CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
新しい里子[2021年06月18日(Fri)]
島の里子ですが、コロナ禍にかからわず多数の方が里親として手を挙げて下さり、新たに十数人の子供達を支援できる事になりました。改めて里親の皆様に感謝申し上げます。

文化的な生活ができるようサポートするのと同時に、勉学の機会を応援し、学ぶ事で自分の将来を切り開いていってもらう為のプログラムです。ですから訪問のたびごとに、教育を補足する内容の活動を行っています。

里子達を決めるにあたり、学校の先生方から普段から頑張っている子供達の情報を共有して頂きました。そして選出された子供達は保護者の方と共に集まってもらい、プログラムの意義をお話しました。

ところで、人懐っこい性格の子や、よく外国人ボランティアを受け入れている施設の子でなければ、大抵 里子達は最初は無表情なのです。2回3回と会う回数を増やして、笑顔が見られるようになると本当に嬉しいものです。この子達にも、早く笑ってもらえたらいいなぁと思います。

foster02.jpg
コロナ禍便り[2021年06月15日(Tue)]
今回は活動をヘルプしてくれる人材や時間に制限があり、文章の書き方を指導してあげるまでには及びませんでしたが、やはり短くてもよいので何か書いてもらう事にしました。

子供達の生活状況を把握したいので、まずは『ロックダウン中、休校中、何をしているか』そして、
『学校が休みの間に、頑張りたい事 (上達させたいスキルなど)はあるか、あれば何か』の2点を質問する事にしました。

大抵、学校が普通に開いている時に目標を聞くと、「苦手な英語を頑張りたい」とか「掛け算を頑張りたい」など答えてくれます。そうやって目標を自分で立てるのは大切です。しかし今は自分で教科書を読んでも思うように勉強できない子も多いでしょう。だから勉強以外でも、何か集中して取り組める事や時間を有意義に過ごせる事がないか、考えてみて欲しいと思ったのです。

ただ今思うと、「上達させたい事はあるか?」の次に、「あれば何か」ではなくて「何を上達させたいか考えてみよう」という言葉のほうが良かったなと反省しました。

子供達が書いたり作ったりしたものはみんな里親さんにお渡ししますが、子供達に「手紙を書きましょう」と言うと天気などいつも同じ会話で終わってしまう為、このようにテーマを決めます。作文であり、里親さんへのお手紙でもあります。

kh-letter05s.jpg
コロナ禍で[2021年06月13日(Sun)]
去年秋からやっと活動が再開できると思っていましたが、カンボジアでは 2月下旬に感染が拡大し、4月にとうとう大きな都市はロックダウンに入りました。5月にロックダウンは部分解除されましたが、未だ感染は収まる様子がありません。こちらでは毎日の新規感染者数も報告されており、それを見ているとコロナ回復率は高いように感じます。新規感染が止まりさえすれば、収束に向かうはずと期待しているのですが…。

このような状況で、私達の里子訪問はまた長らくストップしていた形でした。大人数で集まるのも規制されたままですし、まだ州を超えてのトラベルも難しい事から、今回はほかのミッションで島の近くにいるスタッフを通し訪問してもらうという手段を取りました。

その為複雑な活動はできませんが (色々アイデアを練っていたのですが…) やはり、半年ぶりに会える貴重な機会です。学校も半年閉まったままで、教育省や学校によってはオンライン配信していますが、環境の揃わない農村の児童生徒には難しいものです。ただでさえ勉学の機会が減っていますし、1つでも子供達が何か新しい事を学ぶきっかけになる活動ができないか急遽考えました。

lockdown.jpg
文章作り遊び-ポイント[2021年02月22日(Mon)]
あくまで私達の活動の中においてですが、このゲームを有効にするポイントは、できるだけ長い文章を書いてもらうよう頑張ってもらう事です。

以前違う地域で行った際、子供達はそれなりに一生懸命取り組んでくれ、中には思いもよらない詩的な文章を作ってくれた子もいました。しかし慣れないと、例えば「キリロム山」と「青」だったら、「僕は青いキリロム山を見ました」で終わる子もたくさんいたのです。

発想し、そして実際に文章を書く練習をして欲しいので、できるだけ長い文章、文を作ってね、と指示するつもりです。僕は青い山を見ました、に、「昨日」と付けるだけで長くなります。「昨日、友達と」と付ければ更に長くなります。長くして!とだけ言っても困惑するかも知れませんが、付け足すだけなら楽しんでできるのではないでしょうか。

このような具体的な説明も、先に子供達にしてあげようと思います。これまでの活動を通して、「例」は重要だと改めて感じてきました。例が子供達に発想を促すヒントになります。例をそのまま自分の作文にコピーする子もいますが、例が与えられなければその子の作文はもっと限られたものでした。その子はそのような経験を積み重ねながら、例が無くても自分で考えられるようになると思っています。

「青」と「山」で必ずしも「青い山」にしなくてもいい事も予め伝えたいです。山に入ると青いカエルがいた、とか。その日は晴れで空も青かった、とか。これで遊びの内容がかなり明確になるでしょう。ちなみに、実際には色は単語カードには入れていませんが!

wordgame03.jpg
文章作り遊び-準備[2021年02月20日(Sat)]
次の島の里子達との活動では、言葉遊びをしようと思います。単語群のカードの中から好きなカードを引いて、その単語を使って文章を作るのです。里子達は作文となると、書く内容がごく一般的な事柄でとどまっている傾向があるので、徐々に語彙を増やし、文章を書く事に慣れ、考える力を養ってもらえるような活動を提供したいと思っています。

発想に富んだ文章を作ってもらうには、本来は擬音語や擬態語、形容動詞などをたくさん集めたかったのですが、カンボジアでは文法や表現方法が違い、なかなか「ふわふわ」や「ガチャガチャ」、「そろりそろり」などにぴったり合った言葉が見つかりませんでした。表現方法はあるのですが、単語ではなく最初からフレーズになっていたりして、子供達が自分で文章を作るという趣旨が生かせなくなります。またこの子供達の地域の教育システムも限られているので、あまり難易度を上げない事にしました。

名詞には、アンコール王朝を築いた王様の名前や、カンボジアには生息しない動物の名前などを入れてみました。知らなければ新しい言葉を覚える機会になるでしょう。後ろや中など場所を表す副詞も入れています。作る文章の幅を広げてくれると思います。

そのほか、見るや行くなど一般的な動詞ばかりで文章が終わるのを避けたかったので、掘る、転がす、巻くなどやや変わった動詞も用意しました。何回か練習をして、慣れてきたらこれらも含めてカードを引いてもらおうと思います。

wordgame02_sentence-making2.jpg
美しさを感じる[2020年12月15日(Tue)]
島の里子にも会いに行きました。こちらでも徐々に書いたり物を作ったりという活動を取り入れていきたいのですが、今回はまず自分の中の好きなところ、長所、特技などをメインに書いてもらう事にしました。一般的な事は支援開始時、最初の聞き取りで分かっているので、それ以外の子供達の一面を知る為です。

ここで気づいた事… 便せんやはがきを、上下逆に書く子がいるのですが…。どう向きに書くかなどという事はあまり大切な事ではないのかも知れません。そしてそれは、実用的なものを常に重視せざるを得ない環境の中にいるからかも知れません。

以前、これはまた別の地域ですが、子供達のモチベーションが上がれば、と とても美しいイラスト入りの用紙を準備した事があったのですが、イラストの存在などお構い無しに文字が横切っていた事がありました。そこに絶対書かなければもう余白が無い、という状況ではなかったのですが。国によっても何を優先するかなどの捉え方が違うかも知れません。実際他の国ではどうなのか知りません。ただ日本だと、それが背景というわけでなければ、心持ち避けたりする事が多いのかなと思いました。装飾としての価値を認めているから。それが、イラストとして美しいから。落書き防止の為に壁に予め絵を描くというケースもあるほどですし。

便箋やはがきの上下についても、絵に関心を向ければ、それがどちら向きに描かれているのか一目瞭然です。文化は国で違っても、美しいものにささやかに心を動かす、という体験を増やしていって欲しいなぁと思った出来事でした。

letter pad01s2.jpg
将来の夢 2020[2020年12月11日(Fri)]
数年前、または近年でも農村などでは、将来の夢を聞いても大抵教師か医師と子供達は答えていました。それ以外に答えを知らないという印象でした。

しかし時代も変わって来て、また情報にアクセスする機会も増え、子供達の答えが変わってきていました。作文では新学期の目標を書いてもらったのですが、続けて将来の目標を書いている子が多かったのですが、お客さんや友達がたくさん来てくれる花屋であるとか、皆で助け合い国を守る事ができる警察官だとか、道徳的で社会に優しい良い仕事とか、そんなふうに視野を広げ回答してくれる子が出てきました。

教師も多いですが、ただ何となくや親がそう言うから ではなくて、自分がこの科目を勉強してみてとても面白かった、生徒達にも自分の知識をたくさん提供できる生徒達に一番人気のその科目の先生になりたい、というふうに具体的に説明できています。

また支援開始直後、工場で働くと言っていた子は、私達が定期的に里子訪問する時 必ず通訳スタッフとして学生が一緒に来てくれるのですが、その学生達が活発に英語を話す様子を見て、自分も通訳のような仕事をしたいと思うようになったと書いていました。とても嬉しい変化です。

florist02.jpeg
できた事、できなかった事[2020年12月10日(Thu)]
作文ですが、テーマは学校で最も好きな(もしくは退屈な)授業内容とその理由です。好きな科目ではなく、その科目の中でどんな授業内容が好きなのかを聞きました。好きな科目の説明でとどまる子が多かったですが、テーマに関する詳細をどんどん説明して、素晴らしい作文を書いている子もいました。

一方、全般的によく目についたのは、段落の構成が一貫していないという点です。例えば「私の好きな科目は国語と地理です。」と始まった後、通常は国語について、次に地理についての説明が続くと予想されますが、実際は国語の説明 → 地理の説明→もう一度国語 とか、国語の説明→時間がある時家でやっている事→地理 など、文章の流れが一定でない事が多い印象です。

下書きなしでは、なかなか一回で完璧に書くのは難しいと思いますが、実際はそういう構成になってもおかしいと思っていない子が多いようです。よく書ける子はこういう構成についても教えてあげられると良いですが、まずはたくさん書き出してみる事に慣れる、というコンセプトの活動だったので、今回はこれでよし、です。たくさんの子が頑張れたと思います。

writing work01c.jpg
継続する事[2020年12月06日(Sun)]
子供達の作文の翻訳が返ってきました。

タケオ州の中でも近年支援を始めた里子達に注目していたのですが、里子開始直後は全くと言っていいほどペンが進まなかった子達が、なかなかよく書けるようになったと思いました。用紙をぱっとみただけでも、たくさんの行数を書いていたので期待していたのですが、内容を読んでも、ちゃんとテーマに沿って詳細を文章にしている子が多かったです。とても嬉しい驚きです。

私達ももちろん訪問の度に、子供達の学習能力の助けになるようなプログラムを行っていますが、これは学校での勉学の功績が大きいなと改めて感じました。貧しい村の学校では、様々な科目で常勤の先生がいなかったり教科書や教材が足りていなかったりしますが、そんな中でも継続した教養はやはり価値があると思いました。

school education01.jpg
手紙の意義[2020年11月17日(Tue)]
先日手紙について書きましたが、手紙は想いを伝える手段であって、絶対に学習の手段にしなければならないわけではないですよね。

里親の皆さんが、それぞれの里子に伝えたい事が、ちゃんと伝わるのが第一です。返す言葉が出てこなくても、まずは、日本のお母さんは今こんな暮らしをしているんだな、こんなに自分の事を気遣ってくれるんだな、など伝われば幸いです。経済的に支援するとしても、やはり関係をつなぐのは心だと思います。

ただ、手紙をたくさん受け取れば受け取るほど、世界の色々な事が見えたり、語彙や文章の表現の仕方なども増える期待はあります。ですから里親の皆さんにも、どんどん手紙を書いていただきたいですね。

letter03.jpg
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

Blue Bird Education Cambodiaさんの画像
https://blog.canpan.info/fosterchildren/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fosterchildren/index2_0.xml