CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«講座開催のお知らせ | Main | 全国親子クッキングコンテストに応募してみませんか?»
豪快!まぐろの兜焼きは、お父さんの料理!【第44回】 [2009年09月05日(Sat)]

★豪快!まぐろの兜焼きは、お父さんの料理!★

アウトドア料理で、簡単で美味しい料理は?とよく聞かれることがあります。それならこれ!と必ず教えるのがこの料理!「まぐろの兜焼き」なんです
だって、塩をして焼くだけなんですから・・・

一般的なご家庭だと、お父さんががんばって料理をしても、とてもじゃないけどお母さんより美味しく作ることは出来ません。だったら、お母さんが作れない料理、作ろうと思わない料理で、家族や友人を「あっ」と驚かせるようなアウトドア料理を作ってみてはいかがでしょうか?

ちょっと手に入れるのに苦労(ネットで取り寄せ出来ます)しますが、そんな壁は軽く乗り越えてしまってください。家族の美味しい笑顔と、驚きの顔を見たいお父さんは、是非チャレンジしてみてください!

あらかじめ、注意しておきますが、これは、家のオーブンでも出来るのですが、絶対に野外で焼いてください。家で焼くと、家の中のカーテンを全部洗わないといけなくなるくらい、匂いが充満して大変なことになるからです(我が家の失敗談)。

準備  
では、「まぐろの兜焼き」を作っていくのですが、ネットで注文すると、大抵マグロはカチンカチンに凍った状態で送られてきます。鮪は、凍っているうちにノコギリで縦にふたつ割りにするのですが、この作業が、結構大変なので、注文の時に、2つ割にしてくれる業者を選んだほうがいいでしょう。そして、凍ったマグロをおよそ半日かけて解凍します。
血や体液がかなり出てくるのでこまめに拭き取っておくといいでしょう。
焼く寸前に多めに塩としょうがのすりおろしたもの(しょうがの代わりにコショウでもいい)を全体にすり込み、アルミホイルで包む。塩を多めにする理由は、軽く振る程度では多量の脂で流されてしまうからだ。

料理の手順 
炭火のオキ火を作っておく。ここは通常のバーベキューの準備と同じです。
アルミ箔で覆った半割にしたマグロの頭は、目玉の側から焼き始める。
1時間たったら次は頭を立ててさらに1時間焼く。
最後に内側を1時間焼いて完成。
その間水分と脂が出てくるのでたまにホイルの端から排出させるのがコツで旨味がさらに凝縮される。これをしないと煮たような仕上がりになってしまうのだ。
焼き上がりまで3時間もかかるスローフードなメニューなので、時間配分をきちんとしてみんながお腹を空かせているタイミングに提供できるよう逆算して作ってくださいね。

美味しさも栄養もたっぷり!
この料理のいいところは、その中に含まれる栄養素なんですね!マグロの頭には、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)などの必須脂肪酸や、美肌効果のコラーゲンを含むゼラチン質の他、必須アミノ酸が豊富に含まれ、栄養満点です。子どもは頭が良くなるし、お父さんは血液サラサラ、お母さんはお肌つやつやになっちゃいます。

では最後に参考までに、通販でマグロの頭が取り寄せできるサイトをご紹介いたします。
天然まぐろの魚有

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント