CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 考古博物館 | Main
<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
『銀鏡神楽』打合せと手習い(稽古)の見学[2014年01月22日(Wed)]
『銀鏡神楽』打合せと

     手習い(稽古)の見学

 昨夜、西都市東米良の銀鏡(しろみ)で、2月1日(土)に開催する観光ボランティア育成支援事業の一環として行う「銀鏡神楽」の打合せと手習い(稽古)の見学をさせていただきました。
 祝子(ほうり-神楽の舞手)さん、神職さん、氏子さん達に集まっていただき、具体的な打合せを行なった後、神楽の手習いを見学させていただきました。

 まずは、皆さんに概要の説明を行っています。この後、具体的な確認を行っていきました。

DSC09396.JPG

 そして、いよいよ手習いが始まります。
 これは、4人で手には刀(これは模造刀ですが、本番では真剣を使うそうです)を持って、激しく舞います。今回は、時間の関係で30分ほどにしていますが、実際は1時間近く舞い続けます。跳んだり跳ねたりととても動きが激しい舞いです。皆さんお年を召した方も多いのですが、その体力には驚くばかりです。ちょっと真似しただけで、息が切れてしまいました。

DSC09405.JPG

 こちらは、2人での舞いです。ちなみにこのお二人はご兄弟でして、ご覧のように瓜二つです。何度もお会いしているのですが、いつも間違えてしまいます。こちらも、途中で激しい動きが加わっていきます。

DSC09418.JPG

 次は、弓を持っての舞いとなります。この弓も持たせていただきましたが、けっこう重たい弓で、これを片手にしての舞いはかなりハードですね。この晩、銀鏡は寒かったのですが、舞っているうちに汗が流れおちていました。

DSC09440.JPG

 最後は、3人での舞です。これもなかなか激しい舞いとなっています。

DSC09456.JPG

本番は、2月1日(土)午後1時から、西都原考古博物館に隣接する、古代生活体験館の中庭での開催です。入場無料で一般観覧もできますので、ぜひお越しください。
国指定重要無形民俗文化財に指定されている「銀鏡神楽」を身近で鑑賞できる貴重な機会です。

※お問い合わせは、0985-64-9739(NPO法人 iさいと)までお気軽に
プロフィール

ふらっとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/flat/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/flat/index2_0.xml