CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【父親ネットワークサミット】愛知会場に出展しました | Main | 祭り寿司は日本の誇る食文化〜ひなまつり〜【第65回】»
なごやの新名物誕生!!「天むすこ寿司」【第64回】 [2010年02月20日(Sat)]


名古屋にはいろんな名物がありますが、ちょっと新しい名物を作ってみました!

題して、親子合作の「天むすこ寿司」!!

「天むす」を作ろうとしたんですが、丁度、寿司飯しかなくて、寿司飯で作ったらどうなるだろうか?とちょっと試行錯誤してみたら、おいしい「天むすこ寿司」が完成いたしました。

赤えびの皮をむい(4年生の次男と6歳の娘が皮をむいてくれました)ててんぷらにして寿司飯で握って海苔を巻いて食べてみましたら、寿司飯の味が強くて、えびの味が負けていました。

「う〜ん、どうしよう?」

と思って思案していましたら、試作品を食べた中学1年生の息子が、

「甘味噌を乗せてみたら?」

とアドバイスしてくれました。「それはいいかも!」ということで、食べてみたら、

これがとっても美味しくてGOODなのです。息子と一緒に作ったので、その息子の功績を讃え「天むすこ寿司」と命名しました。(笑) 言ったもん勝ちです!
我が家では大好評でした。
名古屋の味が更に進化した「天むすこ寿司」!!一度おうちで是非試してみてください。



【材料】 (2人分)
4つ切り海苔     5枚
むきえび       約80g
酒・しょうゆ      各大さじ1
小麦粉         大さじ2
卵黄          1個分
揚げ油         適量
寿司飯(茶碗)    3〜4杯
甘味噌         大さじ2杯

【作り方】
(1)のりは、4等分に切る。
えびは、水けをペーパータオルなどで拭き取ってボウルに入れ、酒、しょうゆを混ぜ合わせる。
小麦粉と卵黄を加えて混ぜる。
※ころもがゆるい感じがしても、卵黄が入っているので、カラッと揚がります。
(2)フライパンに深さ1〜2cmの揚げ油を熱し、えびを中温(約170℃)で揚げる。(えびが小さい場合は、何個かまとめて揚げる)
(3)手に水をつけてご飯をゴルフボール大にとり、天ぷらのエビを入れて三角に握り、のりを巻き、最後に甘味噌をつける。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント