CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«金胡麻栽培塾の卒業式 | Main | 鮭のちゃんちゃん焼きを作ってみよう!【第47回】»
天然うなぎ釣りは男のロマン [2009年09月23日(Wed)]

なぜ男どもは、天然うなぎ釣りにそんなに熱くなれるのか、妻たちには理解できないようだ。
それに子どもを巻き込んでの夜釣り=危険、そして風邪でも引いたり、川へおちて流されでもしたら・・・。
心配する気持ちもわかるが、少し危険な冒険の中に、男の夢は存在しているような気がする。

自分が少年だったころ、危険な遊びもしたが、子どもたちだけで出来る範囲はあって、それ以上のことに大人を付き合わせることは出来なかった。

そんな不完全燃焼の少年の気持ちをどこかに忘れていたのですが、ある青年との出会いで、その思いが再燃してしまった。

その青年(出会ったころは少年)は、私達が少年時代に出来なかったことを、次から次へと純粋な思いでやってのけてしまう。自分も少年時代にこの行動力があれば、不完全燃焼にしたまま大人にならずに済んだのかもしれない。

いや、まだ遅くはない!
仕事が忙しい・・・妻の理解が得れない・・・

そんなのは言い訳!!
そんな壁も乗り越えて、いざ、 「天然うなぎ釣りにチャレンジ!!」

そんな意気込みで22日に計画していた会員限定のクローズド企画でしたが、ちょっとしたハプニングがあり、中止となってしまいました。

遠足が雨で中止になった少年のように落胆してしまいましたが、こんなことでへこたれる私ではありません!!

必ず、天然のうなぎを釣り上げ、蒲焼きにして食べるぞ!!
と改めて決心を強めたのでした。



そんな落胆した気持ちを少しでも取り戻そうと、木曽川の立田大橋へ、「おやじの休日の会」のスタッフの皆さんとハゼ釣りに行ってきました。
少し小ぶりでしたが、まずまずの釣果に満足。



釣り上げた「ハゼ」は、その場でから揚げにして食べました。
「いや〜、美味しかった!!」

次は絶対にうなぎを釣るぞと、皆で誓い合いあっのでした・・・

この男のロマンは、妻にはわからないだろうな???

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント