CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«『どんぐりころころ』ひろって食べよう! | Main | ブログで応援してくれている方発見!!»
バナナを焼くとどんな味? [2010年11月20日(Sat)]


先日、中京テレビの「ラッキー」という番組の中で、友人の野外料理研究家の舘野氏が簡単にできる野外料理の紹介で出演した時に、横で負けじと司会の菊地教児さんがはりあって作っていた野外料理をご紹介したいと思います。

料理名は、バナナの豚肉包み焼き とでも命名すればいいのでしょうか?

普通バナナは焼いて食べたりしないですが、東南アジアのバナナの本場では、料理用バナナの種類がたくさんあって、生で食べる以外に、焼いたり炒めたりした食べ方があるのです。意外な取り合わせではありますが、豚肉との相性もいいと聞いたことがありましたので、これは一度作ってみないといけないと思い、子どもと一緒に作ってみました。

作り方はいたって簡単

ちょっと青めの固いバナナを用意して、その周りに豚肉のスライス肉をそのバナナにぐるぐると巻きつけていくわけです。

巻き終わったら、豚肉に塩コショウをします。

あとは、炭火を用意して焼くだけです。

表面が焼けたら、ひとくち大にバナナを切り、切り口も焼きます。

あとは、蜂蜜ダレかケチャップダレにつけて食べます。

さあ、味はどうでしょうか?

ちょっと怖々口の中にバナナを運ぶと、 「うん、意外と美味しい!」

トロピカルな食感?!

今までに食べたことの無い、食材のコラボレーションが味わえます。
この味を受け入れられるようなら、あなたの味覚はきっと国際的でしょう。

テレビ用に演出していたわけではなかったみたいです。
子ども用は、少し塩コショウを控えたほうがいいかもしれません。

子どもさんと、「どんな味がするだろう?」と、ワクワクしながら作って盛り上がるのが、今回のポイントですね!

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント