CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ミニコミ誌に掲載パート2 | Main | 美味しい天然うなぎを食べたい!»
お父さんの悩み・・・ [2009年08月28日(Fri)]
仕事以外の場面で、地域のお父さんの一人として、何か貢献できることはないか?という思いで模索しながら、活動を続けております。

ただ、正直、仕事や家庭とのバランスの中で、それこそワークオーバーになってしまったり、精神的に非常に苦しい思いをしたこともあります。

普通に考えるなら、お金にならないことに時間と労力を払って、神経も使いながら続けていくことは考えられないことだろうと思います。

「なぜそこまでやるのか?」「何のためにやるのか?」を自問自答をすることがあります。

でも答えは見つかりません。

人との出会いの中で勇気をもらい、「俺にも出来るかも?」と小さなことからはじめたことが、次から次へと、徐々に大きな課題が自分の目の前に来るようになり、「NO」といえない性格なので、目の前の目標に向かって、自分のできるだけのことを精一杯やってきただけなのです。

ただ、確実に言えるのは、最初は私の中の小さな個人的な思いでしかなかったことが、行動を続けていくうちに、多くのお父さんたちの思いでもあるのではないかと・・・
そんな風に思うようになってきたのです。

外に目を向けると、私だけでなく多くのお父さんたちが行動を起しはじめているのがよくわかります。

その中の代表的な一人、ファザーリング・ジャパンの安藤哲也氏です。

彼は、Fathering、つまり「父親であることを楽しむ生き方」を提唱し、「よい父親」ではなく「笑っている父親」を増やし、ひいてはそれが働き方の見直し、社会不安の解消、次世代の育成に繋がるといった理念のもと、NPOファザーン・グジャパンを組織して、多くの賛同者を集めて、社会的なアクションや仕組みを展開されています。

今私が一番お会いしてお話してみたい人です。

そんなことを思い続けていると、夢はすぐに向こうからやって来るから不思議です。

明日、東海圏に来られるということなので、ご挨拶に伺うことになりました。

すごく魅力的な方とお聞きしているので、お会いしてお話できることをとても楽しみにしています。

お父さんの個人的な悩みは、実は、多くのお父さんの抱える悩みや課題であって、それをどう社会的に解決していけばいいのか?
そんな大きなお話が出来るといいですね。

仕事上、大きなプロジェクトが始まり、益々時間的な制約を受ける中、どのようにFatheringしていくか?正直な悩みもぶつけてみようと思います。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
naonaosさん

いや〜、やっぱり何か起こりますかね?

私もそんな気がしています。

とりあえず「ぱーぱれーど」を手土産にして持って行こうと思っています。

注目していただいてありがとうございま〜す!
Posted by: おかもと  at 2009年08月28日(Fri) 23:15

ブログ楽しみに読ませていただいていますドキドキ小

岡本さんと安藤パパがついに出会われるとのこと。

ふっふっふ炎
これはまちがいなく何かが起こりますねぇ。
今後の動きにも注目したいと思います。
Posted by: naonao  at 2009年08月28日(Fri) 20:25