CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 銀鏡プロジェクト | Main | さいとる »
<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
コレクションギャラリー展U 9/20〜9/27[2013年09月20日(Fri)]
無言の伝承

コレクションギャラリーポスター5ol3.jpg

本日より始まりました
西都原考古博物館 コレクションギャラリー展U 
無言の伝承 ‐古人骨の歯から伝わる事

P9200175.JPG

P9200176.JPG

P9200177.JPG


古人骨は、その形状や骨に残された痕跡から様々な情報を得る事ができます。過去に生きた人びとに直接的にアプローチできる貴重な資料です。当館では室温20度 湿度60%で800体の人骨が収蔵されていますが、歯にスポットを当てた人骨の展示になっています。
 職業で歯の形が変わってしまった職業病の人骨、幼児の永久歯の生えかけたものがみれる人骨、服喪のために抜歯しているなどの人骨を見る事ができます。そして、展示方法も面白い!!

P9200197.JPG
井山忠行アートの世界[2013年07月30日(Tue)]
井山忠行アートの世界

「原初のかたちシリーズ」

展示発売中!!

古事記や日本書紀に描かれた日本神話の舞台であり、多くの伝説や伝統文化、史跡などが残されている西都。宮崎県立西都原考古博物館内ミュージアムショップにて宮崎県出身の画家井山忠行氏の作品「原初のかたちシリーズ」として展示販売を行ってます!ご存知の方も多いと思いますが、井山氏の作品は、県立日南病院エントランスホールの巨大壁画「日南讃歌」をはじめ、鵜戸神宮の壁画「生命」、太陽銀行の「太陽」他宮崎市保健所や県立美術館所蔵の作品などがあります。
 今年度よりスタートし平成32年まで続く「記紀編さん1300年事業」にタイアップし、県内各地に飾られている壁画と結ぶ形で実現していきます。
 神話の地、西都原では、西都原考古博物館内ミュージアムショップで展示販売会にて「原初のかたちシリーズ」を開催致しています。
 街中アート巡りのひとつとして、西都原考古博物館へ寄り道的な感覚でお気軽に立寄って頂ければと思います.

P7300178.JPG

【井山忠行氏紹介】

◆1936年 宮崎市黒迫町で誕生。
◆14歳セザンヌの作品に触発され初めての油絵を制作。他共に認める天才」として画家を目指すことを決意。
◆初の個展 宮崎大宮高等学校2年県立図書館にて(小説家で図書館館長の中村地平氏に高い評価を受け実現。)
◆2回目の個展 詩人の杉谷昭人氏とコラボ。
◆高校卒業と同時に東京へ上京。当時、美術界では瑛九を中心として結成された「デモクアート美術家協会」に再年少として参加。
◆2000年、バリ島ウブドのネカ美術館で初の外国人招待作家として、個展「ガムランの響き」を開催。
◆2001年、鵜戸神宮に壁画「生命」を奉納。同年、宮崎県立美術館で85作品を集めた「熱帯」を開催。
◆2003年、宮崎太陽銀行本店新築記念の壁画「太陽」を制作。
◆2007年、宮崎県文化賞(芸術部門受賞)。
◆2005.2008年、フランスのパリで個展を行なう。
◆2010年、県立日南病院のエントランスホールに2m×28mの巨大壁画「日南讃歌」を寄贈。
◆2012年は、制作に没頭、156点を描き上げる。


P7300179.JPG
題:日月「アマテラスの闇」


P7300182.JPG
題:タジカラオの天の岩戸開け





ピーマンだらけ・・・![2012年08月21日(Tue)]

加藤直樹 陶展

ナオキショウ EX

21日(月)から26日(日)まで、西都市の夢たまごで「加藤直樹陶展・ナオキショウ EX」が開催されています。今日は2時から、ご本人によるトークがあるということで、でかけてきました。

20120821152752_00001.jpg
120821_143926.jpg

加藤氏は、ご本人が病気になられた時以来、ピーマンの魅力にとりつかれピーマンの焼物を作るようになったそうです。
会場にはたくさんの作品が展示されていました。

120821_140213.jpg
120821_140225.jpg

お話しをされている加藤直樹さんです。

120821_140253.jpg

これは、弥勒菩薩像です。よく見ると台座と頭部がピーマンになっています。

120821_143625.jpg
120821_143635.jpg

また今回は、西都での展示会ということで加藤さんのイメージで「コノハナサクヤヒメ」像も制作されたそうです。それがこちらです。

120821_142656.jpg

この他にもたくさんの作品があって、あたりはピーマンだらけです・・・。

120821_142719.jpg
120821_142735.jpg
120821_143206.jpg

あなたもこの不思議な魅力に触れてみませんか?
日曜日まで開催しています。加藤さんも連日会場にいらっしゃるそうなので、直接お話しを聞くこともできますよ。
プロフィール

ふらっとさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/flat/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/flat/index2_0.xml