• もっと見る

« FDA情報 | Main | 会員»

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 転職キャリアブログ 職業訓練へ


FDAへ寄付をする
フィードメーター - NPO法人 FDA 「未来ノート」で道は開ける!/渡邉 幸義
社員みんながやさしくなった/渡邉幸義

美点凝視の経営 障がい者雇用の明日を拓く/渡邉 幸義
雇用創造革命/渡邉 幸義
社長のメモ/渡邉幸義
会社は家族、社長は親/坂本 光司
ひきこもりゼロの社会はつくれる (<CD>)/渡邉幸義
こころのはなのさくところ/のじまひさこ

検索
検索語句
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール

Future Dream Achievementさんの画像
リンク集
QRコード
https://blog.canpan.info/fda/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fda/index2_0.xml
【イベント案内】14年10月10日(金)続・20大雇用百年塾(第1回)のご案内 [2014年10月03日(Fri)]


いつもありがとうございます。NPO法人FDA、B型利用者のSです。
14年10月10日(金)に続・20大雇用百年塾(第1回)が開催されます。
お忙しいかとは思いますがぜひご参加ください。

続・20 大 雇用 百年塾(全5回中第1回)
 
-------------
第1回 続・20大雇用百年塾 
2014年10月10日(金) 開催 (19:00〜)
ゲストスピーカー : 
◎現在選定中

参加費 4,000円 (学生の方は 2,000円)

定員40名(先着順になります) 
於:FutureDreamAchievement川崎事業所 
アクセス:JR線徒歩約3分、京急線徒歩約1分
第1回プログラム(予定)
18:30~    受付開始
19:00-19:30 瀬戸川礼子氏 ご講演
19:30-20:00 ゲストスピーカー ご講演
20:00-20:30 対談
20:30-21:00 質疑応答並びに交流会


お申込みはこちら
https://sv83.wadax.ne.jp/~fda-jp/index.php/tetsugakunokai


 
お問い合わせ: NPO 法人FDA
TEL: 044-245-5112
Mail: info@fda.jp
http://www.fda.jp
【イベント案内】14年10月9日『FDAご家族と語る会・ランチ会』のご案内 [2014年10月03日(Fri)]


いつもありがとうございます。NPO法人FDA、B型利用者のSです。来週の9日(木)に「FDAご家族と語る会」が開催されます。お忙しいとは思いますが、ぜひご参加ください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    14年10月『FDAご家族と語る会・ランチ会』のご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


★:*:☆・∴・∴・∴・∴・∴‥∴‥∵‥∴‥‥∵∴・∴・∴・∴・☆:*:★


★<開催日>
2014年10月9日(木): 11:00〜13:00(10:30開場)


★<会場>
『Future Dream Achievement 川崎事業所』
(神奈川県川崎市川崎区駅前本町15-5 十五番館ビル9階)
アクセス:JR線川崎駅から徒歩約3分、京浜急行線川崎駅から徒歩約1分
 ※開催場所にご注意ください。

★<定員>
30名

★<プログラム>

11:00〜    :開会
11:05〜11:50 :NPO法人FDA 役員 より
        『FDA事業内容の説明〜設立より現在まで〜』
11:50〜12:00 :質疑応答
12:00〜13:00 :ランチ会

※運営の都合上スケジュールが一部変更になる場合がございます。

★<参加費>
1,000円
※ランチ会参加者のみ頂戴いたします。
※当日受付にてお支払下さい

【申し込み】
 下記URLにお申込みください
 ※先着順でございますのでお早めにお申し込みください
 https://sv83.wadax.ne.jp/~fda-jp/index.php/tetsugakunokai


ご家族と語る会・ランチ会片方のみ参加の方は、その旨をお問い合わせ欄に記載いただきますようお願い致します。


皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。
【News】大田区花火大会2014〜ビルから見る風景! [2014年08月15日(Fri)]

皆様、夏休みを楽しんでますか?
お仕事で忙しい方も、勉強漬けの方も私たちと一緒に楽しめるものはないでしょうか?

こんにちは、NPO法人FDAスタッフの島佳代子でございます。

本日はこれから、東京と神奈川の境目である多摩川で年に一度のビックイベントが開催されます。

大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典

そう、夏といえばお祭り!花火大会!!

実は、FDAの第二事業所はJR川崎駅から徒歩8〜10分ほどの多摩川そばにあるモリビルの中に
あります。
そこの窓から見る風景は、多摩川を悠然と見渡す絶好のロケーションです。

写真 (3).JPG


ここから今夜の花火が見えるのでしょうか?
今からドキドキです。


【日時】
平成26年8月15日金曜日 午後6時から午後8時10分(荒天時中止)

【プログラム】
第1部 アトラクション
第2部 平和記念式典
第3部 花火打上げ 午後7時30分から午後8時10分

【会場】
大田区西六郷四丁目地先(多摩川河川敷)

【交通】
会場へは、公共交通機関をご利用ください。

【電車】
京浜急行線「六郷土手」駅から徒歩約5分

【バス】
(1)蒲田駅西口から東急バス「六郷土手」行きで「六郷土手」下車徒歩約3分
(2)蒲田駅東口から京急バス「羽田車庫行き(六郷橋経由)」で「六郷橋」下車徒歩約7分

※なお、川崎側河川敷での見物は、河川敷が狭く危険ですので、ご遠慮ください。

更に詳しいことは東京大田区のHPでご確認下さい。
http://www.city.ota.tokyo.jp/event/event_kankou/hanabi.html

このブログをご覧になった皆様。
是非、私達と一緒に多摩川の花火大会を楽しみませんか?

もしかしてどこかのビルを覗けば、私達のはしゃいだ顔を見るかもしれません。

写真 (4).JPG


早く夜になりますように・・・・

【News】自殺から救った恩人探しキャンペーン 〜感動の結末〜 [2014年02月10日(Mon)]


皆さまこんばんは。

この間の大雪は大変でしたね。インフルエンザなども流行っており、体調管理が大変な今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?スタッフの一色でございます。

今回は、先日BBCラジオで放送されていた、素晴らしい話についてご紹介したいと思います。

そのニュースとは、あるビデオブロガーが、彼の命を救った見ず知らずの男性、名付けて“マイク”さんを探すために、キャンペーンを立ち上げた、というものです。

そのビデオブロガーとは、ジョニー・ベンジャミンさん26歳。彼は、統合失調性感情障害と診断され絶望し、2008年の1月のある日、ロンドンのウォータールー橋の上で自殺を考えていました。まさに飛び込もうとしていたその時、見ず知らずの男性が、「コーヒーを飲みながら一緒に話そう」と近づいてきたそうです。その男性は、過去に自分も同じように感じたことがあった、でも状況が良くなって今がある、とジョニーさんに話したと言います。悲嘆にくれ、絶望していたジョニーさんでしたが、“マイク”さんの親切が彼の人生観を変えたそうです。

自分より少し年上で出勤途中だった、ということ以外、“マイク”さんについて殆ど覚えていなかったジョニーさんですが、見ず知らずの人間が示した共感・信念・決心に強く心を動かされ、“マイク”さんを探し始めました。

ジョニーさんはこれまでに40本程ビデオを投稿しています。精神障がいに関する周囲の偏見との闘いや、就業に関する苦労などを率直に語り、統合失調症を含め精神障がいに対する認識を高めるために活動されているそうです。

このニュースについて執筆中に、追跡記事を見つけて興奮した私です。その記事とは、ジョニーさんのこれまでの努力が実り、とうとう命の恩人と再会を果たすことができた、というものでした。彼を助けた“マイク”さんは、サリー州の31歳の“ニール”さんで、婚約者の話でジョニーさんの活動について知り、自分のことだとすぐに分かったそうです。ジョニーさんが配ったチラシが、FacebookやTwitterで拡散され、著名人も彼の恩人探しに加わりました。以前ニートの記事で名前を出したことがあったかと思いますが、副首相のNick Clegg氏もその一人です。

ただシンプルに“聞く”という行動が、精神障がいを患う人達にとっていかに大きな助けとなるかを学ぶべき、と記事は結んでいます。

2008年1月と言えば、奇しくも私自身うつ病が急激に悪化した頃で、この記事を読み、涙が抑えきれませんでした。ただひたすら自殺を考える日々、耐え難い無気力状態と静かに闘う毎日。この、まさに“失われた時間”を思い出す度、息が苦しくなるようなフラッシュバックに襲われます。

「ただの甘えだ」「心が弱いからそんなふうになるんだ」「もっと苦しい人は他にもいる」最近うつ状態になった友人も、これだけうつ患者が増えている今、未だにこんなことを言われるとは驚きだ、と話していました。私は、患者に甘えが全くないとは思っていません。これまでに挫折を経験したことがなかったり、障がいに甘えている人もいるでしょう。ただ、安易にこれらの言葉をかけてしまうと、患者は心を閉ざしてしまいます。本気で治りたいと決心するかどうかは患者にかかっており、回復にはその決心が必須ですが、それが活きる条件の一つが周りの環境です。私の場合は、運良く両親や周りのサポートがあったので、辛い時期を乗り越え、今があります。一番苦しいのは患者本人です。寛解した今、私自身忘れがちなことですが、受け入れてもらえることでどれだけ救われるかを再考し、まずは、患者の心中を慮って、ただ耳を傾ける、を心がけていきたいと思っています。


http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-london-25716394

http://metro.co.uk/2014/01/30/finding-mike-jonny-benjamin-reunited-with-the-stranger-who-saved-him-from-suicide-bid-4282482/

【News】“全員が取締役!?NEET株式会社”〜満を持しての会社設立〜 [2014年01月10日(Fri)]


皆さま、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

あっという間のお正月休みだったかと思いますが、サザエさん症候群に悩まされたりはしませんでしたか?スタッフの一色でございます。

今回は、昨年末に大きく報じられた、“NEET株式会社設立”に関して取り上げたいと思います。

NEET株式会社は、北は北海道、南は沖縄までの全国160人以上のニートたち全員が取締役に就任するという変わった形態の会社です。昨年6月に説明会が開催され、11月21日(いいニートの日)に正式に設立されました。代表取締役会長は、いつでも解任できる状態にあり、ニートたちに序列を付けないために、便宜上存在するということです。

どんな事業を展開するのかというと、現在30から40のアイデアがあり、大きく分けると「独自商品やサービス」「システム開発などのアウトシーシング」「広告代理店や芸能プロダクションとのコラボレーション」の3つの事業ジャンルを予定しているとのこと。具体的に商品化が検討されている主な案は、富士山などの自然・観光地や可愛い女の子の部屋の空気を詰めた「空気の缶詰」、飲んだら元気が減る「逆エナジードリンク」、西洋的な世界観でさくさく進む「デジタルゲーム」などだそうです。面白い発想です。個人のバックグラウンドは様々で、プログラムの知識や法務関連の知識、イラスト、デザイン、占いなどのスキルがある人もいるそうです。

多様性が認められる社会というのは素晴らしいと思いますが、設立趣旨として、「全員平等で、うるさい上司も利益だけ搾取する第三者もいません。」「ぬるくて気だるい、成熟し閉塞した日本の社会を少しでも面白くしていくには、現状に違和感を抱きはみ出してしまったアブノーマルでマニアックな少数派が、新しいビジネスやワークスタイルを実験的に模索していくことが必要」ということが書かれているとのことで、この点に私は違和感を持ちました。「弱者として扱われるのはごめんだ」と、自ら社会を離脱し、理想郷のような場所を求めているとすると、本当に社会に溶け込むという意味で望ましい形なのかなと思うからです。実際の応募者の中には、自分は正しい選択をしているのか?この会社に将来性はあるのか?もし失敗しても、次の転職先の面接で、この職歴をアピールもできないし・・、と悩む姿も見受けられたようです。独自のルールの世界で生きるということは、自由な反面、孤立を深め、その中でしか生きられないという危険もはらんでいると感じます。私は、人材の多様性について企業側の考え方が徐々に変わり、ニートと呼ばれる方達が自ら就職を勝ち取って、誇らしいと思いながら会社に通い、特別な名前で区別されることなく社会に受け入れられることを目指したいと考えます。

ただ、間違いなく賛否両論が巻き起こる、このような会社を作ってしまうチャレンジャーは、個人的に好きです。彼らが社会をどのように変えていくか、今後の活躍に期待したいと思います。

参照URL
http://thepage.jp/detail/20131210-00000018-wordleaf?page=1

http://irorio.jp/kawasemi_tubasa/20131218/96838/

http://news.mynavi.jp/news/2013/12/05/315/
| 次へ