• もっと見る

Main | FDA情報»

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 転職キャリアブログ 職業訓練へ


FDAへ寄付をする
フィードメーター - NPO法人 FDA 「未来ノート」で道は開ける!/渡邉 幸義
社員みんながやさしくなった/渡邉幸義

美点凝視の経営 障がい者雇用の明日を拓く/渡邉 幸義
雇用創造革命/渡邉 幸義
社長のメモ/渡邉幸義
会社は家族、社長は親/坂本 光司
ひきこもりゼロの社会はつくれる (<CD>)/渡邉幸義
こころのはなのさくところ/のじまひさこ

検索
検索語句
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール

Future Dream Achievementさんの画像
リンク集
QRコード
https://blog.canpan.info/fda/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fda/index2_0.xml
【活動報告】渡邉社長の一日鞄持ちに参加させて頂いて [2016年02月12日(Fri)]

こんにちは。インターンシップでお世話になっております、武蔵野大学の湯浅で
す。


2月10日に渡邉社長の一日鞄持ちに参加させて頂きました。この一日鞄持ちは、
私た
ちのような学生に渡邉社長の一日を間近で見学する機会を与え、渡邉社長の行っ
てい
る事業の社会的な重要性や魅力を感じてもらう事を目的として行われているもの
です。

私はその中で、渡邉社長の気さくな人柄や、三十大雇用にかける想いにとても驚
き、
一日を通して多くのことを学ぶことが出来ました。

社会的弱者と呼ばれる方が普通に働けないのはおかしい。このような当たり前のこと
を、当たり前だと強く主張し、三十大雇用に力を注いでいる渡邉社長に、私を含め一日鞄持ちに参加していた七名全員が強く感銘を受けていました。

また、大学生に向けてのセミナーや社会起業塾の中で、「学生にバトンを渡したい」という想いも話して頂き、私たちが渡邉社長のなされている事を引き継がなければならないと感じ、身が引き締まる思いでした。

社会には、間違えていることを間違えていると言えない場面は多々あると思いす。
その中で、はっきりとそれは間違えていると強く主張できる渡邉社長の姿はとも偉大だと思いますし、その姿を私達学生が受け継いでいくことが重要だと思いました。

あと二日間と残り少ない期間ですが、インターンシップで学んだ事を「どうしたら将来に繋げていけるか」という事を強く意識して、精一杯頑張っていこうと思います。
【活動報告】成長速度は自分のペースで [2016年02月12日(Fri)]

こんにちは。
インターンシップでお世話になっています、矢ア美穂です。

2月2日から始まったこのインターンもとうとう折り返しを過ぎ、残りの日数も短いものとなりました。その中で私が学んだのは「自分のペースで成長するのでいい」ということです。

初日から地域創生セミナー、また最近では渡辺社長の未来ノート勉強会など通常の業務以外にも様々なものに参加させていただきました。
その中、インターンシップも半ばに近づいたある日、「自分は成長できているか」と悩んでしまいました。周りはどんどん色々なことを吸収し前に進んでいるのに自分は果たしてそうであるか、ということを考えてしまい不安にかられました。

しかしながら成澤理事やスタッフの方々とのお話や、利用者の方々の働く様子を見て、だんだんとその考えが改まるようになりました。まずは自分のできる範囲で仕事をし、そしてできる範囲をどんどん広げていく。その際に周りと己を比べる必要はなかったのです。

無理をして周りに合わせる必要はなく、自分のペースで成長するのでいい。今まで理解しているようでできていなかったそのことに気づくことができました。

不安になって固まってしまうのではなく、小さくとも一歩ずつ前に進んでいければよいと考えることができるようになれたと思います。


小さくとも大きくとも、遅くとも早くとも一歩は一歩。成長も同じこと。
FDA様をインターンシップ先として選んで本当によかった、と感じています。

残りあとわずかですが、一生懸命頑張っていきたいと思います。
【活動報告】未来ノート勉強会に参加して [2016年02月09日(Tue)]

こんにちは。

インターンシップでお世話になっております武蔵野大学の柳田です。


インターンシップが始まってから1週間が経ちますが、たくさんのことを学ばせて頂き、充実した毎日を送っております。


先日、アイエスエフネットグループの渡邉代表による「未来ノート」の勉強会に参加させて頂きました。未来ノートとは渡邉代表が毎日書いているノートで、未来の予定、目標、自分に自信をつけるための言葉などを書いているとおっしゃっていました。


渡邉代表の未来ノートは300冊を超え、毎日4時間ほどはノートを書く時間にあてているそうです。

この勉強会で私はたくさんのことを学びました。


その1つが準備をしっかりとするということが効率化だけでなく、相手を大切にすることに繋がるということです。渡邉代表は、予定に対して5週間前から準備をするようにしているそうです。準備をしっかりとすればするほど無駄のない効率的な行動に繋がるということ、また、準備の量は相手に伝わり、準備をしっかりしていればいるほど相手は大切にされていることを実感するということを学びました。


私は現在大学2年生なので、学生生活も折り返し地点にきております。残り少ない時間を大切にするために、より良い時間を過ごすために、足元ばかりでなく遠くを見つめていこうと思いました。また、準備をする努力を怠らないことで、自分のまわりの人を大切にしていこうと思いました。


【活動報告】第2事業所周辺のゴミ拾い [2015年10月30日(Fri)]

2015年10月30日(金)

今日は、久しぶりに利用者と愛ボラ作業をしました。
今回、第2事業所周辺でゴミ拾いをやりました。
第2事業所周辺は、思ったよりゴミが多かったです。

マナーが悪い人が多い事が分かりました。
だからこそ私は愛ボラ活動でゴミ拾いをやって行こうと思います。
                    島
【活動報告】勝見塾開講、ランチ会〜FDA理事からの学び! [2014年01月26日(Sun)]

皆様、いつも一緒にいる人とのランチを楽しみながらも、目上の方々とのランチも積極的にお付き合いする今日この頃、いかがお過ごしですか?
こんにちは、NPO法人FDAの島佳代子でございます。

1月22日(水)はFDA執務室内にサポートワン株式会社の代表であり、FDA理事の勝見さん、スタッフの下川さんがお越し下さいました。

長い人生経験を積んだ勝見理事と下川さんのお話はFDAトレーニング生はもちろん、スタッフも楽しみにしています。

厳しい現実をお話しされながらも、笑いも交えたユーモアあふれるランチ会はいつもFDAトレーニング生、スタッフの楽しみであります。

写真 (25).JPG



勝見理事からのお話の後は質疑応答の時間です。
トレーニング生の質問が終わった後は、スタッフである私が思い切って手を挙げました。

「コミュニケーションに悩みを抱える私はこれから、どんな風にスタッフ、トレーニング生とコミュニケーションを図るべきか?」
この質問に勝見理事は「行動を否定したわけで、別にあなた自身を否定されたわけではない。」

このお答は育児にも通じるお言葉でした。
「なんであなたはそうなの?」これでは注意というより人格を傷つけています。
「なんでそんな”こと”をしたの?」つまり行動にフォーカスしてその人の人格を否定するなという人間のコミュニケーションの本質を教えて頂きました。


写真 (27).JPG

トレーニング生を支援する立場ではあっても、自身の辛さを乗り越えていくのは、あくまでトレーニング生本人であること、だから「頑張る」事より「一生懸命」である事の大切さをトレーニング生のみならずスタッフである私達も学ばせて頂きました。

勝見理事、スタッフの下川さん、お忙しい中、FDA青山へお越し下さり誠にありがとうございました。

これからもFDAスタッフ、トレーニング生をどうぞ宜しくお願いします。

| 次へ