CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« おいしい休日 | Main | お父さんからの感想»
ついに本が出ました [2015年02月07日(Sat)]
親子で楽しむ農業雑誌に連載しておりました、おやじの食べ物講座が、なんと本になって出版されました!!

現在、書店やアマゾンで好評発売中です。

本のタイトルは・・・
『ひらめき! 食べもの加工 おもしろ実験アイデアブック』

では、その本の紹介を少し・・・

内容紹介
素材の性質を知ったり、発酵や糖化に出会ったり、加工食品作りはなるほどの連続。作り方の解説だけでなく、親子料理の達人である著者が、「稲ワラ以外の枯草で納豆ができるのか!?」「ヨモギ以外の草で草餅を作ったらどうなる!?」なんていう「実験」の要素を加えた、楽しい加工食品作りを紹介する。アルミ缶アイス、グルテンガム、ジュースグミなどのお手軽加工から、稲ワラ納豆、松葉のサイダー、麦芽水あめなど、発酵や糖化が関わる加工まで。加工の原理を知って実験して、親子で楽しめる手作り加工食品の本。

出版社からのコメント
こども農業雑誌「のらのら」(農文協)で好評だった連載が単行本になりました。 松葉サイダー、ドングリコーヒー、その辺の草でつくる草だんごなど、台所だけでは収まらない、ちょっと変わった加工食品づくり。親子で、友達で、イベント的に楽しんだり、自由研究のテーマにもおすすめです。

といった内容です。

昨日も新聞社からの取材が有り、なかなか面白い本ということで、取り上げてくれるみたいです。
この本をネタ本にして、休日に親子で過ごす時間を楽しんで頂ければと願っています。


『ひらめき! 食べもの加工 おもしろ実験アイデアブック』
みんなそろって「いただきます!」 [2009年11月20日(Fri)]
以前、「いただきます!」をテーマにして講座を展開していた活動を、ビデオクリップ調にまとめたものが在ったので、YouTubeにアップッしてみました。
3年前に作成したものですが、今見ても、中々の出来栄えです。

今回東京に出張した折に、映像の力について再認識したので、あえてここで紹介してみようと思ったのです。

また新規事業で、「お父さんと子どもの料理の映像配信事業」を展開することを決意!!

さわやか福祉財団の「連合・愛のカンパ」新規事業立ち上げ準備金支援に申し込みました。結果待ちです。これが通れば、また面白い展開となること間違いなしでしょうね。

楽しみです!!

では、みんなそろって「いただきます!」の画像をごゆっくりお楽しみ下さい。



YouTubeで紹介 [2009年11月11日(Wed)]
日本財団CANPAN第4回ブログ大賞の副賞として、ソーシャルメディアプロデューサー 榎田竜路さんが動画を制作してくれました。バックに流れる素敵な曲は、榎田さんご本人作曲によるものです。
すばらしい出来上がりで、感動しております。
ちょっと聞き取りにくい音声は、電話インタビューによるもので、声の持ち主は、代表の岡本です。
YouTubeサイト → 「おやじの休日の会」(動画)紹介

CANPAN第4回ブログ大賞【フリーテーマ部門賞】を受賞いたしました [2009年10月03日(Sat)]
CANPAN第4回ブログ大賞【フリーテーマ部門賞】を受賞いたしました


日本財団が運営する公益コミュニティーサイト「CANPAN」(カンパン)にあるブログの中で秀作を年に1回表彰する「CANPAN第4回ブログ大賞」の各賞が1日、発表されました。

このブログも一次選考を通過していて、 【フリーテーマ部門賞】を受賞したとの連絡を頂きました。
とてもありがたく感激しています。
また、このブログと「おやじの休日の会」を応援していただいている皆さまのおかげと感謝しております。

評価されることによって、またモチベーションが上がり、更にいい活動や記事につながっていきそうな気がいたします。

2009月11月7日(土)には、ブログ大賞の受賞者が一堂に会する「CANPANブログ大賞シンポジウム」が東京都赤坂 日本財団ビルにて開催されるそうです。そこで授賞式とパネルディスカッションを行なわれるとのこと。もちろん、私も出席しようと思っています。

皆さま、応援を頂きまして本当にありがとうございました!


▼毎日新聞のウェブサイト(マイECO)にCANPANブログ大賞受賞団体
が決まった旨掲載されました。▼
↓ ↓ ↓ ↓
http://mainichi.jp/life/ecology/info/news/20091001org00m100010000c.html




中日新聞に紹介記事が掲載されました [2009年09月16日(Wed)]


中日新聞の15日の夕刊の子育て応援の欄に「おやじの休日の会」が紹介されました。

料理を通じて父親の存在意義を再発見し、家族のきずなを深める・・そんな「おやじの休日の会」の紹介文に始まり、お父さんにしか出来ない面白いオリジナル企画が紹介されました。

この記事を通じて、
料理を子どもたちと一緒に楽しむお父さんたちが、どんどん増えていくこと願っています。
ミニコミ誌に掲載パート2 [2009年08月23日(Sun)]
中日新聞の地域向けのミニコミ誌「タウンニュースてんぱく」に「おやじの休日の会」の活動が紹介されました。

同じタウン誌のメルマガでは毎週、料理レシピや情報を提供しているのですが、改めて、紙面で紹介したいとのことで先日取材を受け、掲載されました。

とてもいい感じに会の活動内容をご紹介いただいております。

こうやって皆さんから応援されている活動なんだな〜と改めて思います。

実際、仕事と家庭を両立させながら、微妙なバランスで続けているので、正直きついこともありますが、少しでも皆さんのお役に立てているのであれば、頑張らねばと思うわけです。

根は単純なものです。

この記事で元気をもらったわたしは、新しい企画でどうしようか迷っていたものがありましたが、吹っ切れました。「よし、チャレンジしよう!」

行動を起さなければ何も始まらない!

昨日、「ドリームプラン・プレゼンテーションin名古屋」という企画があり、友人がその中で自分の夢をプレゼンするから応援に来て欲しいとのことでしたので、応援に行ってきました。

プレゼン発表者7人の中から、一番感動と共感した人を選んで、感動大賞を決めるという内容です。全国大会もあるみたいです。
そして、彼は、見事大賞を受賞しました。
そんな彼を見て、「夢を大声で発信して、行動していけば、夢は実現していく!」

なんだか不思議ですが、自分で迷ったりした時に、必ずいろんな形でメッセージや応援が入ります。今回の一連の流れは、私に行動を起すように即しているように思えます。

皆さんと一緒に行動し、一緒に感動したいです!
ミニコミ誌に掲載 [2009年08月22日(Sat)]
先日、名古屋リビング新聞社さんから、夏休みの「育メン」(育児するメンズの意)の特集をするので、取材させて欲しいとの連絡があり、喜んで引き受けさせていただきました。

もっと優等生の「育メン」はたくさんいると思うのですが、いつのまにか名古屋を代表する「育メン」なってしまいました。(笑)
きっと優等生でないところがいいのかもしれませんね。

紙面では、先駆け「育メン」が子育て指南との大きなタイトルがついて、ファイル1として紹介されている。

以下掲載内容をそのまま掲載させていただきます。


得意の料理でパパ力を発揮!

「始めは、子どもがなつかなくて戸惑いました」と話すのは、パパ&キッズ向けイベントを開催する「おやじの休日の会」の岡本さん。熱心に仕事をするあまり、長男の育児は奥さんに任せきりでした。「妻に“一人で面倒を見るのは疲れた”と言われたことをきっかけに夫婦で話し合い、なるべく子どもたちと一緒に過ごす時間を作るようにしました」と続けます。
「いざ育児参加!」と気合を入れて臨んだものの、子どもは泣いたり騒いだりと思うように行かず、心身ともに思うようにいかず、心身ともに消耗する日々。「無理なことをしても続かない。自分が出来ることはナンだろうと一生懸命考えましたね」
発想の転換によりたどりついた結論は、“休日に家族で料理を作ること”。「子どもたちには、卵を割ったり、かき混ぜるなど、簡単なことから手伝わせました。笑顔が増えていくたびにうれしくて、父親になれてよかったと実感しています」と笑顔が光ります。

以上です。

いや〜流石に記者さん!まとめるのがお上手です!
プロにそんなことを言ったら失礼かな?
普通は、記者さんがカメラマンを兼任するのですが、今回は特別扱いなのでしょうか?プロのカメラマン同伴で、取材にみえました。
この写真が、またすばらしい!ナイスな写真を掲載していただきました。

「イケ面」にはなれなかったですが、この年で「育メン」になれたのは光栄です。
優等生は疲れるので、まあ、楽しみながら「育メン」をやっていけたらと思います。

それと驚いたのは、同紙面には、全国的に超有名なファーリングジャパン代表の安藤氏がコメントを寄せ紹介されていたことです。
私も尊敬する安藤氏と同じ紙面に載せて頂いて、なんとも光栄でございます。

最後に、失敗がありました!
妻の年齢を紙面に掲載してしまったことです。
途中で気が付き、あわてて訂正をお願いしたのですが、入稿してしまったあと・・・・
あとのまつりでした・・・
妻は激怒で、しばらく口をきいてくれませんでした。
また、この新聞は妻の友人や知り合いがよく見ている新聞らしく、何処に行っても、意味深に「見たよ〜」といわれているみたいで、その度に・・・・

周りへの気配りには気をつけないといけませんね。反省です・・・
「CANPAN NEWS」内で活動が紹介されています [2009年08月06日(Thu)]
日本財団が運営する社会貢献サイト「CANPAN」の中の「CANPAN NEWS」のなかで、『挑戦者たち』とのお題で、草の根で活動を続けている挑戦者たちの顔を伝えている。

このブログで発信している内容が面白いとのことで、日本財団の担当者の方からオファーがあり、取材を受けて今回ネット上で紹介記事が公開される運びとなりました。

取材を担当された、パワーボールの編集長さんの書かれる記事は流石で、とりとめもなくお話した内容を、ピタリと核心を突いた見事な内容に仕上げてくださいました。プロのお仕事だと感心してしまいます。

あまりにもすごい内容に書いて下さっているので、少し「照れるぜおや〜ぢ」状態でしょうか?

こうやって、記事になると、自分の行っていることを、客観的な視点で再確認するいい機会となります。何はともあれ、とても有難い事と感謝感謝で御座います。
食育活動13好評連載中「たべものおもしろ加工」発刊しました [2009年03月22日(Sun)]
農山漁村文化協会刊の『食育活動 No.13―自然と人間を結ぶ』が発売されました。好評連載中の今回の記事は、「ダチョウの玉子で作る、びっくり茶わん蒸し」です!
【参考】食育活動 No.13

本当は、今回で連載が終わる予定だったんですが、担当者の方に、「もう少しやりましょう!」ということで、次回も掲載予定です。

でも、ネタが・・・・

担当者の方曰く、「是非、新しいアイデアを試してみる機会にして下さい」との温かいお言葉!

その気持ちに応えるべく、この連休は一休さん状態で、アイデアをひねり出しています。

追い詰められると力を発揮するタイプなのでしょうか?またまた面白いことを考え付きました。現在、図書館やネットで情報を集めています。

次回も、なかなか面白い記事になりそうです!

今週の頭に、企画会議があるそうなので、担当者の方に一報入れとかないといけないな〜。

いやー、おやじの休日の楽しみを、全国のお父さんたちに伝えたいですね!
「みんなそろって、いただきます」 [2008年08月15日(Fri)]
「みんなそろって、いただきます」 が公開されました。

平成18年に「いただきます」の意味を親子で体験を通じて考える講座を、愛知県青少年育成事業の事業委託を受け実施しました。その報告書を登録いたします。

関連する成果物
食育コンクール2006 特別賞受賞


成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)