CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«巻き寿司ライブ?盛り上がりました! | Main | 敬老の日にビックリ巻き寿司をプレゼント!»
絵本「ぐりとぐら」を読んでカステラを再現! [2010年09月09日(Thu)]


今回のミッションは、絵本「ぐりとぐら」を読んでカステラを再現!です。

皆さんあの不朽の名作絵本「ぐりとぐら」をご存知でしょうか?
私達が子どものころにも読んだことのある、懐かしい絵本です。


といっても、今でも子ども達はこの本が大好きで、繰り返し繰り返し読んでいます。
全然古い感じがしません。今の子供達にも通用します。
おかげさまで、もう絵本自体はぼろぼろ状態です。


この絵本の魅力は何か?
私は勝手に、最後のエンディングだと思っています。


自分達の体よりも大きい「たまご」を見つけて、それで、カステラを焼く。
カステラの焼けるにおいにつられてやってきた森の仲間に焼けたカステラを分けて皆がお腹一杯になる。
そして、その大きな玉子の殻でクルマを作っておしまい・・・・。

そんな内容です。

小さい頃、こんな大きなカステラを焼いて食べてみたいな!
とよく思ったものです。
忘れていた子どものころの記憶がよみがえります。

そんな絵本の空想の世界を、大人になった今ならできるのではないか?
挑戦してみようと思ったわけです。


まずは、ぐりとぐらの見つけた、体よりも大きな玉子、 「どこかに落ちてませんか?」
落ちているわけあるません。(笑)


この地球上で一番大きな玉子・・・

それは、ダチョウの卵なんです。
体よりも大きいとなると恐竜時代まで行ってこないと入手は無理です。
ドラえもんに協力要請してみるか?

ドラえもんは居ないにしても、便利な時代で、ネットで調べると、注文すれば入手できるみたいです。
もちろん、ダチョウの卵のことです。
早速、注文して家に届くと、なんと、重さはなんと1300g、通常の鶏の玉子の25個分といったとところでしょうか?


今回、折角なんで「おやじの休日の会」のメンバーの方にも声をかけて、一緒にやってみようと集まりました。
絵本の森の仲間ですね!


このだちょうの玉子、本物を見たり触ったりするのは初めてみたいで、まず、そこで皆さんビックリです。相当殻は固いです。げんこつでたたいても、ビクともしません。

のこぎりと金づちを使ってダチョウの玉子を割っていきます。

やっとの思いで割ると、中から大きな玉子の黄身がどろんちょと出てきました。

拍手喝采です!!



その玉子を使って、フライパンでカステラを焼いていくのですが、絵本では直火のフライパンで焼いていたのですが、友人に何回も焼いて試してもらったのですが、うまく焼けなかったみたいです。
誰か、ぐりとぐらに会ったら、どうやって焼けばいいのかきいておいてください!

なので、そこは現代風にアレンジして、炊飯器を使って焼く ことにしました。

以下その作り方です。
(カステラ作りの名人の友人のYさんに教えてもらいました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■■ 材料 ■■(5合炊き炊飯器用)

薄力粉または強力粉  100g*
ダチョウの玉子  黄身66g 白身99g
砂糖  90g
みりん  大さじ3 (またはハチミツ大さじ1)
牛乳 大さじ1
油 少々(内釜用)

*薄力粉だとふんわり、強力粉だとどっしりとした仕上がりになる様です。今回は薄力粉3:強力粉1の割合。

■■ 作り方 ■■


(1) ダチョウの玉子の卵白と卵黄から必要分量を量り分ける。

(2) 卵白に砂糖の半分を加えて軽く角が立つまで泡立てる。

(3) 卵黄に残りの砂糖を加えて混ぜる。

(4) みりんと牛乳に加えて混ぜる(ハチミツを使う場合は牛乳を温めておく)。

(5) (4)を(3)に加えて混ぜる。

(6) (2)を3回に分けて(5)に加える。へらを使って切るように混ぜる。

(7) 粉をふるい、3回に分けて(6)に混ぜる。へらを使って切るように混ぜる。

(8) 薄くサラダ油を塗った内釜に(7)を入れる。内釜を2,3回軽く落として泡を抜く。内釜のテフロンがはげかかっている場合は底にクッキングシートを引く。

(9) 通常の白米同様に炊く。炊飯が終わってまだ生っぽい場合はもう一度炊飯を繰り返す(合計で1時間位かかる)。すぐに2度目の炊飯が開始できない場合は、内釜を2,3分外に出し、温度を下げてからスイッチを入れてみる。

炊飯器を使う替わりに(7)を底にクッキングシートを敷いた丸いケーキ型(20cm径程度)にいれ、170℃のオーブンで35分程度焼いてもよい。串をさして何もついてこなければ焼き上がり。軽く押さえてジュッという感じがする場合はさらに5分焼く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この分量で作ると、15個分も作れてしまいます。

今回は1個だけを焼きましたが、炊飯器から、カステラがぽとりと出てくるなんて、なんて面白いのでしょう!
わー!という歓声が上がり、皆でダチョウの玉子のカステラを食べました。

今回のミッションを無事終了することができました。

皆さん楽しかったですね!

今回、介護サービスさくらさんのご好意で、デーサービスステーションの「よってたも〜れ八事」をお貸しいただきました。
いつもありがとうございます!!



最後にお知らせです。
今回の様子は、NHK名古屋の撮影が入りましたので、9月21日(火)の夕方のニュース番組「ほっとイブニング」の中で紹介される予定となっております。
お見逃しなく・・・・


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
はじめまして!『美味しい動画』と申しますhttp://ameblo.jp/oishii-douga/
見るだけでお腹のへる美味しい動画や、読むだけで食欲のでる美味しい記事を紹介しています

今回、「絵本や漫画に出てくる料理を再現 画像・レシピ集」という記事を載せるにあたり、『お父さんと楽しむ「おいしい休日」』様の、「絵本「ぐりとぐら」を読んでカステラを再現!」をご紹介させていただくことになりました

公開日時は、4月30日18:10を予定しています

なにかリンク禁止など、不都合な点がございましたら、お手数おかけして大変申し訳ありませんが、上記連絡先までご連絡ください

また、よろしければ、相互リンクを貼っていただけると幸いです
Posted by: 美味しい動画  at 2011年04月29日(Fri) 00:24