CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

FNC ふじのくにNPO活動センターさんの画像
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
NPO関係機関
最新コメント
s-k168
静岡県の協働事業 (08/01) おケイコフェスタ実行委員会
ハッピーカルチャー「おケイコフェスタ」 (10/03) オオイシアルマ
一枚のTシャツの可能性 (09/22) FNCスタッフ
五山の送り火 (08/08) 菊池 慶悦
五山の送り火 (08/08) FNC
情報をお待ちしています! (07/15) NPO法人しずおか健康麻将の会
情報をお待ちしています! (07/15) CHINO
フラワー教室 (05/21) オオイシアルマ
フラワー教室 (05/20) 荻野
中山間地域 (04/26)
https://blog.canpan.info/fncshizuoka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fncshizuoka/index2_0.xml
月別アーカイブ
地域と子どもをつなぐ新しい形のイベント [2012年11月30日(Fri)]
こんにちは♪スタッフのアイコです。
家の子どもたちが、お掃除のコロコロ、お風呂掃除、洗濯物をたたむ・・・
など、毎日少しずつお手伝いをしてくれます。
お小遣いを貯めて、買いたいポケモンのおもちゃがあるとか(笑)


お店で働く体験をして、もらった疑似通貨でお買いものができてしまうという
とっても楽しそうなイベントのご紹介です!!

『こどもワクワーク』が地域と子どもをつなぐ
新しい形のイベントです。是非ご参加ください!!


私たちが子どもの頃は放課後の駄菓子屋があそびばでした。
お手伝いのご 褒美に親にもらった100円でお釣りの数え方やお菓子の買い方、
挨拶の仕方、労働の意味、社会の仕組みなど、多くのコトを知らないうちに学んでいました。
現代の子どもにはそういった機会が減少していると言われています。
「こどもわくワーク」は、子ども達が家庭や社会で働くことを通じて、子どもが地域を知り、
地域も子どもを知り、同時に子どもの自主性と社会性の向上と成長の場の創出を目的とし、NPO法人
クロスメディアしまだが企画運営しています。

kodomowakuwaku.JPG

イベント開催期間:平成25年1月1日(祝)〜2月11日(月)
募集人数:50名 ※応募多数の場合は抽選とさせていただきます。
参加費:500円 ※「まちワーク」当日にお支払いいていただきます。
お申込み期限:平成24年12月14日(金)
お申込み&お問い合わせ:★こちら★

主催:NPO法人クロスメディアしまだ

ぜひご参加くださいひらめき



Posted by ふじのくにNPO活動センター at 10:00 | スタッフ日記 | この記事のURL | コメント(0)
3000人鬼ごっこin静岡 [2012年11月29日(Thu)]
こんにちは、瀧澤です晴れ

今日は子どもも大人もみんなが楽しめるイベントを紹介しまするんるん

3000人鬼ごっこin静岡

参加してキミもギネス記録保持者になろうぴかぴか(新しい)

12月8日(土)
受付:12時〜13時30分
場所:草薙陸上競技場(草薙総合運動場)
参加費:中学生以下→無料
      高校生以上→500円

中学生以下の方は、ビブスレンタル料100円が別途必要です。
(赤いビブスをお持ちの方は、ご持参いただければレンタル料は不要)

高校生以上の方はビブスのレンタル料、保険代等も含まれています。

※雨天決行
会場アクセス:静鉄電車 県総合運動場駅から徒歩5分
前売りチケットネットで販売中!


・動きやすく汚れても問題のない服装でご参加ください。
・タオル、飲み物を持参してください。
・会場では荷物を預かることができません。身軽な格好でお越し下さい。
・小学生以下のお子様が参加される場合は1グループに対して保護者1名以上の参加をお願いします。
・鬼は目印に赤いビブスを着ていますので、赤い服装は避けてください。
・駐車スペースがございません。お越しの際は公共交通機関をご利用下さい。

【ルール】
・最初は鬼が数名からスタートします。
・鬼にタッチされた人は次々に鬼になり、どんどん鬼が増えていく増殖型です。
・全ての人がタッチされるまで続きます。
・決められたエリアからでたり、鬼ごっこ以外のことはしちゃダメです!


《お問い合わせ》
電話:090-7306-7601
メール:onigokko3000@yahoo.co.jp
ホームページ→★★



Posted by ふじのくにNPO活動センター at 09:00 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0)
NPOコンサルタント養成講座 [2012年11月28日(Wed)]
またこんなNPO関連の記事
「NPO犯罪のかくれみのに」日本経済新聞(H24.11.26)
内閣府に寄せられるNPO法人に対する苦情は年間300件程度
「活動実態がほとんどないところに寄付してしまった」という相談が多いそうです。
FNCにもたまに特定の法人に対する苦情がありますが
こういった事例は、まじめに取り組むNPO法人にとってはいい迷惑です。
NPO法人の情報開示、市民によるNPO見張番がますます求められます。

こちらは連休のさなかに行われた講座のご紹介です。
静岡県の平成24年度新しい公共支援事業の一つ
特定非営利活動法人市民フォーラム21・NPOセンターによる支援実施事業
NPOコンサルタント養成講座に11月25日に参加してきました。

photo (23).jpg

講師は名古屋大学大学院法学科教授
公益社団法人)日本サードセクター経営者協会代表理事の後房雄氏です。
中間支援機能の大きな機能ともいえるNPOコンサルティングは
企業に対するコンサルティングとは全く異なります。
中小企業診断士が担当する経営コンサルタント
NPO法人の多くは零細、それよりもっと弱小集団なので
同じコンサルタントが適応できないことが多いようです。
明確な定義や資格があるわけでもなく
「NPOコンサルタント」という単語も馴染みにくかもしれません。
相談業務の経験値をあげながら、理論武装積み上げていく必要があります。

3.jpg

この日のプログラムは「ビジネスモデル」について
参加者自団体のビジネスモデルシートを作成します。
日頃漠然としていた部分が
お互いの事例、講師の解決策を伺っていくうちに
参加者の皆さんの疑問がクリアになっていったのではないでしょうか。
これから専門家による個別団体へのコンサルティングが始まります。

4.jpg


昨日は日本政策金融公庫の融資担当者が開業支援キットを届けてくださいました。
NPO法人も利用可能で
公益財団法人 静岡産業振興財団の協力・支援体制も整っています。
申請書等の書き方もとても親切に解説されています。
こちらとうまく組み合わせてビジネスプランを実現してみてください。

598363_390331251048849_1119499370_n.jpg



 CHINO   




Posted by ふじのくにNPO活動センター at 09:00 | 新しい公共支援事業 | この記事のURL | コメント(0)
『ぼぼん・プロジェクト』について [2012年11月27日(Tue)]
こんにちは晴れスタッフ石井です。
最近、よくお電話で『ぼぼん・プロジェクト』についてお問い合わせをいただきます。
ぼぼんについては既に何度かブログでも取り上げさせていただきましたが、今回はご質問への回答を含め、改めてご紹介をしたいと思います。

『ぼぼん』とは、「募金」+「古本」から生まれた言葉です。
ご家庭や職場で不要になった「古本」を寄付していただくと、その本の買い取り相当額が「募金」されます。
その募金は、静岡県の「ふじのくにNPO活動基金」に送られ、こちらを通じて静岡県内のNPO活動への助成に使われる、というしくみなのです。
不要な本本が、静岡県の社会貢献・地域創造に役立つだなんて、すばらしいプロジェクトですよねひらめき

さて。皆さまからよく寄せられるお問い合わせとしては、以下の内容があります。
@百科事典でも寄付できますか?
A本はどこに持っていけば受け入れてもらえますか?
B1冊からでも寄付できますか?

まずご質問の@ですが、残念ながら百科事典は対象外となります。
ぼぼんでお取り扱いするのは、『ISBN』がついている本です。
ISBNとは、日本語では「国際標準図書番号」と訳され、書籍を特定するための世界共通の識別番号です。
本の裏表紙などを見ると、バーコードが付いていますよね?実はこれがISBNを表しています。
古い本などバーコードがついていない場合には、「ISBN978-0-1234-5678-9」といった13桁の数字(または10桁)で表記されています。
このISBNが付いていない本(例えば個人出版の本など)、百科事典、またコンビニコミックや漫画雑誌、一般雑誌はお取り扱いできませんので、ご了承下さい。

ご質問Aの本の受け入れは、当ふじのくにNPO活動センターでも行っています。
センターの入口を入ってすぐ、右手に大きな箱「ぼぼん箱」を設置していますので、こちらにご投函いただければOKです。
fall-2011-001.jpg

でもセンターへは持って行きづらい、または数が多くて大変だといった場合は、宅配業者の引き取りサービスもご利用いただけます。
このプロジェクトで古本の集荷・仕分け・査定を行っている、株式会社バリューブックスへ「ぼぼんプロジェクトに申し込みたいのですが・・・」とお電話いただくと、宅配業者がご指定の時間に引き取りに来てくれます。
5冊以上になると、送料無料(着払いでの送付が可能)になります。
 フリーダイヤル: 0120-826-295
 電話受付時間:<月〜土>10時〜19時 <日>10時〜17時

そしてご質問Bですが、もちろん1冊からご寄付いただけます。
どうぞお気軽にお持ち下さい。
ただし、上記の宅配集荷サービスをご利用になる場合、送料無料となるのは5冊以上からですので、ご注意下さい。

ぼぼんプロジェクトでは平成24年10月末現在、計89件・137,282円のご寄付をいただいています。
皆さま、ご協力ありがとうございますかわいい
センターにお問い合わせがあるのも、それだけ多くの方が寄付に関心を持って下さっている証拠。
本当にありがたいことです。

ぼぼんについてもっと詳しく知りたい、という方はこちらのホームページ、または当センターでもご用意しているパンフレットをご覧下さい。
これから年末にかけて、大掃除の季節です。
ご家庭や職場で、処分をお考えの本がありましたらぜひ、ぼぼんプロジェクトまでご寄付下さいませ。
Posted by ふじのくにNPO活動センター at 09:00 | この記事のURL | コメント(0)
隣人祭り [2012年11月25日(Sun)]
こんばんは。
オーツカです。

日曜の夜の投稿になってしまいました。
この3連休、静岡・清水では、
催しがたくさん開催されていました。

本日も、清水の港エリア一帯では、4つの
イベントが一斉に開催され、
それはそれは人で賑わっておりました。

また、前日には、清水駅前銀座商店街では、
「隣人祭り」が開催され、その面白いネーミングに
誘われ、僕も参加してきました。

本日は、その昨日の模様をお送りします。

その前に、そもそも「隣人祭り」とは、
90年代にフランスで始まったムーブメントです。
老人の孤独死をきっかけに、同じマンションに住む一人の青年が
中庭でマンションの住人を集めたパーティーを催したのが始まりです。
誰もが参加できるし、来なくてもいい。
ただ、飲み物と食べ物を持ち寄って交流を深めるだけ。
こんな単純なきまり?しかありません。
でも、それによって見ず知らずだった住人が
「顔見知り」になったのです。
「隣近所」に会話が生まれ始めたのです。
日本においても、孤独死が社会問題になりつつある今、
こういった「ゆるやかなつながり」を作っていこうと
はじまりました。

さてさて前置きが長くなってしまいましたf(^^;
清水版の「隣人祭り」はこんな感じでした。

写真 12-11-24 13 34 25.jpg
写真 12-11-24 14 43 28.jpg
土曜の午後一から始まり、その日は同じく商店街アーケード内で、
滑川の物産展も開催されていて、その試食品などもテーブルに並びました。


写真 12-11-24 14 43 40.jpg
こんな感じで商店街のアーケードの下にテーブルを広げ、
知らない人同士が自由に参加できる仕組みです。

そうなんです、清水駅前銀座商店街には、今も
アーケードが残っていて、雨の日でも気にならずに
イベントが開けるんです。こういった半公共空間での
隣人祭り開催というのも、清水版の面白い特徴の一つです。

写真 12-11-24 13 08 19.jpg
また、一画には、自由なアイデア記述で、
「どうしたら、もっと駅前銀座が楽しくなるのか」といったテーマを
参加者をはじめ、通行人も足を止めつつ、
書いてもらうコーナーも設けられていました。
いいと思った意見にはシールも貼ったりして、
確かに面白くなりそうなアイデアがいくつかありました。

写真 12-11-24 13 35 39.jpg

また、イベントの中ごろには、マリナートで開かれる
市民による演劇の宣伝として、こんな姿の方たちが訪れ、
即興の演劇などもなされていて、
飲んで食べて、新しい人と交わって、
演劇も眺めて、滑川のおいしい海産物をも窘めて、
それはそれは昼間から楽しいひと時になりました。

こういう仕組みは、けっして難しくはないと思いますので、
どんどんどんどん拡がっていくといいのではと思います。

Posted by ふじのくにNPO活動センター at 20:58 | レポート | この記事のURL | コメント(0)
第33回 ランチトーク [2012年11月24日(Sat)]
こんにちは。スタッフの坂下です♪
今月も残り一週間を切り、もうすぐ師走ですね。
今年は少しずつ大掃除をして、年末になって慌てないようにゆっくりと年越しの準備をしたいと思いますぴかぴか(新しい)



今日は、来月行われるランチトークを紹介します。

フェアトレードでお茶しませんか?
12月16日(日) 10:00〜12:00

参加費:500円
     (お茶菓子代)
定員:15人程度
会場:静岡市番町市民活動センター
    2階大会議室
lunch talk.jpg

ゲスト:フェアトレードショップ Teebom  今井 奈保子さん

青年海外協力隊で出会ったスリランカ。
その出会いがきっかけで、フェアトレードを学ぶために40歳からオーストラリアの後、静岡でお店をオープンし、スリランカなどの生産者の方々からフェアトレードで仕入れたおいしい・オシャレな商品を販売しています。
フェアトレードのおいしいコーヒー・紅茶を飲みながら、商品に隠されたストーリーを伺います。



フェアトレードとは??
公平貿易。発展途上国と適正な価格で継続的に取引することによって、生産者の持続的な生活向上を支える仕組み。


お申込み・お問い合わせ
静岡市番町市民活動センター
    (静岡市葵区一番町50番地)
電話:054-273-1212  FAX:054-273-1213
メール:mail@bancho-npo-center.org
ホームページ:http://www.bancho-npo-center.org

電話・FAX・センター窓口にてお申込みください。
Posted by ふじのくにNPO活動センター at 17:00 | スタッフ日記 | この記事のURL | コメント(0)
静岡県民間子育て支援活動応援事業 よしよし主催 絆力UPプロジェクト [2012年11月23日(Fri)]
スタッフのアイコです。kuma.jpg

静岡県の子育て情報がたくさん詰まった 
ふじさんっこ子育てナビ
からのイベントのお知らせです。


よしよしの防災講座
「その時わが子をまもれますか?


kizunanotikara.JPG

●日時:平成24年12月2日(日) 10:00〜12:30< 集合/受付9:45>
●場 所:静岡県地震防災センター 3階大会議室
(〒420-0042 静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)
●対 象:子育て中の父親とその家族 定員20組一時保育あり
(生後6ヶ月から。6ヶ月前の赤ちゃんは一緒に傍聴できます)
●参加費:無料(一時保育をされる方は子ども1人あたり300円)
●講 師:しまだ次世代育成支援ネットワーク代表・防災士 染谷絹代氏

●申込・問合せ:下記メールアドレスに
E-mail  yoshiyoshi.kizuna★gmail.com(★を@に変えて送信してください。)
件名「防災センター」*参加者全員の名前(お子様にはふりがなをつけて下さい)
*お子様の性別、生年月日(一時保育があるため必須)
*メールアドレス、電話番号

●主 催:「よしよし」 絆力UPプロジェクト
よしよし代表 末吉喜恵  yossy.yoshiyoshi★gmail.com

ぜひ家族でご参加ください手(パー)











Posted by ふじのくにNPO活動センター at 10:00 | スタッフ日記 | この記事のURL | コメント(0)
榛南JC「れんの協働」 [2012年11月22日(Thu)]
11月20日(火)、牧之原市健康福祉センターさざんかで開催された
榛南青年会議所 協働・連携委員会11月例会で
「協働について」お話をさせていただきました。
榛南JCは2010年に長期政策として掲げた「れんの協働」を基本理念に
榛南地区の地域活性化に取り組んでいます。
行政枠を超えた榛南地域(吉田・榛原・相良・御前崎の旧榛南4町)で
様々な活動団体[NPO等)とのワークショップを重ね
今年度2012年は「榛南わくわくパーク」を実施しました。
その検証と今後の「れんの協働」可能性について考えました。

photo (15).jpg

皆さん、とても真剣に取り組んでいます。
今後の展開に注目です。

photo (14).jpg

NPOにとって「協働」はずっと重要なテーマでありながら
漠然とした言葉が一人歩きしていている感もありました。
しかし、NPOの活躍と役割が広がる中で
NPOと行政の協働、NPOと企業の協働
それぞれの協働についての定義づけ、ルール化等が明確化されてきました。

NPOと企業の協働事例調査報告書(平成23年、愛知県)
あいち協働ルールブック2004

さらに、新しい公共支援事業のモデル事業で試行している
マルチステークホルダー(多様な利害関係者)が関与する新しい協働事業
FNCで開催したモデル事業実施団体交流会でも様々な課題が提起されました。
また先週は、モデル事業に関する住民監査請求に係る陳述も傍聴しましたが
マルチステークホルダーによる協働の難しさを改めて痛感しました。

ではいったい、どんな仕組み作り、プロセスが理想なんでしょうか?

「協働」を通じた社会的インパクトの実現が難しいのは
どうやら日本だけではなく、課題は共有できそうです。
・ 「協働」を支えるネットワーク事務局
・ 触媒としてのフィランソロピーというコンセプト
・ 客観的な成果指標の共有・・・

「協働」を学ぶアメリカの大学院で広く読まれている本といわれる
「Forces for Good」、日本語訳本は「世界を変える偉大なNPOの条件」
著者の一人ヘザー・マクラウド・グラント氏 訪日したばかりですね。
ヘザーさんによる「日本語版との差異部分のまとめ記事」
原本も読んでみようと購入しましたが
時間がかかりそう・・・。


 CHINO   

Posted by ふじのくにNPO活動センター at 09:00 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0)
12月締切り助成金 [2012年11月21日(Wed)]
もう師走締切り助成金をお知らせする時期になりました。
街もクリスマスイルミネーションが彩り
選挙の声も賑やかに、慌ただしい年の瀬になりそうです。

日本の助成財団数は1990年をピークに
91年以降はその数が減少しているそうです。
まだ間に合う11月締切り助成金もありますので
あわせてどうぞ有効にご利用ください。

IMG_2177.JPG

防災教育チャレンジプラン実行委員会
2013年度 防災教育チャレンジプラン募集
※ジオパークの取り組み募集がありますね。

(特活)ファザーリング・ジャパン
タイガーマスク基金
タイガーマスク基金は
児童養護施設の退所者本人
児童養護施設などを退所する児童の主に自立支援をしている法人
を対象に給付


(公財)朝日新聞文化財団
2013年度 芸術活動への助成(音楽・美術分野)


積水ハウス株式会社
「積水ハウスマッチングプログラム」2013年度助成(子育て・環境)


(独行)日本スポーツ振興センター
スポーツ振興くじ助成金 


(公財)ヨネックススポーツ振興財団
スポーツ振興に関する助成金(平成25年度前期)


(公財)日立環境財団
環境賞


認定NPO法人高木仁三郎市民科学基金
高木基金 助成


(財)児童健全育成推進財団
第3期「DreamPassportプロジェクト」楽器寄贈・助成 


(公財)勇美記念財団
在宅医療研究への助成・市民講座開催への助成 



 CHINO  

Posted by ふじのくにNPO活動センター at 09:00 | 助成金情報 | この記事のURL | コメント(0)
オペラ「ラ・ボエーム」inグランシップ [2012年11月20日(Tue)]
こんにちは晴れスタッフ石井です。
唐突ですが、皆さまはオペラに興味はおありですか?
私は以前はあまり関心が無かったのですが、イタリア留学をきっかけに、オペラデビューをしました。
私が滞在していたボローニャには市営の劇場・ボローニャ歌劇場があり、そこでは日本では考えられない程のお手頃な料金でオペラや、クラシック音楽のコンサートをが鑑賞出来ます。
イタリアはとても文化・芸術を大切にする国なので、各地方自治体もこういった劇場の運営に多額の補助をしているのです。
そのため、誰もが気軽に、そして日常的に音楽るんるんを楽しむことが出来るのです。
おかげで以来私はクラシック音楽に目覚め、日本に帰って来てからも劇場までオペラを観に行ったり、DVDなどで鑑賞するようになりました。

日本ではオペラやクラシックというと、どうしても敷居が高いイメージがありますが、実はここ静岡には地域の文化振興に貢献し、人々がもっとオペラを身近に感じられるような公演を行っている方々がいらっしゃいます。
今年はクリスマスシーズンクリスマスにぴったりの、イタリア・オペラを上演されます。

静岡県オペラ協会創立45周年記念公演
オペラ「ラ・ボエーム」

leaflet.jpg

開催日時 12月22日(土) 14:00〜開場、15:00開演 ※字幕付き・原語上演
会 場  グランシップ 中ホール・大地
チケット 現在発売中
         全席指定 S席6,000円 A席5,000円 B席4,000円

キャストは静岡県出身者、管弦楽は静岡県フィルハーモニー、さらに合唱団は公募によるラ・ボエーム県民合唱団、とまさに『静岡づくし』のオペラです。
プッチーニ作曲の傑作と、静岡のコラボレーションをお楽しみ下さいぴかぴか(新しい)





Posted by ふじのくにNPO活動センター at 09:00 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ