• もっと見る

« 2012年10月 | Main | 2012年12月»

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 転職キャリアブログ 職業訓練へ


FDAへ寄付をする
フィードメーター - NPO法人 FDA 「未来ノート」で道は開ける!/渡邉 幸義
社員みんながやさしくなった/渡邉幸義

美点凝視の経営 障がい者雇用の明日を拓く/渡邉 幸義
雇用創造革命/渡邉 幸義
社長のメモ/渡邉幸義
会社は家族、社長は親/坂本 光司
ひきこもりゼロの社会はつくれる (<CD>)/渡邉幸義
こころのはなのさくところ/のじまひさこ

検索
検索語句
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール

Future Dream Achievementさんの画像
リンク集
QRコード
https://blog.canpan.info/fda/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fda/index2_0.xml
【イベント報告】NIPPON ITチャリティ駅伝〜卒業生のスピーチ! [2012年11月13日(Tue)]

皆様、秋の涼しさから木枯らしが吹く街並みに、寒い風を感じて身をすくめてしまう今日この頃、いかがお過ごしですか?
こんにちは、FDAの島佳代子でございます。

さる11月4日(日)NIPPON ITチャリティ駅伝が開催され、私達FDAスタッフは駅伝に出場するトレーニング生と共に台場にある東京都立潮風公園・太陽の広場に行きました。

☆NIPPON ITチャリティ駅伝 公式ホームページ


チャリティ駅伝20121104 006.jpg


絶好の駅伝日和で、良い天気に恵まれ、緊張した面持ちながらも、ドキドキわくわくの様子のトレーニング生が次々に会場に到着しました。私達スタッフは早めに到着し、出店ブースの準備に取り掛かりました。

チャリティ駅伝20121104 008.jpg


チャリティ駅伝20121104 012.jpg


「あなたの走りが、一人の若者を救います。」
このキャッチフレーズをもとに大会実行委員長のチャック・ウィルソン氏が司会進行の方と共に壇上に上がり、FDA理事長の渡邉幸義が開会のあいさつを述べました。

そして、FDAのトレーニング卒業生である杉原さんを紹介し、FDAでのトレーニング状況、トレーニングまでの経緯などを簡単に説明し、後輩の就労困難だった方々へ就職への固い決意、あきらめなかった就活を話しました。卒業後、みんなの前へ顔を出すことをためらう卒業生もいる中で、杉原さんの勇気は、会場でそっと見ているであろう就労困難な状況の方、外に出られなくてユーストリームで聞いているひきこもりの方々など、全国沢山の就労困難者に向けた温かいエールであったと思います。
5人1チームでタスキを渡すルールで、FDAチームとしてレースに参加する旨を伝えました。

チャリティ駅伝20121104 007.jpg


杉原さん、ありがとうございます。

いよいよスタートを切り、FDAトレーニングチームも走り出しました。
最後の5人目にタスクが行き渡ることなく、FDAはコースを間違えて失格になってしまいましたが、後日ディスカッション課題として話し合い、みんながお互いを注意することを学んだようです。

スタッフもトレーニング生の皆様が気になりますが、イベント開催に向けてパンフレットを配布させて頂きました。

チャリティ駅伝20121104 004.jpg


参加されたISFnet社員の皆様、FDAスタッフと走りぬいたトレーニング生、そして日曜日に遠くからお越しくださった参加者の方々、応援に来て下さったお客様・・沢山の皆様に本当に感謝です。
このイベントのお陰様で、私達はまた元気に就労を目指す方々のサポートが出来ます。

最後にみんなで記念撮影。

チャリティ駅伝20121104 017.jpg


本当にありがとうございました。


FDAでは随時会員の募集と寄付の受付をしております。
会員の募集
http://www.fda.jp/index.php/admission/membership_component
寄付の受付
http://www.fda.jp/index.php/subscribe

【イベント報告】社会問題解決セミナー〜理事長が伝えたい事! [2012年11月13日(Tue)]

皆様、様々な社会問題がはびこる今日この頃、いかがお過ごしですか?
こんにちは、FDAの島佳代子でございます。


さる11月7日(水)、FDA主催の第1回『社会問題解決セミナー』を開催させて頂きました。

NPO法人FDA主催『社会問題解決セミナー』
第1回「どうして企業に20大雇用が必要なのか」

ところで20大雇用とはなんでしょうか?
FDA理事長の渡邉幸義が様々な事情で就労困難な方々を挙げて雇用を創出していくという理念を表しています。

☆アイエスエフネットグループ 20大雇用宣言

平日14時開催にも関わらず、」沢山のお客様がお越しくださいました。ありがとうございました。

{ISFnetグループは「雇用の創造」を大義に掲げ、20大雇用の方針のもと多くの就労困難者を雇用してまいりました。
NHKクローズアップ現代にも取り上げられ、均等・両立推進企業表彰(ファミリー・フレンドリ―企業部門)東京労働局長優良賞、ビジネス・イノベーションアワード2012優秀賞を受賞するなどの評価をいただいております。〜中略〜}
※社会問題解決セミナーパンフレット抜粋

『美点凝視の経営』出版を記念して今まで渡邉が雇用創造のために行ってきた取り組みを話しました。
20大雇用のお話をするうちにDV被害者の方々の多くの女性の過酷な生活環境、住民票を移せない命がけの事情、関わった人への被害、私財を投げ打ってNPOを立ち上げた勇気ある女性の話をされました。同じ女性として、やりきれない想いを抱きました。

FDAではニートや元・引きこもりなどの就労困難な方々の就労とトレーニングを行いますが、皆様は学校、会社、自治体など、なかなか支援の手が伸びにくい所に存在し、社会のスピードについていけず段々ひきこもってしまうことがあるそうです。なぜ会社仲間が自宅まで心配で訪ねて、コンプライアンスの意に反しているなど言えるのだろうか?コンプライアンスは大事ですが、ただその中でやっていったら相手のフォローはできない。ワークライフバランスやダイバーシティの言葉も、自分以外の誰かのためや社会のために行わなければ意味を持たない。そんな風に渡邉は社会の危機感を訴えてました。


社会問題解決セミナー.jpg


私達FDAスタッフはこの問題解決に向けて勉強をしなければなりません。
問題解決するには、ベースとなる知識、勉強が絶対必要です。
しかし、案が出ても、実際に行動して解決の導きを記すには人間の根源である志が絶対不可欠なのです。
渡邉は、目の前のお客様へ真剣なお願いをしながら、その向こうで会場に同席させて話を聞いているFDAトレーニング生にエールを送っているのでしょう。

そして、就労困難な方々への導きに、もっと今以上に業務に励めと、ISFnetグループ社員の方々、そして私達FDAスタッフに訴えているのだと確信しました。

このような勉強会の機会を授けて下さった理事長の渡邉に感謝。この場を借りてお礼を申し上げます。

そしてお忙しい平日の中、わざわざFDAまでお越しくださった沢山のお客様、本当にありがとうございました。

これからもFDAは様々な就労困難な方の支援のために新しい情報、トレーニング状況などを提示してブログ、ホームページで公開させて頂きます。
今後のFDAにご注目下さい。


FDAでは随時会員の募集と寄付の受付をしております。
会員の募集
http://www.fda.jp/index.php/admission/membership_component

寄付の受付http://www.fda.jp/index.php/subscribe

| 次へ