CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

FNC ふじのくにNPO活動センターさんの画像
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
NPO関係機関
最新コメント
s-k168
静岡県の協働事業 (08/01) おケイコフェスタ実行委員会
ハッピーカルチャー「おケイコフェスタ」 (10/03) オオイシアルマ
一枚のTシャツの可能性 (09/22) FNCスタッフ
五山の送り火 (08/08) 菊池 慶悦
五山の送り火 (08/08) FNC
情報をお待ちしています! (07/15) NPO法人しずおか健康麻将の会
情報をお待ちしています! (07/15) CHINO
フラワー教室 (05/21) オオイシアルマ
フラワー教室 (05/20) 荻野
中山間地域 (04/26)
https://blog.canpan.info/fncshizuoka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fncshizuoka/index2_0.xml
月別アーカイブ
静岡の田舎は宝の山 [2013年12月05日(Thu)]
こんにちは。exclamation
スタッフの伊藤です。

NPOプレゼント講座「日本の田舎は宝の山」(講師:曽根原久司)に参加して来ました。
曽根原さんの今までの活動内容と静岡の農村資源が生み出すことができる資産についてお話しをしていただきました。ぴかぴか(新しい)
inaka2.jpg
開墾。モリ!モリ!

使用されていない農村資源を利用することによって、地域の農業や観光業が活性化するだけではなく、多額の資産をつくりだすことが出来ると聞いて、とても驚きました。
自然の資源がより活かされ、地域がもっと賑やかになれば嬉しいですね。晴れ

また、曽根原さんの指導のもとで、ワークショップも行いました。
inaka1.jpg
各グループで農村資源の利用方法や内容、活動名について考え、発表しました。
短い時間でしたが、各々ユニークな案を作ることができ、充実したワークショップになったと思います。これらの案が、実際に行われるようになれば良いなと思います。わーい(嬉しい顔)

自分にとって、たくさんの気づきを得ることが出来た講座でした。ひらめき
農村資源の活用について興味がある方・湧いた方は、是非、NPO法人「えがおつなげて」HP(http://www.npo-egao.net/)をご覧になって下さい。
Posted by ふじのくにNPO活動センター at 17:13 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
来年もどうぞよろしくお願いします!! [2012年12月28日(Fri)]
今年も残すところあと3日ですね。
当センターは本日が仕事納め。(21時まで開館しています)
年末年始は12月29日〜1月3日まで休館となります。

皆さま、本年もいろいろとお世話になりました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

今年は4月にNPO法が改正され、NPO法人の皆さんにとっては、
定款変更を含め自分たちの活動を見直す良い年となったのではないでしょうか。

さて来年に向けて、、

静岡県がおととい発表した最新の推計人口情報によると
10月1日現在の県の総人口は373万6600人だそうです。

この数字だけだと、そうなんだーで終わってしまいますが、

国立社会保障・人口問題研究所の人口推移予測によれば、
2035年時点での人口は324万2000人と推計されています。
23年間でおよそ49万人減少することになります。

静岡県人口推移.gif

生産人口(15〜64才)と老年人口(65才〜)の割合でみると
2010年の2.7人で1人のお年寄りを支える状態が
2020年には、2.0人
2035年には、1.6人と支える人の人数が激減します。

県内で高齢化率がもっとも高い川根本町では
2035年には0.7人で1人を支える状況です。

今後も出生率が大幅に改善することが望めないことを考えると
若い世代への社会負担の増大が避けられず、このままの社会の仕組みでは
到底暮らしていけないことがわかります。

このように地域課題を具体的な数値などで見える化すると、
人は関心を持ち、自分ごととして考えられます。

さらに自分たちの活動により、その課題をこれくらい解決しましたと、
成果を数字で示せれば、自ずと課題に関心を持つ人が増え、
参加や支援につなげることができるはずです。

支援者や会員が増えないと悩んでいるNPOの皆さま、
来年は是非、課題や成果の見える化に取り組んでみてください!

新年は1月4日から開館いたします。
皆さまのご来館をお待ちしております。

ふじのくにNPO活動センター センター長 溝口
Posted by ふじのくにNPO活動センター at 16:11 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
フェイスブック・ページ [2012年03月18日(Sun)]
センター長の荻野です。

ここ半年くらいで、フェイスブックページを設ける県内のNPOが増えてきました。
今日は、センターの利用者さんたちから紹介のあったそれらのページを、
いくつか紹介したいと思います。

ぜひご覧になってくださいませ。


NPO法人 東海道・吉原宿

NPO法人クロスメディアしまだ

NPO法人 駿河地域経営支援研究所 (SIDAM)

事業型「NPOサプライズ」

西部 パレット

浜松市市民協働センター






Posted by ふじのくにNPO活動センター at 08:53 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
震災から1年 [2012年03月11日(Sun)]
震災から1年がたちました。
亡くなられた方々の御冥福を、心よりお祈り申し上げます。


静岡県ボランティア協会さんが、3月11日(日)の18:00−19:00に、キャンドルナイトを行います。
ぜひ御参加ください。
http://www.chabashira.co.jp/~evolnt/cn55/pg879.html

【キャンドルナイト】
日時:平成24年3月11日(日)18:00−19:00
会場:静岡県総合社会福祉会館いこいの広場(予定)
【主催】特定非営利活動法人静岡県ボランティア協会
(連絡先)TEL 054-255-7357 FAX 054-254-5208 
e-mail evolnt@mail.chabashira.co.jp





Posted by ふじのくにNPO活動センター at 01:28 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
第1回NPO×ITエキスポ [2012年03月04日(Sun)]
センター長の荻野です。
3月3日、虎ノ門の日本財団本部で第1回NPO×ITエキスポが開催されました。
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/news/2012022102k.html

私も参加をしてきたのですが、ファンドレイジング、ソーシャルメディア、広報、イベント開催、データベース、団体内コミュニケーションなど、NPOが必要とするIT・Webツールを提供する企業・団体の担当者が集まり、NPO関係者を前にプレゼンやデモ展示を行う見本市のような会合で、静岡のNPOからも数名の方が参加されていました。

センターを利用されている団体さんを見ていても、ここ一年ほどで、フェイスブック等を活用するところが急増しています。
そういったSNSの活用を一歩進めて、支援者の拡大・寄附の獲得などの実践にどう役立てていくことができるのかに、注目が集まっています。

ところで、新しくなったCanpanですが、まだ試験運用中のようで若干システムが不安定です。
担当者の方の説明によりますと、15日には改修が完了し、本格運用となるそうですので、新規の団体登録などは、15日以降にお願いしますとのことでした。










Posted by ふじのくにNPO活動センター at 17:37 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
重点分野雇用創造事業 [2012年02月04日(Sat)]
 センター長の荻野です。

 先日、東京で開催された、中央省庁の担当者らによるNPO関連予算の説明会に出席してきました。
 厳しい財政状況を反映して、NPO関連の施策の多くも、廃止ないしは予算縮減の傾向にあります。

 さて、NPOの皆様からセンターにお問い合わせの多い、厚生労働省の雇用創出事業ですが、「ふるさと雇用再生特別基金事業」「緊急雇用創造事業」は廃止になります。

 平成24年度からは「重点分野雇用創造事業」のみの継続です。

 重点分野雇用創造事業は、都道府県に造成した基金を活用し、介護、医療、農林、環境等成長分野として期待される分野における新たな雇用機会を創出するための事業です。
 また、東日本大震災を受けまして、その影響による失業者の雇用機会の確保も目的としています。

 対象期間は平成24年度末まで。
 今後、県又は市町を通じて、事業の民間委託が出てくるかと思われますので、興味のある方は、県・市町のホームページなどを、小まめにチェックすることをオススメいたします。












Posted by ふじのくにNPO活動センター at 19:29 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
ソーシャル・インクルージョン [2011年12月18日(Sun)]
 センター長の荻野です。
 冷え込みが厳しくなって参りましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 先日、富士市に路上生活者の生活支援と就業支援を一括して行うシェルターがオープンしたということで、見学させて頂いてきました。
 運営するNPO Popoloの担当者の方のお話では、現在8人の方が入居し、就業に向けた支援を受けているそうです。

 NPOが担うことのできる社会的役割として、社会的包摂(ソーシャル・インクルージョン)というものが注目されています。
 その背景には、長引く構造不況や、財政悪化、少子高齢化などで社会が閉塞的な状況にある中、セーフティーネットの重要性が皮膚感覚で再認識されていることがあるのではないでしょうか。

何らかの理由によって、社会的に排除され、困難に直面している人々を支援し、社会との関わりを再構築していく役割を担うタイプのNPOの動きに、今後も注目していきたいと思っております。












Posted by ふじのくにNPO活動センター at 05:39 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
ニュースレターもうすぐ発行 [2011年12月11日(Sun)]
 センター長の荻野です。

 センターのニュースレターが間もなく発行予定で、現在編集作業を進めてもらっています。
 トップ記事は、大村副知事へのインタビューの予定。
 ふじのくにNPO基金設立の理念・目的について語って頂いております。



 発行の際には、また改めてお知らせいたします。
 ぜひ、皆様にお手に取って頂けますと幸いです。








 

Posted by ふじのくにNPO活動センター at 09:32 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
NPOのための5つの質問ワークショップ in 島田 [2011年11月13日(Sun)]
センター長の荻野です。

11月10日、FNCの相談利用者さんらによる勉強会、
「NPOのための5つの質問ワークショップ」がありました。

ドラッカーの『経営者に贈る5つの質問』をテキストに、
島田、牧之原、吉田、川根などから集まった13人が、
NPOのマネジメントについて、熱く語り合いました。
ナビゲーター役は、中央精工社長で、ドラッカー学会会員でもある、中村克海さんです。



開催の中心になってくれたのは、島田市にある「NPO法人クロスメディアしまだ」
とてもハイセンスなNPOさんです。

ドラッカー教授が愛したというドーナツを食べながらの、
和気藹々としたワークショップになりました。







Posted by ふじのくにNPO活動センター at 09:21 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
総合防災訓練 [2011年10月23日(Sun)]
センター長の荻野です。
21日、FNCが入居する水の森ビルで、総合防災訓練が行われました。





今年は雨天だったため、実際の消化訓練ではなく、
屋内での模擬訓練を中心に実施しました。





3月11日の地震以降、世界的に防災への意識が高まっていますが、
特にここ静岡県は、東海大地震への警戒が必要な地域です。

FNCとしても、多数の県民の方が訪れる公共施設として、今後も防災に努めて参ります。








Posted by ふじのくにNPO活動センター at 07:50 | その他 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ