CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

FNC ふじのくにNPO活動センターさんの画像
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
NPO関係機関
最新コメント
s-k168
静岡県の協働事業 (08/01) おケイコフェスタ実行委員会
ハッピーカルチャー「おケイコフェスタ」 (10/03) オオイシアルマ
一枚のTシャツの可能性 (09/22) FNCスタッフ
五山の送り火 (08/08) 菊池 慶悦
五山の送り火 (08/08) FNC
情報をお待ちしています! (07/15) NPO法人しずおか健康麻将の会
情報をお待ちしています! (07/15) CHINO
フラワー教室 (05/21) オオイシアルマ
フラワー教室 (05/20) 荻野
中山間地域 (04/26)
https://blog.canpan.info/fncshizuoka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fncshizuoka/index2_0.xml
月別アーカイブ
土地にまつわるNPO話 [2012年04月10日(Tue)]
静岡市は桜吹雪です。

山桜、これからです。
IMG_2015.JPG


この2、3ヶ月、土地に関するNPO相談が何件かありました。

NPO法人を作って寄附してNPO所有にすれば、税金払わなくてもいいのでは・・・
え〜〜というような誤解もあります。
詳細は専門家(会計士、税理士、寄附希望先等)へのご相談をオススメしますが
わかる範囲でマメ知識。

No.3108 国や地方公共団体又は公益法人に財産を寄附したとき
国税庁のHP
解説ブログ(みなし譲渡についてわかりやすいかと・・)

相続税を支払うために売却する必要が出てきそうな土地
代々受け継いできた土地なのに
売ったところで二束三文、不動産業者が喜ぶだけ。
それならばいっそどこかに寄附して、別のカタチで土地を残しておきたい。
それも社会の役に立てばもっといい、という背景があるようです。
で、土地を使いたいNPOはいないだろうかというお話や
現在NPOに貸している事務所をいっそ寄附したいとか・・・。
安く借していただく程度なら簡単ですが
不動産のやりとりというのはなかなか厄介。
土地を無償で受け取っても、所有するとなると固定資産税が毎年かかります。
土地をもらう場合は
土地の維持管理にかかる費用や労力も検討する必要があります。
参考:もらう場合

自治体への不動産寄附も
公園等に最適な場合は別ですが
利用価値がないと断られるという話を聞きます。
こんなサイトもありました。
新潟市への土地の寄附相談に応じています

空家利用・対策については既に耳にすることも多いですね。
昨夜もこんなニュースがありました。
空き家寄付 行政の窓口一本化(NHKニュース)

少子高齢化社会を迎え、不動産にまつわる話はますます増えていきそうな気配です。
土地神話も崩れつつあるようです。




 CHINO  

Posted by ふじのくにNPO活動センター at 09:00 | NPO相談 | この記事のURL | コメント(0)
特定非営利活動法人の皆様へ〜特定非営利活動促進法が変わります〜 [2012年04月03日(Tue)]
駿府公園の桜が見頃です。
静岡浅間神社は廿日会祭の最中、週末は静岡祭り
華やいだ季節がやってきました。
今日の嵐で桜が散らないといいですが・・・。


はごろもフーズ(株)テーマ支援寄附事業募集中!(締切4月5日)



77.jpg



さてさて平成24年4月1日
内閣府のHPにも
特定非営利活動法人の皆様へ
〜特定非営利活動促進法が変わります〜


特定非営利活動促進法の一部を改正する法律について
既存の法人にとっての留意点がまとめられています。
これについては三重県の資料もわかりやすいと思いました。
法務局での登記変更は9月末までに行う必要があります。

特定非営利活動促進法に係る諸手続の手引きには
書式を含めて手続き全般について詳しく書いてあります。
これをベースに作成された
東京都の特定非営利活動法人ガイドブック本編(認証編)がわかりやすいですね。

様々な手続きに関する書式については(内閣府のはPDFなので)
茨城県さいたま市横浜市のWORD資料が参考になります。
各自治体により条例が異なりますので
あくまで、内閣府の手引きが基本となります。

静岡県では県主催の説明会も開催予定だそうです。
  4月17日(火)14:30〜16:00  エコパスタジアム会議室1(中西部のNPO法人対象)
  4月18日 (水)14:00〜15:30 沼津市民文化センター大会議室(東部のNPO法人対象) 

FNCでも相談を受付けております。
まずは電話での予約をお願いします。
TEL: 054-260-7601


また認定NPO法人の申請先も県になりました。
東京都の特定非営利活動法人ガイドブック(認定編)がわかりやすいです。
認証・認定申請に関するお問い合わせは
(静岡市、浜松市に事務所がある団体は各市担当課へお願いします)
県民生活課NPO班までお願いします。
TEL:054-221-3726
※HPが改修工事中ですひらめき



今回、国の法律も色々改正されましたし
自治体も条例により独自の方向性を持つ県がでてきました。
例えば三重県
所轄庁条例で定める活動分野として
「地域防災活動」「障がい者の自立と共生社会の実現を図る活動」
「多文化共生社会づくりの推進を図る活動」を制定(たぶん日本初)!
縦覧後の認証審査期間もひと月
になります。
三重県・・・個性的、おもしろいですね。






 CHINO  
Posted by ふじのくにNPO活動センター at 09:21 | NPO相談 | この記事のURL | コメント(0)
藤枝にて出張NPO相談会 [2011年10月16日(Sun)]
センター長の荻野です。
10月15日(土)、藤枝市で出張NPO相談会を開催しました。

今回は利用者さんから要望があった「会計・税務」に焦点を絞って、
NPO実務に詳しい税理士の木村昌宏先生に、相談員をお願いしました。



藤枝・島田などから、計3団体・4名の方が相談に訪れ、
助成金を個人で受け取る場合の課税や、
事業が税法上の収益事業に該当するかどうかなど、
専門的な質疑が行われました。








Posted by ふじのくにNPO活動センター at 07:40 | NPO相談 | この記事のURL | コメント(0)
シニア就業支援相談会 [2011年10月13日(Thu)]
こんにちは、伊藤です。




(社)静岡県シルバー人材センター連合会主催の
平成23年度シニア就業支援プログラム事業
第1回シニア就業支援相談会が
10月11日(火)静岡労政会館で開催されました。


高齢者の就職、就業、ボランティア活動、
NPO活動等の相談コーナーが設けられています。




各分野の専門員が相談に応えることにより、
社会参加の実現を目指すことを目的にしています。


昨年に引き続きFNCがNPO法人設立相談ブースを
担当させていただきました。

昨年、この相談会でお話を伺った方と
その後もおつきあいさせていただいていますが、
社会の役に立ちたいというお気持ちとその行動力には
尊敬の念を抱かずにはいられません。



今回のご相談では、NPO団体での就業をお考えの方や、
今までの仕事での経験を活かしつつ、
自分ができることで人の役に立てたり、
社会との繋がりが持てたら嬉しいと考えている方もいらっしゃいました。

どんなNPO団体があるのか、どんな活動があるのか
というご質問も多くいただきました。

県のホームページでも、閲覧可能ですが、
当センターでもNPO団体からのチラシを配架しておりますので、
ぜひ情報収集にお出かけいただきたいと思います。










Posted by ふじのくにNPO活動センター at 05:41 | NPO相談 | この記事のURL | コメント(0)
出前相談 [2011年09月18日(Sun)]
 センター長の荻野です。

 先週は、市内の平和団体さんから、出前相談のお申込みを頂き、先方の定例会にて、NPO法人制度などについての説明会を実施させて頂きました。



 任意団体としての歴史が長いところですと、仮に法人化をした場合に、それまでの財産関係の扱いや、意思決定の枠組をどうするのかなど、構成員に対して説明すべき事柄も多岐にわたってきます。

 FNCでは、「会員皆の前でNPO法人制度の説明をしてほしい」といった御要望にお応えして、出前相談を実施しております。

 参加人数や日時・場所などによって、お引き受けできる場合、できない場合がございますので、詳しくはセンターの相談員にお問い合わせください。











Posted by ふじのくにNPO活動センター at 06:13 | NPO相談 | この記事のURL | コメント(0)
NPOのための会計・税務相談会(藤枝会場) [2011年08月28日(Sun)]
10月15日に、藤枝市で、NPOのための会計・税務相談会を開催します。
今回、相談に応じてくださるのは、NPO実務に詳しい税理士の木村昌宏先生です。

1団体30分程度の個別相談です。
枠に限りがありますので、相談希望の方は、
団体名・担当者名・電話番号・相談の概要を明記の上、
メール又はFAXで、お早めにお申込みください。
(電話でのお申込み・お問合わせは、ご遠慮ください)

メール: maneger@fnc-shizuoka.net
FAX:  054-260-7603

お申込み後、こちらから改めて予約の可否・時間帯調整等の御連絡をさせて頂きます。
(担当:荻野幸太郎)










Posted by ふじのくにNPO活動センター at 08:00 | NPO相談 | この記事のURL | コメント(0)
NPO相談を活用して、アイデアを形にしよう [2011年08月21日(Sun)]
センター長の荻野です。

 本日は、センターでの相談事例として、「NPO夢楽団・自然体験基地」さんのケースを紹介したいと思います。

「夢楽団・自然体験基地」は、静岡市の朝比奈川上流の中山間地域にある旧小布杉分校を拠点に、活動をしている団体です。

 センターへは、
「これからの超高齢化時代、元気な高齢者には、むしろ災害時に救助の戦力となってもらえるのではないか? そのための講座を実施したい」という相談を寄せてくださいました。

 このような、新しいアイデアを実現化を応援することも、私たちのNPOセンターの役割です。
 さっそく、このアイデアを一緒にブラッシュアップして、使うことのできそうな助成金を探し、申請書類を作成しました。

 この新しい事業は、9月から、福祉医療機構さんの助成金で実施されます。


【シニア・ガーディアン養成講座】福祉医療機構助成事業
日時:@平成23年9月3日(土)・4日(日)(それぞれ9:00~17:00)
   A平成23年9月10日(土)・11日(日)(それぞれ9:00~17:00)
   B平成23年9月17日(土) 10:00〜16:00  (全33時間)
   *日程に関してはご相談を承ります。
場所:葵区旧小布杉分校地域
対象:おおむね55歳〜65歳のシニア(男女を問いません)
募集定員:8名(県内在住者に限る)
費用:受講料無料 (修了認定カード発行・ガーディアンポロシャツ支給)
宿泊希望の方は岡部町内の民宿をご用意(当NPO負担)日帰りでも可
申込:FAXまたは電話、E-mailにて8月31日までにお申し込みください。
申込先:〒420-0042静岡市葵区駒形通6-5-12 合同事務所 鈴木潔
    電話054-293-4116 携帯090-1472-6923 FAX054-258-8959
    E-mail papa.suzuki@nifty.com
主催:NPO夢楽団自然体験基地主催 共催小布杉町内会
後援:独立行政法人福祉医療機構

シニアガーディアンとは?
「このプログラムは、被災時にシニア世代がお荷物となるのではなく、逆にリーダー役となるためにこの企画が誕生しました。もちろん地震災害時だけではなく、火災・交通事故・転落、落下事故にも役立つ<CPRのスキル+AEDの使用法+懸垂下降>を完全習得するためにデザインされたプログラムです。子どもたちや家族・仲間が不測の事態に陥ったとき、救急隊が到着するまでの数分間に施した処置が、消えかけた命の炎を再点火させてくれます。現場にいるあなただけにできることがあります。リーダーとしてそれを学んでおくことはきっと自信にも繋がります。そしてあなた自身が地域でこの講習会を開催し、多くの方々に『命の大切さ』を伝えて欲しいというものです」












Posted by ふじのくにNPO活動センター at 04:19 | NPO相談 | この記事のURL | コメント(0)
後ろ向きな相談事例より [2011年08月14日(Sun)]
センター長の荻野です。

 NPO活動センターには、様々な相談が寄せられます。
 そのほとんどは、これから団体を立ち上げたり、活動を拡大していくための、前向きな話なのですが、中にはその逆のご相談もあります。
 今回は、そうした「後ろ向きな相談事例」をご紹介したいと思いますが、つい暗い気分になって、NPO活動に失望することのないようにご注意くださいませ。

相談事例
 7年くらい前に、知人から頼まれてNPO法人の理事になりました。
 その後、しばらくは活動報告などが定期的に送られてきたのですが、ここ数年間は理事会も総会も開かれていません。
 心配になり、代表の人に電話をしましたが、「忙しいので、ちょっと待ってほしい」と繰り返すばかりで、最近では連絡も取れなくなってしまいました。
 自分としては、もうこんな団体の理事は辞めてしまいたいのですが、どうしたらいいでしょうか?

対応と解説

 残念なことに、数あるNPO法人の中に、このような団体が存在することは事実です。
 NPO法人の役員には、法令と定款に基づいて適切に法人を運営する私法上・公法上の義務がありますが、この団体の場合、役員さんたちはその義務を果たしているとはいえないようです。
 厳しい言い方ですが、辞任をしたがっているこの理事さんだって、理事を引き受けた以上、こんな状況に陥らないようにすべき法的義務があったといえます。
 しかし既に起きてしまった問題に対し、この理事さんにできることは何でしょう?

 まず、できることは、自分の法人の現状を確認することです。

1.定款を確認しましょう
 定款には、法人の運営上のルールが記されています。
 理事を決める方法や、その任期、辞任や解任に関するルールも定められているはずです。
 定款が手元にない場合でも、所轄庁で閲覧することができます。
 定款の定めによっては、後任の役員が見つかるまで、その責任から解放されない場合もあります。辞任をするのであれば、まずは自分の団体の定款を確認するのが良いでしょう。


2.事業報告書等を確認しましょう
 NPO法人には、毎年、事業報告書等を提出する義務があります。提出された報告書は所轄庁で一定期間保管されているので、閲覧をすることができます。
 理事会も総会も開かれていないとなると、事業報告書等も提出されていない可能性が高いです。逆に、適切な手続きを経ないで作成した事業報告書等を、誰かが勝手に提出している可能性もあります。自分の法人がどんな状況になっているか、まずは確認をしてください。

3.登記事項証明書を確認しましょう
 登記事項証明書は、法務局で発行してもらうことができます。
 登記事項証明書には、法人の理事について、いつ就任して、任期がいつまでかが、記されています。
 数年間にわたって総会も理事会も開かれていないとなると、登記事項証明書の理事の欄には、任期が過ぎた人たちがズラっと並んでいる可能性が高いです。その場合は、次の人が決まらないまま、役員の任期が満了した場合の扱いについて、定款で確認をしてください。
 その他、悪質なケースでは、本人に断りもなく勝手に理事として再任されていることがありますので、登記上の理事が誰になっているか、登記事項証明書でしっかりと確認をすることが重要です。


 最後になりますが、理事さんというのは、一般の会員さんたちに代わって、団体の運営を監督する重大な責任があります。
 会費を納めたり、寄付をしてくれた人や、ボランティアとして働いてくれた人たちを裏切ることのないよう、気持ちを引き締めて職務にあたりたいものです。













Posted by ふじのくにNPO活動センター at 06:51 | NPO相談 | この記事のURL | コメント(0)
相談事例より(1) [2011年08月07日(Sun)]
 センター長の荻野です。
 今回は、センターに寄せられるNPO法人設立の相談事例から、まま見受けられる誤解についてご紹介したいと思います。


【NPO法人になると、行政からお金をもらえるのですか?】
 NPO法人になったからといって、自動的に行政からお金がもらえるということはありません。
 NPO法人の中には、行政から事業を受託して委託金収入があったり、補助事業を行って補助金収入を得ている団体が少なくありませんが、それは、例えば建設会社が道路建設を受注して工事費を受け取ったり、工場を誘致している自治体がメーカー企業の進出に際して補助金を交付したりするのと同じで、個別の委託契約・補助金契約に基づいて行われるものです。


【NPO法人にならないと、NPO活動をしてはいけないのですか?】
「NPO」を結成することは自由です。法人にならなければいけないということはありません。
 ただし、特定非営利活動法人でない団体が、「特定非営利活動法人」や「NPO法人」を名乗ることは違法ですので、その点だけは気をつけてください。(特定非営利活動促進法第4条 名称の使用制限)
 もちろん「NPO」と名乗ることは自由です。













Posted by ふじのくにNPO活動センター at 10:04 | NPO相談 | この記事のURL | コメント(0)
事務のお知らせ [2011年05月04日(Wed)]
連休中ということで
こんにちは、CHINOです。

穏やかなお天気です。
日本平動物園への道路がとても混雑していました。
屋外での活動には黄砂対策が必要ということです。


今日はちょっと事務的なお知らせを。

@ふじのくにNPO活動基金 第1回運営委員会の開催
県民生活課が東北大震災の窓口であったため
当初の予定より少し遅れましたが
第1回ふじのくにNPO活動運営委員会の開催が
5月13日(金)に予定されています。
ここで新しい公共支援事業を含む
ふじのくにNPO活動基金の機能が開始します。

先週牧之原市商工会相良事務所にNPO講座で伺いました。



その際に、基金のご説明も少しさせていただきました。



ちょっと分かりにくい基金の仕組み
最近電話でのお問い合わせもありますが
理解していただけるようご説明いたします。
どうぞお気軽にお問合わせください。


ANPO法人設立の事務の手引き、各種申請書類の最新版
こちらからダウンロードできます。
ここにある雛形を利用しての申請書類作成がお勧めです。
また、設立申請以外の届け出書類
たとえば役員変更の届出や解散についての書式もあります。
どうぞご利用ください。
















Posted by ふじのくにNPO活動センター at 11:20 | NPO相談 | この記事のURL | コメント(0)