CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
手紙の意義 [2020年11月17日(Tue)]
先日手紙について書きましたが、手紙は想いを伝える手段であって、絶対に学習の手段にしなければならないわけではないですよね。

里親の皆さんが、それぞれの里子に伝えたい事が、ちゃんと伝わるのが第一です。返す言葉が出てこなくても、まずは、日本のお母さんは今こんな暮らしをしているんだな、こんなに自分の事を気遣ってくれるんだな、など伝われば幸いです。経済的に支援するとしても、やはり関係をつなぐのは心だと思います。

ただ、手紙をたくさん受け取れば受け取るほど、世界の色々な事が見えたり、語彙や文章の表現の仕方なども増える期待はあります。ですから里親の皆さんにも、どんどん手紙を書いていただきたいですね。

letter03.jpg
それは読み取る力 [2020年11月15日(Sun)]
里親さんから里子への手紙も久しぶりに届きました。手紙を受け取った子供達にはお返事を書いてもらっています。しかし普段から手紙を書くという習慣がないので、なかなか何を書けば良いのか分からないようです。

というのは、歳が大きくなるほど簡単にさらさらと書く子はいるのですが、内容に代わり映えが無いというか、僕は私は元気にしています、お父さんお母さんも健康に気をつけて…というような文章ばかりになってしまいます。自分からお便りをするのではなく、里親さんが、自分の国や生活の様子を書いたり、質問を投げかけたりされていたとしても、それを受けてどう返事を書くか、という事に慣れないようです。

それでやはり、子供1人1人についてゆっくり一緒に見てあげるスタッフが必要です。お母さんからの手紙は、何が書いてあった? それについて、どう思った? 何か質問されてた? など、じっくり見てあげるのが良いのだろうと思います。そうする中で子供達の読み取る力も伸びてゆくのではと…。

kh-letter04.jpg
作文を一見して [2020年11月14日(Sat)]
今回の里子達の作文はこれから翻訳するのですが、ざっと見ると、1つの傾向がうかがえました。写真でも分かるように、子供達は文章を段落で構成するというより、箇条書きにしているようです。

活動の当日、「作文のテーマはこうです」と説明する際、ボランティアスタッフの子達が実際 @好きな授業内容 A その理由 B 今学期の目標… など、ホワイドボードに書き出していました。これはあくまで要点をただ視覚化しただけだったのですが、この@、A、B…への回答を書くかたちで作文した子が多かったようです。

childrens writing02.jpg

起承転結だとか、まとまった内容で段落を作るといった作文の構成の話より、内容に一貫性がなくてもまずは思いついた事を書いて欲しいと思ったわけですが、文章をつなげず箇条書きになってしまうとは…! やはり文章をつないで1つの作文にする、という練習をしてもらいたいので、次回はこの点が打開できるよう考えたいです。
久々の作文 [2020年11月11日(Wed)]
学校に通えない間、文章を書いたりする機会も無かったでしょう。それで今回の訪問では作文プログラムを遂行しました。できるだけ、使って楽しくなるような鉛筆を用意して!

「新学期が始まってから、最も面白かった授業内容」というのがまず1つ目のテーマです。でももちろん全員が全員勉強が好きな子ばかりではないと思うので、「最も退屈だった授業内容」というテーマも設けました! どの教科のどんな内容なのか、面白い(または退屈だ)と感じたのはなぜか、できるだけ詳しく書いてもらうように伝えましたが、果たして…。

そして、この9月から新学期が始まったという事で、学期の目標も考えてみてもらいました。これが2つ目のテーマです。目標や挑戦したい事については、次の訪問時、達成できたかなど聞いてみたいと思っています。

作文の後、数人の子達に発表してもらいました。まずは発表したい子がいるか聞きますが、あまり自分から「やりたい!」という子はいないようです。それで、数クラスに分かれてプログラムをしていましたが、各クラスで皆のお手本になるような作文をしている子に、発表してもらうようにお願いしました。どのように、何を書けば良いか分からなかった子も、こんなふうに書くことができる、というヒントになれば幸いです。

pencil02c.jpg
次回の題材 [2020年11月06日(Fri)]
外国人スタッフの訪問に関して言えば、クラチェ州の里子は10か月振りでした。
プレイベン州も10か月振り。
タケオ州は1年ぶりになります。こちらの子達にもたくさんお土産を準備しました!

gift05s.jpg

次にタケオを訪問する際は、長らく時間が空いているので是非とも作文をして欲しいと考えています。書いて欲しい事がたくさんあるけれど… 休校中何をしていたかとか、新学期はどんな様子で過ぎているかとか、新学年になった抱負とか…。しかし文章を作る事に慣れていない子達が多いので、テーマを絞る必要があります。

新学期が始まって、一番面白い授業内容について書いてもらうのはどうでしょう。好きな科目は友達同士かぶるかも知れませんが、授業内容(国語で習ったこの話、数学で今習っている角度の計算、歴史で習った〇〇時代の事…などなど)なら隣の子の文章を真似する機会も削減でき、自分の思った通りに作文できるのではないでしょうか。

作文の構成の仕方などは今は焦点を当てていません。テーマに沿って思いついた事を、書きたい事を自由に書けるプログラムにするつもりです。まずは楽しく取り組んで、書く事に慣れてほしいと思っています。
アート表彰式その2 [2020年10月18日(Sun)]
アートコンテストですが、バッタンバンではカンボジア国内の入賞者も選んでいましたが、残念ながらその子達の通学の日ではなかった為、賞状や賞品を直接手渡す事ができませんでした。コロナで密を避ける為、この学校では公共機関の決定で1日に学級の半分しか授業に来れない仕組みがとられていました。それぞれの学級の半分の子達が月・水・金の登校、そして残りの半分の子達が火・木・土の登校のようです。

そして今度はプレイベンの小学校へ。この学校でも1人、カンボジア国内の入賞作品を選びました。この児童の平和とは「家族が仲良くいる事」でした。

この子の絵は黄や茶が主で色使いが限られていて、絵を描く当日こちらで準備した色ペンが足りなかったのかな、と思ったのですが、その日に撮った活動写真を見返すと彼の机の上には他にも幾つか色があったのです!好きな色なのでしょうか。でも家族のスカートやズボンは鉛筆でそのまま塗った感じになっていて。色を使う事に慣れて来ると、また違う感じの絵になるのでしょうか。

楽しんで色んな色を使ってもらえるよう、カラフルなアートセットをプレゼントします。賞品はそのほか、コンパスやノートなどの文房具、ユニフォーム、運動靴です。

ここでも、来れる人だけ参加の保護者会を表彰式後に予定していて、この子のお母さんが見えていました。誰が表彰されるかは告知がなかったのですが、大変喜ばれました。

certificate02.jpg
9か月ぶりのプレイベン [2020年10月17日(Sat)]
プレイベン州の里子に会いました。この子達に会うのは、外国人としては9か月振りです。
元気そうでしたが、しばらく会わない間に家庭環境が難しいほうに変わった子がいました…。悲しい事です。
コロナの時期なので、衛生用品などをメインにお土産を持って行きました。国内の慈善団体からお菓子の支援があったので、たくさん持って帰ってもらいました。勉学を応援していますが、お菓子だって食べたいものね。歯磨き粉や歯ブラシもお土産に入れてあるので、ちゃんと歯磨きすれば大丈夫。
とっても笑顔の可愛い女の子たちです。

gift04s.jpg
賞品の意義 [2020年10月05日(Mon)]
アートコンテストで国際的に選ばれた子も、大きな賞ではなかったため賞状しかありませんでした。現地の方のアドバイスで、この子には自転車を賞品にしました。学校に通うため、必要であり貴重なものです。

内戦以降、特に都市部以外では教育への意識が低い傾向にある人々がまだ多いです。貧しいとそうなってしまいます。学校に通うより家の手伝いをする子供や、卒業するよりも働きに出る子供が本当にまだまだ多いのです。

そこで賞品が良いものであると、親御さん達は、「このコンクールはそんなに凄い事なのか」「才能を発揮したり何かで頑張れたら、こんなふうに評価されるのか」、と自然と関心を寄せてくれる事になります。もちろんそれが本当の教育の意義ではありませんが、子供が勉学に励んだり熱心に何かに打ち込む事は、有益だと思ってくれるきっかけになるというのです。

その国独自の歴史があり、人々の生き方は様々です。良い賞品にするのは、恐らく幾つかあるうちの、教育の向上を手助けする1つの方法でした。一緒に表彰式に参加した子供達も、次は自分も参加してみよう、と思ってくれた子がいるのではないでしょうか。

photo6323377636214156410.jpg

まずはバッタンバン州の小学校で表彰式です。私達の別のプログラムで保護者会を開いていたので、1位の子のお母さんがちょうど学校に来ていました。賞状や賞品と一緒に写真を撮りました。お母さんは予想にしない事でとても驚いておられました。彼の、絵の描写力や発想豊かにのびのびと表現できる才能をお話ししました。どんどん伸ばしてあげて欲しいとお伝えしました。
アートコンテスト [2020年10月03日(Sat)]
去年の暮れから今年初めにかけて、他NGO主催の平和をテーマにした絵画コンクールに参加し、地域の小学校などの協力を得て子供達の絵を集めました。参加してくれた子供達の年齢によっても、平和がどんなものか、その理解の仕方も違いますから、私達としては「自分が思う平和とは」、というテーマで描いてもらいました。孤児院と、これまでに活動に赴いてコンタクトのある小学校に、絵を描いてもらいに行きました。

コロナのせいで審査なども遅れましたが、この夏にやっと結果がでました。世界300余りの参加者から、カンボジアの子供達は3人入選しました。海外渡航も厳しい中、表彰式もおのおの各国で、という事になったのですが、これを機会に私達ブルーバードとしても入賞作を選ぶ事にしました。あまり絵画に馴染みの無い中で頑張って描いている姿も見ていたし、そういうところも評価してあげられます。

ブルーバードとしては、「平和」というテーマを理解している子、そして山や木を描くのに色を混ぜたり(すべて色鉛筆やクレヨンでの作成ですが)、絵の中にたくさんのストーリーが垣間見え、本当に絵が好きなんだろうな、と思った子を選出しました。賞品には画材セットもいれ、これからも表現する力を伸ばしてくれる事を激励しました。

art certificate01s.jpg
経験はかたちに [2020年09月20日(Sun)]
寄付でクレヨンや色鉛筆を頂いていたので、もし絵を描くのが好きなら次に持って来てあげようか、と思い「絵を描くのは好き?」と尋ねると、多くの子達が「描けない」と答えました。「字を書くほうがいい。」と。

違う州の里子プログラムで絵を取り入れた時も、手伝ってくれた学生が「絵を描く道具を使った事がないから、描けないんだよ」と教えてくれました。色がついているだけで、鉛筆で描くのと同じでは…とその時は思いましたが、実際そういうものなのですね。

絵を取り入れたタケオ州では、色ペンを使う回を何度が重ねると、なかなかすらすら描ける子が目だって来たように感じます。最後に行ったのは、自分の名札を好きなように色や絵で装飾するプログラムでしたが、その何か月か前に 読んだ物語を絵にするプログラムをした事があるのですが、そういう時に自分で描いてみた白鳥や魚などを名札に登場させている子もいました。

child draw04.jpg

最初から想像ですべて描くのは難しいけど、見ながら描いたものが今は何も見ずに描けるようになるのですね。アートの腕前に注目しているのではなくて、少しずつやった事が形になっている事がささやかながら嬉しいです。

私がずっと前々から持っているカンボジアの子供達の絵の印象は、線が主であまり色が無くて、しかも建物や木や雲など、定規で引いた直線が多い、というものです。技法でそういうものはあるかも知れませんが、絵って自由な線で描いて良いものなんだ、とたくさんの子達に感じて欲しいです。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

Blue Bird Education Cambodiaさんの画像
https://blog.canpan.info/fosterchildren/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fosterchildren/index2_0.xml