られる体験の提供…難しい事を言えば手先の巧緻性や空間認知能力を伸ばす…といった事があげられます。創造性や表現力を培う事にもなります。しかし一番根底にあったのは、子供達の感性を刺激する事です。

その日生きる事が最優先、というような生活の中では、「これは美しいな」と何かに感動する経験が少ないのではないか、と思う事がしばしばあります。ですからカラフルな色紙や、綺麗・楽しい絵柄の紙、リボンやキラキラのラメで、普段の生活圏に無い物に触れて感動し、そういった美しいものを自分で使う感覚を共有したいと思いました。

また青いスパンコールとラメで波や水を表す、という概念も斬新だと感じた子もいるでしょう。大自然とは直に接する機会は多いですが、子供達は固定概念の中で生きる時間のほうが多いのかも知れません。ですので上記のような表現の枠を広げたかったのです。ただページを折るのではなく、こういう物でも栞に活用できるな、と普段の生活の中から見つけたり、そういったものを実際に自分で作れるかも知れません。栞に限らず、今後物の別の使い方に考えを広げられるかも知れません。

sequins1-unsplash.jpg
手作り栞 – 概要[2023年09月15日(Fri)]
今回里子達とは工作の時間を持ちました。内容は栞作りです。作る栞は全部で3種類。

@ デザインペーパーを使ったシンブルなもの。
折り方は簡単なので、普段遊びの中で紙を折るという機会の少ない子供達にはウォーミングアップです。デザインペーパーを何種類か用意して子供達には自分の好きな絵柄を選んでもらいます。シンプルながらも、視覚的に心躍る栞ができます。

A ハート形でページの角にかぶせるタイプの栞。
ハート形の栞ができる、という事に子供達は沸き立ちました。折り方が複雑ですが、これも体験。こちらの手の動きを見ながら同じように折ってみます。こちらは柄無しの単色なのですが、@同様1人1人に普段喜んで使って欲しいので、折り紙の中から好きな色を選んでもらいました。低学年の女の子にはピンクが人気でした。数が足りて良かったです!

B 海をイメージした貼り絵にスパンコールやラメを入れた創作栞。
台紙にナイロンを巻いたり、もしくはナイロンの小袋を貼ったり、という作り方も色々できるようですが、ちょうど短冊型のナイロン小袋があったので、その大きさに合わせて予め薄めの画用紙で台紙を準備しておきました。当日子供達は折り紙を切って、その台紙に好きな模様を貼っていくのです。貼り絵が出来上がったら台紙を小袋に入れ、更にラメを入れて両面テープで閉じます。そしてパンチで穴を開けリボンを通してできあがり。

大きな画用紙ならまだしも、台紙が小さくて切り絵は難しいかなと不安に思っていましたが、上手に作っている子が多かったです。自由にハサミを入れてみたり、念入りに下書きして、どんな模様を作ろうかイメージを膨らませていました。何回も貼り直しする子ももちろんいましたが、最終的にできたキラキラ栞に笑顔になってくれていました。教科書を開くのが、楽しみになると良いです。

craft-bookmark1sqc2.jpg
初めての絵の具[2023年07月23日(Sun)]
この日もう1つの活動は水彩絵の具を使ったプログラムです。絵の具は色鉛筆や色ペンとまた描く感覚が違います。水を混ぜながら、色を混ぜながら、新しい感覚を体験してもらいました。絵筆が里子の人数分揃わなかったので、タンポも準備して、描くか模様をポンポン作っていくか、常にどちらかの作業はできるようにしました。

タンポでは、全体的に色を散りばめる子や、風景を思い描いて空、或いは草原などをタンポで色付けする子など様々個性を出してくれました。絵筆は大勢の子が緊張したようです。名前もまず鉛筆で下書きをして、筆でなぞっていました。その後、絵が好きな子は積極的に色んな色を使い、太陽や花など筆で絵が描けました。

絵の具プログラムを更に面白くしたいと思い、落ち葉スタンプも紹介しました。葉っぱに色を付けてスタンプするのです。落ちていた葉をこの日の為に取っておいて、乾燥したものを使って紹介しました。すると子供達は自由に雑草などを集めて来て、色々な形を試していました。綺麗な模様ができて喜んだり、予想と違う形になって笑い合ったり、たくさん発見があったようです。

子供達は作品を完成させる事にとても集中してくれて、活動時間が長引いてしまいこちらが心配するほどでした。皆、自分が満足する作品を作りたいのですね。とても楽しい時間になったようですし、作品と写真を撮る際も、誇らしげにしている子供達を見るとこちらも晴れ晴れした気持ちになります。

paint01_pexels.jpg
詳細な説明とは (2)[2023年07月16日(Sun)]
里子達全員分の質問シートを作成しました。年賀状に、「良い成績だった事が嬉しい」「クラスで〇位だった事が嬉しい」など、同じ内容の事を書いた子達が何人かいますが、少しずつ質問内容を変えました。質問シートを配ると、どうやって答えるんだろう、友達はどんな質問なんだろう、と隣同士で見せ合ったり相談する事が分かっていたからです。

1人1人に作成するのは手間のかかる事ではありましたが、これを機に文章の書き方、説明の仕方をより学んでもらえるだろうという希望があったので、どうしてもやりたいと思ったのです。これまで何度か書いていますが、この子達は一度経験したら次にそれを活かす事ができる、と感じているので、まずその経験をさせてあげる事が大切だと思っています。

成績の事を書いた子達には、
・そもそも学校でどんな授業があるの?
・良い点数だったテストはいつ?
・どの科目でも良い点数だったの?
・なぜ良い成績が取れたの?
・どんな努力をしたの?
・自分にとって、「良い成績」ってどういう事?
などなど、学年によっては掘り下げて聞いてみます。

質問に答える際は、「はい、いいえ」で終わるのではなく、ちゃんと文章として考えてもらう事を確認しました。質問はあくまでブレインストームなので、その回答を全部最終的な作文の清書に盛り込む必要は無く、文章の構成を自分で考えてもらう事も伝えました。

結果、皆なかなか良い作文が書けてたと思います。先の成績の例では、「数学と国語が得意だけど化学は苦手、だから化学ももっと時間をかけて勉強したい。」など意気込みまで書いてくれる子もいて、読み応えが出てきました。今後文章を作る機会には、書き方を応用してくれると嬉しいです。

childrens writing06c.jpg
詳細な説明とは (1)[2023年07月15日(Sat)]
1月に年賀状を作った際、去年の出来事を書いてもらいました。読み手に状況が分かる程度に詳しく (いつ、どこで、誰と、何をしてどう思った…というような事) 書いて欲しいとは伝えましたが…何分ハガキの大きさです。全体的にそこまで文章の量が多くなかったのが第一印象です。

しかし趣旨をよく理解した子達は絵を描く隙間も無いくらいたくさん書いてくれている事を考えると、文章量の少なかった多くの子達は、何が「詳細」なのかの認識が違うのでは、と思いました。普段、主語や述語の他に修飾語を伴って文章として説明したり会話する機会が少ないのかも知れません。どこまで言えば詳細になるのか、その考え方が違うのでは、と。それで、言われた通りに「11月、学校の皆と先生と集まって、楽しかったです。」と書いても、それが何の為の集まりだったのか説明するまで意識が回らないのかも知れません。

そこで、次の定期訪問である4月には、年賀状の思い出の部分だけ、もう少し詳しく説明してみる練習をする事にしました。その際、こちらで予めその思い出に対する質問を幾つか作っておいて、各自がそれに回答する事で、元の文章に他にどんな情報を加える事ができるか参考にできるようにします。
上の例ならば、
・なぜその集まりがあったのですか?
・クラスで集まったのですか、学校の生徒全員ですか?
・集まりの中で何をしましたか?
・集まりの中でした事の中で、何が楽しかったですか?
という具合です。

これに答える事によって、「11月23日、学年末の試験が終わって、学期を無事終了した事を祝う為に6年生のクラス全員で集まった。皆で踊って、それが一番楽しかった。」
というような文章が出来上がるというわけです。

puzzle_pixa.jpg
年賀状の絵[2023年02月25日(Sat)]
絵も本当に子供達の個性や性格を表してくれます。

一応、紹介の為に分かり易い年賀状の見本を印刷して行って、見せたのですが、慣れている子は自分の好きな絵を描いていました。カンボジアの国旗や、花や蝶など。また富士山や日の出など、めでたいものを絵にする事もある、と紹介すれば、丘から太陽が昇る風景を描く子も何人かいました。

カンボジアの子は一様に、見て描くのが得意な子が多い印象なのですが、今回の里子プログラムの中では特に女の子が、見本の中の細かい絵柄を綺麗に真似て綺麗に色を付けて完成させていたました。

発想力のある子は、2023と書いた旗を飛行機で飛ばしたり、風船にしたり、椰子と高床式家屋のカンボジアの風景の中に雪だるまを描いたり、とても楽しい世界が描けていました。

初めて参加する子達は、作文も絵も普段あまり触れないのですね。その見本で一番シンプルな絵柄を選んで描いている子が大多数でした。自分で発想できないけど、もし何か描かなければいけないのなら、自分が一番描けそうなものを...という事ですね。今回はこの子達にとっては初めての事でしたし、これが皆のベストだと思います。でもきっと絵に触れる機会が増えるに従って、またプログラムに慣れるに従って、自分をもっと表現してくれると期待しています。

color pencil03_pixa.jpg
年賀状作りの考察 (3)[2023年02月22日(Wed)]
今回、新しく里親になって下さる方があり、新たな里子達がプログラムに加わる事ができました。

比較的学年が小さい子が多かったのですが、まず@の、1番印象的な出来事を思い出すのに時間かかかっていました。農村での生活はそうならざるを得ないのかも知れませんし、普段から文章を書く機会が無いのもよくわかります。もしくは、そんな事を考えた事も無かったかも知れません。

そういった意味でも、Aの目標設定は良いと思います。何も考えなければ日々はただただ過ぎてしまうでしょう、何も心にとどまる事なく。何を頑張りたいか、自分で考えてみる事は意義深いと思います。これを頑張ろう、と決めた事があれば、毎日の過ごし方がもっと充実したものになるはずです。

diary_pexels.jpg
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

Blue Bird Education Cambodiaさんの画像
https://blog.canpan.info/fosterchildren/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fosterchildren/index2_0.xml