• もっと見る
« 受賞者近況 | Main
プロフィール

公益財団法人社会貢献支援財団さんの画像
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
https://blog.canpan.info/fesco/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fesco/index2_0.xml
2024年03月21日(Thu)
里親のための情報アプリ Satococo と事務所物件ご提供のお願い

大阪府門真市で里親としての活動を続けられている牧野 博子さん(NPO法人 里親子支援機関 えがお 理事長・第51回社会貢献者表彰受賞者)より、里親のための情報アプリ「Satacoco」リリースのお知らせと、事務所にできる物件の提供のお願いです。

事務所にできる物件を探しています
里親活動長年続けて参りまして、多くの子どもさんと過ごして参りました。
そのつながりから里親を中心として児相職員経験者や応援者の仲間でNPOを立ち上げ4年。
国の方針転換から社会的養護はより家庭へ、里親へと動いていますが、里親登録数はなかなか伸びません。
益々現里親がスキルを上げて全力で子どもの委託を受け入れなければなりませんが、里親会は児相に事務所を置けなくなりました。
居場所のない子どもたちを居場所のない里親会が支えていかなければならなくなってきております。
ご他聞に漏れず、私たちもしっかりとした事務所がありません。賃貸契約できるような資金もありません。
現在、ご寄付頂ける物件、そのような方を探しております。
出来れば大阪府門真市かその近辺を希望しております。
宜しくお願いいたします。



里親のための情報アプリ「Satococo」

日本財団特別賞をいただき2023年夏にアプリ Satococo をリリースしました。
Satococoは、里親さん・子どもたち、里親希望者、支援者、興味のある方、気になってくださったみなさんに向けた情報発信アプリです。


satococo.png


里親里子について関心のある方、ぜひダウンロードしてください。

■ 牧野博子(受賞者手記ページ)
■ ひとしずく - 牧野 博子(NPO法人 里親子支援機関 えがお 理事長)

--
for-blog.pnghitoshizuku-for-blog.png
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 14:18 | 受賞者からのお知らせ | この記事のURL | トラックバック(0)
2024年03月16日(Sat)
社会貢献支援財団「映画祭2024」ありがとうございました

社会貢献支援財団「映画祭2024」、たくさんのご来場ありがとうございました。

eigasai.jpg





社会貢献支援財団「映画祭2024」のお知らせです。

3月15日(金)に、社会貢献活動がテーマの映画と社会貢献者表彰受賞者の活動紹介VTRを上映する「社会貢献支援財団 映画祭2024」を開催いたします。

日時:3月15日(金)10:00〜17:05
場所:笹川平和財団ビル 11階(港区虎ノ門1-15-16)
その他詳細はリーフレット画像をご覧ください。
===
映画祭のご観覧は事前申込制となっております。
こちらのフォームよりお申し込みください。
https://pro.form-mailer.jp/lp/30fd5ece303851
(午前のみ、午後のみのご観覧も可能です)

映画祭2024


映画祭2024
for-blog.pnghitoshizuku-for-blog.png
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 10:21 | 受賞者からのお知らせ | この記事のURL | トラックバック(0)
2023年12月13日(Wed)
松本雅美さん「文化庁長官表彰」「リオ・ブランコ国家勲章」受賞

文化庁より財団事務局にお知らせが届きました。

それはなんと、平成23年度 社会貢献者表彰受賞者である松本雅美さん(学校法人 ムンド・デ・アレグリア学校校長)に「文化庁長官表彰」が授賞されるとのお知らせでした。
https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/93977401.html

文化庁長官表彰は、「文化活動に優れた成果を示し、我が国の文化の振興に貢献された方々、又は、日本文化の海外発信、国際文化交流に貢献された方々に対し、その功績をたたえ文化庁長官が表彰する」というもの。

松本さんは、浜松でペルーやブラジル等の日系外国人の子どもたちのために、外国人学校「ムンド・デ・アレグリア学校」を作り、子どもたちに日本語を教えるほか多文化共生に取り組んできました。

そしてもうひとつ。
ブラジル連邦政府から「リオ・ブランコ勲章」を受章されるとのことです。
https://www.mundodealegria.org/cat177/cat177_1791.html

これはブラジル外務省が設定した褒章で、国内外で功績のあった個人または団体顕彰するもので、最高位の勲章だそうです!

どちらもとても素晴らしいことです!
松本さん、おめでとうございます!!

matsumoto.jpg

(写真はムンド・デ・アレグリア学校のホームページより)

■ 平成23年度社会貢献者表彰受賞者紹介
https://www.fesco.or.jp/hitoshizuku/winner.php?wid=11903

□ ひとしずく:松本雅美(学校法人 ムンド・デ・アレグリア学校 校長)
https://www.fesco.or.jp/hitoshizuku/winner.php?wid=11903
for-blog.pnghitoshizuku-for-blog.png
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 17:41 | 受賞者からのお知らせ | この記事のURL | トラックバック(0)
2023年10月23日(Mon)
「NPO法人エクアドルの子どものための友人の会」からのお知らせ
エクアドルの子どもたちへの教育支援を行なっている NPO法人エクアドルの子どものための友人の会(SANE:平成23年度社会貢献者表彰受賞者)が、認定を取得、認定NPO法人となりました。

認定NPO法人への寄付は、確定申告をすれば税額控除を受けることができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
認定NPOになりました:認定NPOの税制優遇について - NPO法人エクアドルの子どものための友人の会

sane_npo.jpeg


また、この秋のイベント関係のご案内も届きました。

SANEでは2023秋もイベントが続きます。ぜひ、遊びにきてください。
詳細は下記の通りです。

◯ラテンアメリカバザール(有志でふやふやとして参加)
10月26日 午前11時〜午後3時
場所:東京プリンスホテル2階鳳凰の間、マグノリアホール
入場券:2000円 *詳細は事務局までお問い合わせください。
ラテンアメリカ一色の会場に遊びにきてください!

◯飯能祭りでエクアドルバナナ寄付
11月4,5日@bookmark(飯能) *バナナ予約受付中
http://sanejapon.blogspot.com/2023/10/blog-post.html

◯ジョセリン留学報告会
12月17日14時から@飯能
アジア学院に農業留学中のジョセリンは約1年の留学を終えて年始に帰国します。
帰国前に留学報告会を行います。終了後は、ジョセリンとの交流会も企画中。
https://www.facebook.com/sanejapon

sane_hanno.png


---

社会貢献者表彰 推薦受付は10月31日まで!
社会貢献者表彰は、みなさまの声をもとに選ばれます。
ぜひご推薦をお願いします。
右向き三角1︎推薦要領


for-blog.pnghitoshizuku-for-blog.png
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 14:28 | 受賞者からのお知らせ | この記事のURL | トラックバック(0)
2023年09月05日(Tue)
ハンドタオルを買って保護ねこ支援を!

野良猫の保護、保護猫の預り、里親さん探しを行っている「浜松ねこシェルター(第59回社会貢献者表彰受賞者 )」からご支援のお願いです。

---
「ハンドタオルを買って保護猫支援を!」

浜松ねこシェルターでは、 現在180名の猫たちが暮らしています 売上金は猫たちのごはんやねこ砂などの日用品、 病気の子の病院代などに充てさせていただきます。

http://www.hamamatsu-shelter.com/

ハンドタオルを買って保護猫支援を:浜松ねこシェルター



----
for-blog.pnghitoshizuku-for-blog.png
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 15:30 | 受賞者からのお知らせ | この記事のURL | トラックバック(0)
2023年04月04日(Tue)
受賞者からの最新情報のご紹介

社会貢献者表彰受賞の活動を、受賞後もサポートするために運営している「ひとしずく」。

受賞者より近況や寄付の呼びかけ、クラウドファンディングのお知らせなどが次々と届いています。

これまでは、こちらの財団ブログで活動状況をお知らせしてきましたが、ひとしずくの最新情報ページと受賞者個別最新情報ページにて掲載するようになりました。

そのひとしずくの受賞者最新情報より、標題のみですがこちらにもまとめて掲載しご紹介いたします。



* * *

ひとしずく最新情報はこちらから


for-blog.pnghitoshizuku-for-blog.png
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 18:44 | 受賞者からのお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2023年01月16日(Mon)
ハンセン病問題に取り組む「架け橋 長島・奈良を結ぶ会」より講演会と映画のお知らせ

ハンセン病問題に取り組む「架け橋 長島・奈良を結ぶ会」(第58回社会貢献者表彰受賞者)から交流・講演会とドキュメンタリー映画のお知らせです。

「ハンセン病問題 真の人間回復をめざして」ということで、「第2回 架け橋 交流・講演会」が、2月23日(木・祝)に天理大学にて開かれます。

また、ハンセン病問題学習会として、ドキュメンタリー映画「NAGASHIMA 〜"かくり"の証言〜」の上映会が、1月28日(土)9:30〜 奈良県社会福祉総合センター開かれます。

詳しくは、下記画像をご覧ください(クリックで拡大します)。

kakehashi.jpg


documentary.jpg


for-blog.pnghitoshizuku-for-blog.png
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 16:33 | 受賞者からのお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2022年12月29日(Thu)
「からだと心を解き放とう!子どもは“風”事業」クラファンにご協力を

長野県伊那市で、不登校やひきこもりの子ども向けに、誰にでも居場所と出番のある地域社会を目指し活動している NPO法人子ども・若者サポートはみんぐ(第57回社会貢献者表彰受賞者)からクラウドファンディングへのご協力のお願いです。

「からだと心を解き放とう!子どもは“風”事業」

クラウドファンディングにご協力をお願いします。
(期間は、2022年12月1日〜2023年2月28日)

はみんぐでは、学校外の子どもの居場所「オルタ」を運営しています。
スポーツ、野外活動、森カフェ(たき火)、調理体験、ものづくり、アートなど多様な体験活動をしています。これまで助成金をいただいて活動してきましたが、来年度からは助成金が切れるため、大変苦しい運営となってしまいます。目標の金額は100万円です。
 子どもたちが、安心・安全の居場所の仲間やスタッフと共に体験活動にチャレンジすることで、「ありのままの自分が好き」「自分は大丈夫」という気持ちを育ててほしいと願っています。どうぞ、皆さんのご協力をお願いします。
 詳しくは、長野県みらいベースのHPをご覧ください。
https://www.mirai-kikin.or.jp/donation-program/3343/


huming.jpg


ご支援よろしくお願い致します。


for-blog.pnghitoshizuku-for-blog.png
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 14:22 | 受賞者からのお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2022年11月09日(Wed)
困難を抱える女性や母子が安心して自立へと歩み出せる『住まい』をつくろう!(ウィメンズネット・こうべ)

困難を抱える女性や母子が安心して自立へと歩み出せる『住まい』をつくろう!

認定NPO法人 女性と子ども支援センター ウィメンズネット・こうべ(第47回社会貢献者表彰受賞者)が、六甲ウィメンズハウスプロジェクト「困難を抱える女性や母子が安心して自立へと歩み出せる『住まい』をつくろう!」というクラウドファンディングをスタートさせました。

困難を抱える女性や母子が安心して自立へと歩み出せる『住まい』をつくろう!

困難を抱える女性や母子が安心して自立へと歩み出せる『住まい』をつくろう!


所持金や保証人がない女性やシングルマザーの親子、生活に困窮する留学生など、安心安全な「住まい」確保が困難な女性や子どもがいます。そんな女性たちが自立した新しいスタートを切るため、サポートのついた清潔・安全・健康・文化的な住居「六甲ウィメンズハウス」を創ります!改修工事費を集めるため応援お願いします。


代表理事である正井禮子さんに先日お話を伺ったところ、
「安心して生活できる住まいをサポートすることは、自立への大きな手助けになります。そんな居場所を創る構想を長く描いていました。多額の改修工事費は私たちにとってかなり高いハードルですが、いろいろな方々のご協力もあり実行する決断をしました。ぜひぜひ皆さまのご支援をお願いします」とのことです。

目標金額は3,000万円。期間は12月22日まで。オールイン方式(集まった金額がファンディングされます)。

みなさまのご支援をよろしくお願い致します。

■ 認定NPO法人 女性と子ども支援センター ウィメンズネット・こうべ(社会貢献者表彰受賞者紹介・手記ページ)

for-blog.pnghitoshizuku-for-blog.png
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 11:06 | 受賞者からのお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2022年10月11日(Tue)
ひきこもり等の若者が安心して家出できる第2の家”を作るプロジェクト(特定非営利活動法人With優)

「ひきこもり等の若者が安心して家出できる第2の家”を作るプロジェクト」

平成27年度社会貢献者表彰受賞者の 特定非営利活動法人With優 のクラウドファンディングがスタートしました。

with-yu.jpeg

学齢期のお子さんに関しては、不登校への対応など親が家庭で疲弊しているケースもあり、子どもが、親や学校の先生以外の信頼できる大人と繋がれる場が必要とも考えています。

「第3の居場所(サードプレイス)」の考え方は全国的にも広がってきていると思いますが、私たちが今、必要だと思うのは子どもや若者が安心して過ごせる「第2の家」です。

令和4年10月から令和5年3月まで独立行政法人福祉医療機構(WAM)の助成を受けて、市内の一軒家をお借りして引きこもり等の子どもや若者が”家出„できる「第2の家」を運営していく予定です。その準備を現在進めていますが、実際に「第2の家」が形になっていく中で子どもや若者からその必要性への期待もひしひしと感じます。そこで、令和5年4月以降も自主事業として「第2の家」を継続したく、市街地からアクセスの良い一軒家を購入して、様々な事情で短期間家を離れてみたい子どもや若者、その家族を応援したいと考えています。

 →「ひきこもり等の若者が安心して家出できる第2の家”を作るプロジェクト」 - READYFOR


ご支援ご協力よろしくお願いいたします。

■ 特定非営利活動法人With優(受賞者紹介・手記ページ)


for-blog.pnghitoshizuku-for-blog.png
Posted by 公益財団法人 社会貢献支援財団 at 09:09 | 受賞者からのお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ