CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

FNC ふじのくにNPO活動センターさんの画像
<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
NPO関係機関
最新コメント
s-k168
静岡県の協働事業 (08/01) おケイコフェスタ実行委員会
ハッピーカルチャー「おケイコフェスタ」 (10/03) オオイシアルマ
一枚のTシャツの可能性 (09/22) FNCスタッフ
五山の送り火 (08/08) 菊池 慶悦
五山の送り火 (08/08) FNC
情報をお待ちしています! (07/15) NPO法人しずおか健康麻将の会
情報をお待ちしています! (07/15) CHINO
フラワー教室 (05/21) オオイシアルマ
フラワー教室 (05/20) 荻野
中山間地域 (04/26)
https://blog.canpan.info/fncshizuoka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fncshizuoka/index2_0.xml
月別アーカイブ
NPO法人エシカファームさんの施設を訪問しました! [2014年07月30日(Wed)]
障がい幼児療育や障がい児童放課後サポート、相談支援事業、作業所サポート事業をされているNPO法人エシカファームさんを訪問し、
代表の風間様にお話を伺ってきました。

写真 (33).JPG
 
設立は平成25年4月と比較的最近ですが、別法人で「障がいのある方と保護者の未来を明るくした」という理念のもとに、障がい児童放課後サポートや障がい幼児療育・親子教室の施設を運営されていたので、ノウハウも十分にお持ちです。
エシカファームさんの施設は、療育や放課後サポートをするために設計された一軒家で、2世帯住宅のように幼児と児童と完全に分かれています。
職員の方は、幼児療育では保育士さんで、児童放課後サポートはヘルパーさんが中心だそうで、最近訪問させていただいた施設の中では、職員の方の数が多いという印象を受けました。
お邪魔した際には、子どもたちのにぎやかな声がたくさん聞かれ、
楽しそうにしている姿も見ることができました。

写真 (34).JPG


児童発達支援事業と放課後等デイサービスのほかに、
作業所サポート事業として「ハチエイチ」というブランドも立ち上げておられます。
子どもたちの将来のため、「働く時間(8時間)が幸せな時間になるように」という
気持ちで、地域の作業所と協力して良質な製品をつくっています。
「ハチエイチ」は、先月からFNCで始まった交流会「障がいのある人のアート活動」での
話ともリンクするところがあり、今後のつながりが期待できると感じました。



NPO法人エシカファーム→
https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q&esrc=s&source=web&cd=2&cad=rja&uact=8&ved=0CCQQFjAB&url=http%3A%2F%2Fwww.ethicafarm.com%2F&ei=6kjYU-rpBMejugSO84CgDw&usg=AFQjCNFWhc3tNHabeKVPdcdCA7RW1iQIQA


ハチエイチについてはコチラ→
http://8-h.jp/index.html
Posted by ふじのくにNPO活動センター at 11:25 | FNC沼津(ふじのくに東部NPO活動センター) | この記事のURL | コメント(0)
NPO法人こるりさんのヤーコン事業 [2014年07月28日(Mon)]
函南町で唯一、障害をもった子どもの日中一時支援を行っているNPO法人こるりさんが、
ヤーコン事業をされていると知り、詳しいお話を伺ってきました。

写真 (31).JPG

日中一時支援は、放課後くらぶ こるりという名前で、
広い庭を有した古民家風の一軒家で行われています。
こちらも一軒家ということでアットホームな雰囲気です。
ヤーコンは2013年から本格的に栽培を始め、広い庭の一角と
施設から少し離れた場所で育てています。
ゆくゆくは障害者の就労支援事業とする予定だそうで、
今は販売ルートを確保することが課題のひとつ、とのこと。

写真 (29).JPG

そもそもヤーコンとは、アンデス地方原産のキク科の植物で、
その葉はアンデス地方で古くから薬草ハーブとして飲まれているそうです。
ポリフェノールやミネラル、ビタミンなどが豊富で、
お茶にすると苦味が少なく、非常に飲みやすいので、
毎日の生活に取り入れやすくオススメだそう。
こるりさんのヤーコン茶は無農薬栽培、天日干しで
丹精込めてつくられたお茶ですので、お店に置いてもいいよ!
ぜひ置きたい!という方、当センターまでお知らせください☆

写真 (30).JPG

NPO法人こるり→
https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q&esrc=s&source=web&cd=8&cad=rja&uact=8&ved=0CEYQFjAH&url=http%3A%2F%2Fnpo-koruri.com%2F&ei=L_XVU7ujLtH38QXctILIAQ&usg=AFQjCNGLcFqMd2P3y254FOxElr69VzogRA
Posted by ふじのくにNPO活動センター at 16:45 | FNC沼津(ふじのくに東部NPO活動センター) | この記事のURL | コメント(0)
アートで福祉を熱くする【その7】テーマ別団体交流会開催しました [2014年07月25日(Fri)]
こんにちはわーい(嬉しい顔)黒ハート
お久しぶりになってしまいました。
スタッフの須田です。

今日FNCは、なんと!エアコンが故障中ですあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
アツーーーイ爆弾

うちわ片手にお仕事です晴れ


さて、FNC沼津より報告もありましたが、
さる7月12日(土) テーマ別団体交流会「障害のある人のアート活動」を開催しました。

参加者は30名exclamation
当事者さん、保護者の方、福祉施設の方、デザイナーさん、クリエイターさん、学生さんなど
多種多様な方にお集まりいただくことができましたわーい(嬉しい顔)

第1回目の今回の目標は、お互いを知り基本的な情報を共有することわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
自己紹介や作品の紹介、全国のよりすぐり雑貨の紹介などをおこないました。

10407064_665367136878591_2537906989805326784_n.jpg



第2回以降、アート活動の可能性について意見を出し合い
静岡で何ができるのか
みんなで考えて行動に移していきたいです揺れるハート


10369922_665367133545258_3744194250677369157_n.jpg


2回目(9月13日(土))からの参加も可能ですので
参加ご希望の方はFNCへご連絡くださいmail to




Posted by ふじのくにNPO活動センター at 13:36 | スタッフ日記 | この記事のURL | コメント(0)
NPO法人あしたか芸術村さんのご紹介 [2014年07月25日(Fri)]
7月22日、2件目の訪問先は、NPO法人あしたか芸術村さんでした。

愛鷹山の麓で、陶芸を通じた社会教育に関する事業や
文化・芸術普及事業をされています。

ガス窯や電気窯をはじめ、本格的な薪窯が5基もあり、
一度に80名ほどが作陶できる工房もあります。
施設を見学させていただいている間も、
会員の方がたくさん作陶されていました。
陶芸の設備が整っていることも大きな特徴ですが、
365日年中無休で時間の定めもなく、いつ行っても作陶できることが他にはない特徴だと言えます。

写真 (21).JPG

陶芸教室や陶芸体験も随時行われており、
近隣の幼稚園や高校、デイサービス、各種団体の婦人部の
利用があるとのこと。
年2回、会員の作品を展示販売する「あしたか村陶芸祭」は
来場者も多いそうです。

写真 (20).JPG

陶芸をされている方には、
思う存分作陶できる魅力的な場所であり、
陶芸に興味のある方には、
始めやすい場所だと思います。
Posted by ふじのくにNPO活動センター at 13:02 | FNC沼津(ふじのくに東部NPO活動センター) | この記事のURL | コメント(0)
若い力【その15】 [2014年07月24日(Thu)]
こんにちはexclamation
スタッフの伊藤です。

テスト期間が始まりました。もうやだ〜(悲しい顔)
この一週間を乗り切れば、夏休みが待っているのだと思い、気を引き締めて頑張りたいと思います。パンチ

さて、延長3回目を迎えてしまいましたが、若い力を始めたいと思います。
今回紹介するのは、静岡学習支援ネットワークさんです(以下SSS)。
テスト期間ということに感化されて、学習関係について調べておりました・・・・
さて、SSSさんは、県大のサークルで、「勉強をしたくても、できない子どもたち」の力になりたいとの思いをもった大学生が集まり、2012年2月に誕生したそうです!ぴかぴか(新しい)
毎週、中学生を対象として、学習教室を無償で開いています。手(パー)
また、勉強を教えるだけではなく、講演会も開いており、個人レベルから広く複数に対して、学習支援・啓発活動をしています。exclamation×2

家庭教師ではなく、学習支援として無償で勉強を教えることは同じ大学生ながら感心しました。あせあせ(飛び散る汗)

ここにきて、県大のサークルを再び紹介する形になりましたが、身近なところにも、まだまだ若い力はあるのだと気づくことができました。ひらめき

静岡学生支援ネットワークHP(http://shizuoka-study-support.jimdo.com/
Posted by ふじのくにNPO活動センター at 16:13 | スタッフ日記 | この記事のURL | コメント(0)
寄附講座を開きました【寄付いちねんせい・その9】 [2014年07月24日(Thu)]
暑さ本番晴れあせあせ(飛び散る汗) 高校野球も盛り上がっていますね野球
こんにちは、スタッフのカワムラです。

先週今週と開きました講座「得する寄附」のご報告です。

写真 (5).JPG

18日の「県民編」=写真=では、ふるさと納税に関心のある女性が主に、
23日の「企業・団体編」はNPO団体や企業の方がご参加くださいました。

ふじのくにNPO活動基金、実は
「静岡県へのふるさと納税」の形で運用しています。

詳しくは…⇓
ふじのくに応援寄附金(ふるさと納税)


NPO活動基金に寄付すると、

企業・団体は自治体への寄附なので全額損金扱いに、

個人が寄付すると、ふるさと納税扱いとなり、
特産品などのおまけをいただけて、寄附控除があります
ふくろ

ふるさと納税は実際は、
「納税」でなくて「寄附控除」exclamation

寄附控除なので、納税者への優遇であり、
確定申告が必要…など、いくつか注意点がありますが、

大まかにいうと、
かわいい寄付者は2000円の自己負担で寄附ができて(特産品がもらえたり)

かわいい基金登録団体は、団体指定でいただくことで
自分たちの活動費を集めることができますひらめき

個人は税控除、企業さんは全額損金扱いなので
出す方も、もらう方も、win-win-winハートたち(複数ハート)
の仕組みですよね目 ぜひご活用ください!

明日、沼津FNCでも講座を行います。
ピンひらめきひらめきときた方はいますぐお電話を!

ふるさと納税の情報もたっぷりご紹介しますよるんるん

【参加者の声より】
・ふるさと納税のメリットがわかったので、積極的に利用したいと思った。
・ふじのくにNPO活動基金への団体登録を目指します!
・具体的な事例と話はとっても参考になった。頑張ります!

Posted by ふじのくにNPO活動センター at 10:18 | スタッフ日記 | この記事のURL | コメント(0)
「障害児・者総合サポートセンターみつばち」のご紹介 [2014年07月23日(Wed)]
7月22日、沼津市内のNPO法人を2件訪問してきました。
1件めは、NPO法人臨床心理オフィスBeサポートさんです。

臨床心理士の方が中心のNPO法人で、専門知識と経験を活かしたカウンセリングや医療・保健・福祉・教育機関との連携、メンタルヘルス支援などの事業を活発にされていますが、
4月から、児童福祉法に基づく県指定の障害児通所支援の多機能型事業所
障害児・者総合サポートセンターみつばち」を開設されたそうで、詳しくお話を伺うと同時に施設も見学させていただきました。

写真 (12).JPG

現在は、育ちや発達に心配のある子供の学童保育のようなサービス「かりん」が稼働しており、
9月には2歳から就学前の子供に早期療育を提供する「あんず」も始まります。
「みつばち」を開設されたきっかけは、今までの事業を通して感じた発達支援事業のニーズと
幼保小中の巡回相談の中で感じたスタッフの方の問題意識からだそうです。
施設は1軒家を借りたもので、友達の家に遊びにきたようなアットホームな雰囲気です。
エリアは要相談ですが、送迎OKなので、助かる方も多いのではないでしょうか。

「かりん」では手作りの教材を使った、少人数で丁寧な療育が行われています。
私たちが子供の頃に遊んだ”魚釣り”も立派な教材です。
写真 (14).JPG

写真 (13).JPG

臨床心理士を中心とした専門のスタッフがいらっしゃる事も大きな特徴だと思います。
実際に施設を見学させていただいた事により、発達支援事業がどんなものであるか、
またその必要性についても理解することができました。
ニーズがたくさんあるにも関わらず、今はすべてに応えられる状況ではないので、
もっと支援の輪が広がることを期待しています。


Posted by ふじのくにNPO活動センター at 17:24 | FNC沼津(ふじのくに東部NPO活動センター) | この記事のURL | コメント(0)
御厨おもてなし倶楽部さんの活動 [2014年07月23日(Wed)]
7月21日、御厨おもてなし倶楽部さんを訪問し、
代表の関谷さんにお話を伺ってきました。

御厨おもてなし倶楽部は、御殿場の街の魅力を発信したい、世界文化遺産である富士山の恵みから生まれたものを紹介したいとの思いで、御殿場を訪れる観光客や登山客をもてなす活動をされています。
御殿場市などと連携して、周遊型・体験型の観光メニューを企画したり、外国語にも対応できる観光ボランティア御殿場コンシェルジュを育成したり、学生と共に英語・中国語・韓国語のガイドマップを作成したり…と観光事業に興味のある私にとってはワクワクするお話を伺うことができました!!

写真 (22).JPG

写真 (23).JPG


8月8日〜16日にはJR御殿場駅前広場を会場に、「夏のおもてなしアクション2014」を行うそうで、観光案内所や足洗い場を設けて観光客や登山客をもてなして、街の魅力を伝えるとのこと。この夏のおもてなしアクションのボランティア「御殿場コンシェルジュ」は只今募集中なので、興味を持たれた方はぜひ応募してくださいね♪

申込みは7月25日までに
御殿場市商工観光課 0550-82-4622 へ
Posted by ふじのくにNPO活動センター at 15:59 | FNC沼津(ふじのくに東部NPO活動センター) | この記事のURL | コメント(0)
若い力【その14】 [2014年07月17日(Thu)]
こんにちはexclamation
スタッフの伊藤です。

台風が過ぎた日あたりから、急に暑くなってきましたね。あせあせ(飛び散る汗)
自宅のクーラーも解禁しました。
使い過ぎないように気を使いたいと思います。

さて、若い力延長2回目は、富士宮市にあるホールアース自然学校で開催予定の『学生リーダー養成講座』のお知らせです。
ホールアース自然学校が運営する学生リーダー養成講座とは、若者が自然と遊ぶ術を学び、彼らの感じた自然の素晴らしさを次世代の子供たちに伝えていく講座のことです。

しかし、この講座が開催されるには、条件があるのです。目
みなさん、クラウドファンディングというものをご存知でしょうか?
私もつい先日に、講義で知ったのですが、クラウドファンディングとは、ある目的のために不特定多数の人からお金を集める行為であり、群衆(crowd)と財政支援(funding)を組み合わせた造語だそうです。
クラウドファンディングの実施者は、インターネットを利用して不特定多数の人々に比較的低額の資金提供を呼びかけ、必要とする金額が集まった時点でプロジェクトを実行します。ひらめき

なんと今回の場合では、5000円以上支援すると、小物や野菜などがいただけるそうです。ぴかぴか(新しい)

夏休み目前、このような楽しく環境について考えられる講座が実際に行われれば良いなと思いました。わーい(嬉しい顔)

ホールアース自然学校HP(http://wens.gr.jp/index.html
支援したい方はこちらより(https://faavo.jp/shizuoka/project/249
Posted by ふじのくにNPO活動センター at 18:27 | スタッフ日記 | この記事のURL | コメント(0)
障害者就労支援センターの事業所による路上販売が人気です! [2014年07月15日(Tue)]
こんにちはわーい(嬉しい顔)

今日のFNC沼津は、
週1回、沼津市内のホテルの駐車場で行われている、
障害者就労支援センターの事業所の利用者による路上販売を
見学させていただきました。

沼津市のNPO法人ぬまづ障がい者就労支援センター
事業所「ふれあいの苑」の利用者が、
毎週曜日にホテル沼津キャッスルの駐車場
地元で収穫された新鮮な野菜や果物を販売しています。
施設利用者が地域と直接関わる機会を持ちたいという事業所側の思いに
ホテル側が賛同したことから始まったそうです。
施設利用者からは、野菜や果物を販売するのは楽しく、
やりがいも感じるとの話を伺いました。

写真 (8).JPG

日によって販売できるものが変わったりするそうですが、
100〜200円で新鮮な野菜や果物を買えるとあって、
早いもの勝ちだそうです。

写真 (6).JPG


写真 (7).JPG

ホテル担当者にも少しだけお話を伺えましたが、
沼津市内で長年営業し、担当者の方も沼津出身なので
地域貢献するのはごく自然なこととおっしゃっていたのが
とても印象に残りました。
Posted by ふじのくにNPO活動センター at 12:37 | FNC沼津(ふじのくに東部NPO活動センター) | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ