CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 参加行事 | Main | プライベート »
<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
”まりこふんさん”が来たっ! その2[2014年01月23日(Thu)]
”まりこふんさん”が来たっ!

        2014.1.22 その2

 せっかくなので、先日から開催中の企画展U「勾玉の魅力」も見ていただきました。宮崎県内各地から出土した、勾玉、管玉やガラス玉が多数展示されています。

 ここで、まりこふんさんのテンションMAX!大コーフンの連続でした。「大きいっ!カワイイ!キレイ!」

DSC09540.JPG

 展示方法も素晴らしくて、まりこふんさん曰く、「まるで、ジュエリー・ショップみたい!」だそうです。ま、ある意味宝石ですからね。

DSC09541.JPG

 カメラを手にたくさん撮っていらっしゃいました。なかなかケースの前を離れようとしませんでした。

DSC09544.JPG

 展示室から3階の展望ラウンジへ。ここで、古墳群を眺めながら全体の説明をしました。規模の大きさに、あらためて驚かれていました。

DSC09546.JPG

 1階受付の横で、記念スタンプをペタリ!さすがアーティスト、押し方にもこだわっていらっしゃいました。

DSC09547.JPG

 当法人が運営している「ミュージアムショップ 舗」で、たくさんお買物もしていただきました。

DSC09549.JPG

 最後は、ショップの前で記念撮影.「ハイ、チーズ!」

DSC09550.JPG

 この後、古墳群にご案内いたしました。
まりこふんさん、ご来館いただき誠にありがとうございました。どんな形で紹介していただけるかとっても楽しみです。さっそく、まりこふんさんのブログやfacebookで紹介していただいていました。そちらもぜひご覧ください。
”まりこふんさん”が、博物館に来たっ![2014年01月23日(Thu)]
”まりこふんさん”が来たっ!

        2014.1.22 その1


 昨日(1/22)、西都原考古博物館に素敵なお客様がお見えになりました。お客様の名前は、”まりこふん”さんです。昨年から秘かなブームとなって「日経MJ」やTV等でも紹介されている「古墳ガール」の仕掛人ともいえる方です。「古墳にコーフン協会」の会長さんとして活動されるとともに、自らはミュージシャンとしての活動もされており、「古墳ブルース」という歌をを歌われています。
 今回は、今年出版する「古墳」の書籍の取材として来館いただきました。実際にお会いしてみると、とってもチャーミングで可愛らしい女性でした。この日は、午前中に博物館展示室、午後からは古墳群の見学・取材をされました。

 この日は、当法人のI代表理事にガイドを務めていただきました。まずはご挨拶と概要の説明を行っています。同行されているのは、出版社(扶桑社)の担当者さんです。

DSC09463.JPG

 まず、まりこふんさんが歓声を上げたのは、展示室に向かうスロープの壁にある箸墓古墳等のレリーフです。西都原の古墳と畿内の古墳が同じ設計に基づいているという説明に驚かれていました。

DSC09467.JPG

 次に驚かれたのは、当館の特色である”ハンズオン展示”。これは、展示品それもレプリカではなく出土した本物に手で触れることができるという事です。つまり、展示品はほどんど破損した、つまりバラバラの状態で出土しています。だから、壊れたらまた修復すればいい。という考え方に基づいています。
 まりこふんさんも、はじめは恐る恐るでしたが実際に手を触れたり、持ち上げたりされていました。

DSC09478.JPG

 これは、西都原古墳群”170号墳”から出土した「子持家形埴輪」で、重要文化財に指定されています。残念ながら展示品は複製品で、実物は東京の国立博物館に所蔵されています。全体の30%という出土物から修復した修復担当の方の想像力に驚かされます。

DSC09502.JPG

 これは、スクリーンの前に展示されている「男狭舗塚」、「女狭舗塚」の立体模型です。まりこふんさんが「欲しいぃ〜っ!販売すればいいのに・・・」とおっしゃっていましたが、「売れるかも!」と思ってしまいました。相談してみようかと思います。(笑)

DSC09511.JPG


 これは、宮崎県唯一(たしか)の国宝である「金銅馬具」で、百塚腹古墳群から出土しました。これも、残念ながら複製品で、実物は五島美術館の所蔵です。しかし、嬉しいことに本館が今年、開館10周年を迎えるということで、特別展において”里帰り展示”される予定になっています。必見です!とっても楽しみです。

DSC09513.JPG

 大スクリーンに「男狭舗塚」、「女狭舗塚」の映像が映し出されています。まりこふんさんが食い入るように見入っていました。なかなかの迫力です。

DSC09515.JPG

 これも、地下式横穴墓の模型に立体映像が映し出されています。こちらでも、まりこふんさん大コーフン!でした。

DSC09518.JPG

 これは、軽石でできた石棺です。手に持って重さを実感していただきました。これも当館の特色です。

DSC09520.JPG

 たまたま、他のお客様の相手をされていた学芸のH副主幹からも解説をしていただきました。こういった繋がりも当館の特色です。

DSC09526.JPG

 これは、地下式横穴墓から出土した古代の剣のサビを落としたものです。南九州独特の湿度の高い環境のおかげだそうです。それにしても見事な輝きですね。

DSC09531.JPG

 この兜を見たまりこふんさん、「この帽子カワイイ〜ッ!欲しい〜っ。」まりこふんさんの視点、やっぱり違います。

DSC09532.JPG

※その2へ続きます。
西都市長がお客様を連れてご来館[2013年08月10日(Sat)]

市長とお客様

 本日、西都市の橋田市長がお客様をお連れして博物館に来館されました。
 そのお客様というのは、現在西都市で合宿中の立教大学野球部の部長さんです。立教大学野球部といえば、あの巨人軍の長嶋終身名誉監督の出身校であり伝統校でもあります。

 学芸の先生の案内で展示室を見学されています。

DSC06781.JPG

 部長さんもいろいろと質問をされています。

DSC06782.JPG

 「子持家形埴輪」の説明を、皆さん熱心に聞いておられます。

DSC06784.JPG

 東京に戻られて、この博物館のPRをしていただけるといいですね。
 橋田市長、素敵なお客様をありがとうございました。
2000年の眠りから目覚めました![2013年07月28日(Sun)]
2000年の眠りから目覚めました!

『大賀ハス』開花!

 西都市三宅の稚児ケ池に、2000年前の種から発芽した「大賀ハス」が綺麗なピンクの花を咲かせています。

DSC06588.JPG


 先日は、午後に行ったら花が閉じてましたが、今日は出勤前の時間に行ったので、綺麗に咲いているのを見る事ができました。花は2つで、蕾もあと2〜3つあるので、まだまだ楽しめそうです。

DSC06589.JPG


 西都出身の写真家でミュージアムショップでもポストカードでお世話になっている黒木一明さんも撮影に来られていました。ご近所の方も、朝の散歩がてら花を眺めに立ち寄っていらっしゃいました。

DSC06590.JPG


 稚児ケ池では、睡蓮も白いお花を咲かせていました。

DSC06595.JPG


 西都へお越しの際は、「稚児ケ池」にもぜひ足をお運びください。

新しい事業がはじまります![2013年06月28日(Fri)]

新3事業始動します!

 このたび、宮崎県が公募した事業に「iさいと」も応募していましたが、お蔭様で3事業の採択をいただきました。
 それにともなって、事業高・人員ともに大幅な増加となります。現在それに向かっての準備作業を行っております。したがって、来月からは事務所も宮崎のNPOハウス内に2ヶ所増えます。新しい仲間も増えますので、とても楽しみです。
 今後は、そうした事業の進捗も随時ご紹介していきたいと思っています。

DSC06030.JPG


 今後ともよろしくお願いいたします。


西都原考古博物館運営支援業務事務局です[2013年06月26日(Wed)]
久々の更新です。

「考古博物館
     運営支援業務事務局にいます」


 今年度から、西都原考古博物館の運営支援事業事務局に移りました。
 ここでは、主にボランティアガイドさんのお世話を行っています。具体的には、お客様のご要望に併せてボランティアさんのコーディネートや各種団体の予約受付を行っています。併せて、展示等に併せた各種の講座や研修の企画・運営も行っています。
 これからいろんな情報をご紹介していきますので、ぜひご覧ください。よろしくお願いいたします。

DSC05994.JPG


さいと古墳まつり[2012年11月04日(Sun)]

第26回

「さいと古墳まつり」

 御陵墓前にて盛大に開催!

古墳まつりポスター.jpg

昨夜、西都原の御陵墓前において、第26回「さいと古墳まつり〜炎の祭典」が盛大に開催されました。直前に観光協会の事務局長よりご依頼いただき、本部席で案内チラシ配布のお手伝いをさせていただきました。恥ずかしながら西都に住んで10年ほどなるのですが、今回が初めての体験で、とても素晴らしい体験をさせていただきました。

昨夜はとても寒かったのですが、県内外からのお客様で会場は大盛況でした。
会場で、「たいまつ行列」の到着を待つ観客の皆さんです。


DSC01332.JPG

あいそめ広場を出発して、徒歩で「記紀の道」を通ってここまで上がって来られます。先頭のニニギノミコトからたいまつの火を頂き、「炎の祭典」が始まります。

DSC01339.JPG

お忙しいなか、市長も古代衣装で参加されています。(左隅にちょっと写っていらっしゃいます)

DSC01346.JPG

広場内のたいまつにも点火されました。

DSC01348.JPG

ここで、木村弓さん(スタジオジブリ映画「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」で有名な)による「悠久の神々への寿ぎ」と題した演奏が始まります。木村さんの透き通った歌声が御陵墓の森に響きます・・・。

DSC01352.JPG

そして、会場の中央にある大たいまつにも点火されます!
大きな炎が上がり、まさに「炎の祭典」です!

DSC01354.JPG
DSC01359.JPG

その周りでは、天女や武人の舞が披露されているのですが、本部席からは少ししかみえません。(残念)

DSC01393.JPG

今回初めて見ましたが、悠久の歴史を感じさせる素晴らしいお祭りですね。
実行委員の皆さん、お疲れ様です。(と言っても、まつりは今日ももあるんですよね)

<おまけ>

どこかでお見かけした”美しい天女”さんと一緒に記念撮影しちゃいました。

DSC01399B.JPG

<おまけ パート2>

翌日の宮日の1面には「古墳まつり」の写真。なんとその写真に、まつりの撮影を行っていたうちのスタッフTくんが写り込んでいました。

20121104162000_00001.jpg
古墳まつり・たいまつ神事[2012年11月04日(Sun)]

さいと古墳まつり

  たいまつ神事が行われました

昨夕(11月3日)、西都市のあいそめ広場において「さいと古墳まつり」に先だって、一般市民など総勢600名が参加して行われる「たいまつ行列」の点火式の神事が厳かに執り行われました。主催者の皆さんや、神主さん等が集まっていらっしゃいます。

DSC01271.JPG

このお二人が、今年の「ニニギノミコト」と「コノハナサクヤヒメ」です。ちょっと緊張されてます・・・。

DSC01273.JPG

神事には市長と知事も(非公式でしたが)顔をみせていらっしゃいます。

DSC01270.JPG

まずは、都萬神社の宮司さんによるお祓いです。

DSC01283.JPG

広場では、神楽の奉納も行われました。

DSC01291.JPG

参列者による玉串の奉納。(写真は市長です)

DSC01302.JPG

ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメも玉串を捧げます。

DSC01306.JPG
DSC01308.JPG

この後も、神職による神事が続きます。

DSC01314.JPG

いよいよニニギノミコトがたいまつに火を移します。

DSC01317.JPG

そして、その火を参加者に分け与えます。

DSC01322.JPG

これらのたいまつを先頭に、総勢600名のたいまつ行列が、「記紀の道」を歩いて西都原の御陵墓前広場へ向かいます。

DSC01324.JPG

このたいまつが西都原に着くと、前夜祭「炎の祭典」が始まります。
私も西都原に移動します。
さいとふるさと産業まつり[2012年10月29日(Mon)]

秋晴れの西都原で開催!

第7回

さいとふるさと産業まつり

昨日(10月28日)、秋晴れの西都原において、「第7回さいとふるさと産業まつり」が盛大に開催されました。当日の朝は肌寒かったのですが、陽がのぼってからは気温も上がって汗ばむくらいでした。私は会場直後だったんですが、すでに駐車場はほぼ満車の状態で、会場にはたくさんのお客さんが来られていました。

DSC01056.JPG

ステージでは、オープニングセレモニーが始まり、西都市長と姉妹都市となったばかりの長崎県は西海市の市長さんのご挨拶がありました。

DSC01058.JPG
DSC01067.JPG

全国には「西」という字を「さい」と読む都市が3つあります。わが「西都市」、長崎県の「西海(さいかい)市」、そして四国は愛媛県の「西条市」。このうち2つが今回姉妹都市となりました。それを記念して、西条市の皆さんが、特産である海産物をもってブースを展開しています。ステージでも、西条市の紹介が行われました。

DSC01069.JPG

会場の周りでは、ほぼ満開のコスモスがお客さんをお迎えしています。これはコスモス畑とその向こうに見えるのは、「鬼の窟(いわや)古墳」です。

DSC01063.JPG

ステージ前は、多くのお客さんで埋め尽くされています。

DSC01068.JPG

会場にはたくさんのブースがありました。その一部をご紹介します。
こちらのブースでは、お子さんに金槌やクギを使っての木工作業を教えています。慣れない道具にみんな苦労しています。でも、プロのおじさん達がやさしく教えてくれています。さて、何が出来るのかな・・・?

DSC01072.JPG

ここは、西都商工会青年部のブース。お米の入ったコロッケ「Buono コロッケ」が大人気ですでに完売目前でした!青年部長自ら、ハンドマイクで呼び込みされいました。ご苦労様です!

DSC01080.JPG

こちらは、姉妹都市となった「西海市」のブースです。いろんな海産物などが販売されていて、おきゃくさんの人気を集めていました。

DSC01084.JPG

おや?西都市長もたくさんお買物されたようですね!

DSC01083.JPG

ここは、「西都市茶業振興会」さんのブースです。美味しい新茶の販売と試飲が行われています。

DSC01085.JPG

カワイイ売り子さんを発見!
「西都市茶業振興会」さんのお茶をポット1本100円で販売していました。しかも何と、詰め替え無料だそうです。なかなかの人気ぶりでした!素晴らしいアイデアですね。

DSC01060.JPG

おや?こちらはどこかで見た「ゆず胡椒作り体験」の看板が・・・

DSC01076.JPG

やっぱり!いつもお世話になっている銀鏡のおっちゃん達です!
「この間教えたがね、あんたも手伝いない!」とのお声かけいただきましたが、丁重に(?)お断りさせていただきました。

DSC01116.JPG

すぐ横では、こちらもお世話になっている銀鏡の「かぐら里食品」のブースが!若社長みずから頑張っていらっしゃいました!

DSC01119.JPG

ふと見ると、ステージ前にお子さん達がいっぱい!?
いったい何が始まるんでしょうか・・・?

DSC01090.JPG

なるほど、お子さん達に大人気「アンパンマン・ショー」が始まりました!
それ行け、アンパンマン!

DSC01095.JPG

そんな間も、裏方さんは大忙しです!Fさん、ご苦労様です!

DSC01100.JPG

う〜ん、この子等は賢い!?特等席?

DSC01108.JPG

この後も、「天井岩投げ大会」や「54メートルのかっぱ巻き大会」など、イベントがもりだくさんでした。
関係者の皆さん、お疲れ様です。

DSC01120.JPG

「街なか美術館」表彰式[2012年10月02日(Tue)]

平成24年度

「街なか美術館」表彰式

昨日(10月1日)、西都市小野崎の「パオ」センターコートにおいて、平成24年度「街なか美術館」の表彰式が行われました。たくさんの応募作品のなかから、選ばれた12名のお子さんが表彰されました。
どれも素晴らしい作品ばかりでした。

DSCN4832.JPG

主催者を代表して、副会頭の市原さんがご挨拶されました。

DSCN4823.JPG

来賓として、市長も挨拶されました。

DSCN4827.JPG

会場には、保護者の方やお買物中の皆さんがたくさん集まっておられました。

DSCN4824.JPG

受賞者一人一人に、賞状と記念品が手渡されました。みんな嬉しそうでしたよ!

DSCN4830.JPG

最後はみんなで記念写真です。

DSCN4835.JPG

この中から将来、素晴らしいアーティストが生まれるといいですね。
受賞された皆さん、おめでとうございます!
| 次へ
プロフィール

ふらっとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/flat/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/flat/index2_0.xml