CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«子どもと一緒にひし餅作りにチャレンジ!【第24回】 | Main | 食育活動13好評連載中「たべものおもしろ加工」発刊しました»
日本財団「CANPAN」の取材を受けました [2009年03月05日(Thu)]
日本財団が運営する公益コミュニティサイト「CANPAN」の取材を受けました。
多くの登録サイトの中から、特徴的な活動をしている団体を全国で17団体選んでの取材とのことでした。選んでいただけるなんて、本当にうれしいことです。4月からサイトが一新して、多くの方に訪問して楽しんでもらえるような内容になるそうです。その中で、今回の取材が記事になるとのことです。どんな内容で登場するのか楽しみです。

取材を受けると、今までの活動をインタビューを通じて振返り、一定整理がつくのがいいですね。改めて初心に帰ることが出来ます。

そんな中、改めて認識したのが、「自分の持っているものは全部惜しみなく発揮してしまわないと、今ここに生きているという価値がない」そんなふうに思いました。何か完成されたものでないと表現してはいけないのでしょうか?そんなことは無いと思います。それに100%の人間なんてどこにもいないと思います。私を含めてある意味皆、発展途上人だと思います。一番大切なのは、持てる力すべてを使って可能性に挑戦していこうとする姿勢ではないでしょうか。

表現の方法も人によって違います。立場によっても違ってくると思います。

私は「食」を通じて、親子のコミュニケーションが深まり、皆さんが幸せになって欲しい。そんなふうに思いながら、希望と願いを込めて日々情報を発信しております。

まだまだ未熟ですが、皆さんと一緒に考え、成長していけたらと思っております。
これからも皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント