• もっと見る

«ぽかぽかプロジェクトin猪苗代 2013年9月 | Main | ぽかぽかプロジェクトin猪苗代2013年10月»
プロフィール

FoE Japanさんの画像
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/foejapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/foejapan/index2_0.xml
緊急セミナー「南極海を守れ!国際合意を求めて」の報告 [2013年10月10日(Thu)]

今月オーストラリアのホバードで開催される「南極の海洋生物資源の保存に関する委員会(CCAMLR)」の年次会合でを前に、南極海保全を求めるNGOの国際ネットワークである南極海連盟(AOA)からロバート・ニコル氏が緊急来日しました。
10月4日の緊急セミナーでは、南極海海洋保護区を巡る議論の論点や同委員会の加盟国である日本の立場等についてわかりやすく解説してくれました。

ニコル氏は、南極海の生態系の豊かさを紹介し、南極海の中でも特に手つかずの自然を残すロス海と南極東岸海域の保護の必要性を語りました。
現在、この二つの海域に海洋保護区を設置することが国際社会で議論されており、今年のCCAMLR会合での合意が期待されています。
しかし、CCAMLR加盟国の一部には必ずしも保護に積極的でない国もあり、漁業国、資源消費国としての日本が保護に前向きになることは合意に向けた交渉の中で非常に重要です。

10.05南極海セミナー.JPG

ニコル氏は、私たち日本の市民にも参加できる、南極海保護へのオンライン署名、メッセージの送付を紹介しています。
http://www.foejapan.org/climate/antarctica/petition.html


10月17日(木)19:00〜20:30には、地球環境パートナープラザ(GEOC)にて、テレビ等でも活躍するペンギン会議の上田一生氏から南極の生態系についてわかりやすいお話が聞ける
セミナー「ペンギンから考える南極の環境問題」を開催します。
http://www.foejapan.org/climate/antarctica/evt_201310.html

ぜひ皆様のご参加をお待ちしています!
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント