CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
研修[2022年06月20日(Mon)]
職員の話です。
多分に漏れず我々職員は研週を毎月行っています。
テーマは多岐にわたる。専門知識のアップデートや個々の事例検討、他事業所の見学等。
今回は、法人の理事による、法人理念の共有を行いました。
理事2名、それぞれ「法人のあゆみ・福祉専門職としての矜持」「経営者視点での事業所運営」という内容でした。(タイトルは私が勝手に命名しています)

内容を雑駁に言うならば、「福祉」と「経営」の両輪で、法人はドライブしていきます。ということになりますか。
福祉というのは、個人の権利を最大化することです。
経営(資本主義)というのは、功利主義に依れば「最大多数の最大幸福」ということになりますか。ともすれば全体のために個人の自由が犠牲になることも厭わない。
両者は一見すると相反するようですが、それらを高次に統合しましょうということになりますね。

管理者という立場になると、そういったことをよく考えるようになりましたが、まあ、普段そんなこと考えている人はあんまりいないのでしょうかね。

理事のお二人は、それはもう何十年も第一線で活躍してこられています。具体的な実践を聞くというのは、名画を見るような名曲を聴くようなものです。
参加した職員それぞれに胸に響く内容であったと思います。通常、理事お二人の話を聞こうとすれば、もちろん無料というわけにはいきません。結構なお金が必要となる。それくらい価値のある話でしたし、価値のあるものとなるかどうかは、今後の職員それぞれの仕事にかかってくるわけです。
お金をドブに捨てることのないようにしたいものです。


この記事のURL
https://blog.canpan.info/familio/archive/452
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ふぁみりおさんの画像
ふぁみりお
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/familio/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/familio/index2_0.xml