CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«「水Do!@キャンパス」キックオフミーティングをしました | Main | 森のプレゼント»
プロフィール

FoE Japanさんの画像
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/foejapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/foejapan/index2_0.xml
「自主的意見聴取会」7/25 in 郡山 [2012年07月27日(Fri)]

FoE Japanの吉田です。20日福島に続き、25日、福島県郡山市でも「自主的意見聴取会」を開催しました。

・日時: 2012年7月25日(水)18:30〜20:30
・場所: 郡山教職員組合会館 2F会議室
・参加者: 約40名
・説明者: 国家戦略室 加藤聖参事官補佐

郡山での意見聴取会では、
・福島県民はほとんど原発ゼロを望んでいる。この声をしっかり伝えてほしい。
・ゼロシナリオを求める声が圧倒的だった場合、それは反映されるのか?
・福島の現状を直視してほしい。問題は何も解決していない。
・経済界ではなく、人々の視点から考えるべき。
・お金のことしか書いていないが、いのちの問題が忘れられている。
・すぐに国民投票をやるべき。
と、次々と意見が伝えられました。

加藤参事官補佐からは、
・みなさんの貴重なご意見を直接いただいた。メモをしっかりと持ち帰り、
 戦略室と政策決定者に伝えたい。
・私に今できることとして、誠心誠意対応したい、
とコメントいただき、最後には拍手で閉会しました。

つぎは、8月1日、福島での政府主催の「福島県民の意見を聞く会」です。
http://kokumingiron.jp/
※「原発いらない福島の女たち」「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」などで、事前記者会見を予定しています!ぜひこちらもご参加ください。
 8月1日(水)13:00〜13:45@チェンバ大町会議室

以下、25日の会について報告します。
※録画映像はこちら http://www.ustream.tv/recorded/24232571

◆会の流れ:
・司会:人見やよい
・国家戦略室より、選択肢概略説明
・吉田より、選択肢提示の問題点
・質疑応答(疑問点など)、意見交換

◆質疑応答、意見交換の様子

●国民的議論のあり方について
・インターネットのみの告知・申込ではやはり限られている。新聞広告を載せるべき。
→自治体との連携は検討している。新聞広告についても、意見を持ち帰る。

・意見聴取会はだれが運営しているのか?
→意見聴取会は、企画は国家戦略室、運営は博報堂に委託している。
 方法として不十分ではあるが、それでも国民の意見を聞くことは大事。
 両極の意見がある中で、国民の意見を聞いて決めていく。

・討論型世論調査について、サンプル3000は適正だと思うか?
→統計学上、1500サンプルあれば、日本国民の意見を反映するといわれている。
 その意味では十分。しかし、方法としては意見聴取会や討論型世論調査だけでも不十分であり、パブリックコメントを募集している。

・8月末までに決めるというのは、福島の現状がわかっていない。福島の人は
 ほとんどが原発ゼロを望んでいる。
 再稼働をしたとき、野田さんは「安全を確認した」と言ったがどういうことか。
 科学的な事故の検証をもっと行うべき。原発は人間には制御できない。
 8月末の結論はありえない。
 原発が止まったら江戸時代のような生活、といわれていたが、そんなことはない。
 停電対策だけすればいい。やることをやっていない。

・郡山に住んでおり、今も放射能を気にして生活している。なぜ今、バタバタと国民の声を聞いているのか?なぜこんなに期間が短いのか?
→昨年の6月ごろに、エネルギー政策を見直すことが決まり、8月ごろから専門家が議論を重ねてきた。大きな方向性としては省エネルギー、再生可能エネルギーを進めていかなければならない。
 その方向性を8月末に決める。

・すぐに国民投票をやってほしい、そして、NOと出たら、原発をとめてほしい。
 火力発電はすぐに建設できる。自然エネルギーもある。
 とにかく原発を動かさないことが大前提。

●選択肢の提示に関する意見・質問
・パブリックコメントについて、原発をやめるかやめないか、をこそ聞くべき

・15シナリオが提示された意味がはっきりしない。2030年以降はわからないという。
 根本的に理解されていない中で、単なるガス抜きではないか。民主主義の根本に関わる。
 
・経済界に視点を置くのか、民衆なのか?経済界にしか見えない。

・2030年に向けて、というところが問題。福島の現状を直視していない。
→誠に申し訳ない。気の抜けたサイダーのような議論と感じられると思う。
 しかし、将来のエネルギーのあり方を考えていく上で、今議論しなければならない。

・そもそも原発を進めてきたことが間違い。現状を直視している政府の人がどれだけいるのか?
 15、20−25シナリオは現実的にありえない。本当に必要なら東京につくればいい。
 子どもの避難の問題、地震国である日本、何一つ問題が解決していない。
 これまで進めてきた人を替えなければならない。
 これまでも、MOX燃料導入など声をあげて反対してきたが、無視された。
 放射性廃棄物の処分、除染などの問題を抜きにしてエネルギー政策は考えるべきではない。
 福島県民の声に寄り添ってほしい。

・原発ゼロを選ぶ国民が大多数いた場合、それは反映されるのか?
 これまでは経済界のほうばかり向いていた。
 今私たちは当たり前の生活ができなくなっている。この思いを持ち帰ってほしい。
→ご意見はもれなく集約し、それを政策判断者に届ける。誠心誠意対応したい。

・福島に生きるものとしてゼロシナリオは当然の選択。
 原発は無責任なものである。

・シナリオにはお金のことしか書いていないが、いのちの問題が忘れられている。

・もろもろの問題を抱えているのが福島の現状。現内閣には、福島原発事故の収束宣言撤回を要求したい。すべて、何も解決していない。

・15シナリオについて、2030年までに、何基を新設し、何期を廃炉にするのか?
 福島県民はゼロシナリオだが、他県の人にとってわかりにくい。

・建設中の大間原発、東通原発は、新増設にはいるのか?
→現時点では、新増設の定義は明らかにされていない。

・子どもたちに現実に危機が迫っている。しかし誰もわからない。
 原発は今すぐにゼロにすべき。本当に子どもたちの将来を考えてほしい。
 福島のそういう声を届けてほしい。
→貴重なご意見をお聞きできた。きちんと持ち帰って伝えたい。

●その他の点でも意見が出されました。
・福島の農家は、出荷停止などで打撃を受けている。このあたりの農家の実情。
 さらに、TPPの推進によって日本の農業は壊滅的な打撃を受けている。

・スーパーでも、べラルーシのように放射能含有値を表示すべき。

・福島県民ががんになれば、普通の病院ではなく医大に回される。
 データをとるだけでなく、治療が遅れるのではないか。この方法はやめるべき。

                (吉田 明子)
120725_.JPG
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント