CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«じゃがいものちせ焼きに挑戦!【第33回】 | Main | わらびの根っこで、わらび餅!〜その1〜【第35回】»
スペアリブのぱーぱれーど煮【第34回】 [2009年07月05日(Sun)]
大好評のパパの作ったマーマレード=ぱーぱれーどを使って、スペアリブを作ってみようと思います。

これから、キャンプや近場の公園でバーベキューをしながら、ゆっくりとした時間の流れを家族と友人で楽しむのにもってこいのパパっこ料理ではないでしょうか?

ちょっとフルーツ系のソースを使うのは、酢豚にパイナップルを入れるのと同じで、以前から挑戦はしてみたかったのですが、なんとなく邪道のような先入観があったものですから、挑戦していなかったのですが、今回思いきってつくってみました。

しかし、意外や意外、柑橘系の香りと酸味がなんともいえない風味をかもしだします。今までにない満足感が得られました。そして、なんといっても若い女性に人気でした。

パパの株が一気に上昇する逸品です。挽回のチャンスです!
パパの挑戦を期待しています。

表題は、『ぱーぱれーど』としてありますが、市販のマーマレードでOKです。

では、作り方です。(今回はダッチオーブンを使います)



■■材料■■ (肉の量に応じて調味料も増やして下さい)

豚スペアリブ       450〜500g   
夏みかんのぱーぱれーど(マーマレード) 80〜100g
しょうゆ          50cc
日本酒          50cc

■■作り方■■

(1)調味料を合わせ、一晩スペアリブを漬け込む。
(2)スペアリブをなべ底に並べ、調味液も一緒に流し込む。
(3)鍋を火にかけ(中火)15分、一度ふたを開け、中の様子を見て焼き具合を確認しながら、肉をひっくり返す。そしてあと5分煮つめて出来上がり。

何と簡単なんでしょう!そして旨い!肉は鶏の手羽元や手羽先でもおいしいです。

【子どもと作るときのポイント】

あえて出番を作るとすれば、ぱーぱれーどを投入するところ、そして、スペアリブをダッチオーブンに並べるところですね。

美味しいスペアリブを食べるだけでなくて、自分も少し参加したことで、小さな成功体験となります。そんな成功体験の積み重ねが、料理を好きになる下地になっていきます。



【フライパンの場合】

フライパンの場合は、最初から汁を一緒に入れないで、最初は肉だけを焼きます。
片面を弱火でじっくり焼いて、ひっくり返し両面をしっかり焼いてください。
すぐにひっくり返すと、フライパンに肉がくっついてこびりつくので、しっかり焼いてからひっくり返してください。

しっかり焼いてから、たれを入れて絡ませるようにして焼いてください。
たれが煮詰まったら出来上がりです。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント