CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 地域連携モデル | Main | 代表日記 »
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
オンライン寄付サイト Give One
今年の犯罪被害者週間は[2008年11月05日(Wed)]

11月25日から12月1日までは犯罪被害者週間ですが、NPOとして今年は短期連続講座を開催します。

11月25日(火)は報道被害について高橋幸夫さんと、11月27日(木)は命の教育について、「命の授業」に出向いている市原千代子さんと、CAPおかやまの為清さん、山下さんのジョイント講座を企画しています。

高橋幸夫さん、市原千代子さんとも、NPOの中心メンバーであると同時に、全国犯罪被害者の会(あすの会)のメンバーでもあります。今年は岡山県警主催のフォーラムに全国犯罪被害者の会の本村洋さんをお招きして29日(土)に講演、シンポジウムもありますので、よい形で29日に橋渡ししたいと思います。






岡山県生涯学習大学・連携講座に[2008年10月22日(Wed)]

岡山県教育庁生涯学習課から、平成20年度後期の「のびのびキャンパス岡山」(岡山県生涯学習大学)の受講案内冊子が届きました。

一昨年からNPOファミリーズ主催で連続講座を開催していますが、おかげさまで、岡山県教育庁生涯学習課に認めていただき、岡山県生涯学習大学の連携講座として登録してもらっています。

前期は「大切な人を失った方のためのグリーフワーク連続講座」5回を継続連携講座として登録していただきました。

後期は「犯罪被害について「ともに考える」〜犯罪被害者週間・連続講座@A」と「命の大切さを語り継ぐシンポジウム2008」が短期連携講座として登録されています。

昨秋のまなびピア岡山2007にも体験学習ひろばに出展した経緯もあり、生涯学習の観点から県民理解を広げていけたらと思います。11月9日のまなびフェスタ岡山にも出展します。




生涯学習大学の連携講座に[2008年05月26日(Mon)]

岡山県教育庁生涯学習課から、平成20年度前期の「のびのびキャンパス岡山」(岡山県生涯学習大学)の受講案内冊子が届きました。

一昨年からNPOファミリーズ主催で連続講座を開催していますが、おかげさまで、岡山県教育庁生涯学習課に認めていただき、岡山県生涯学習大学の連携講座として登録してもらっています。

今年度は「大切な人を失った方のためのグリーフワーク連続講座」5回が継続連携講座として登録されています。

昨年秋のまなびピア岡山2007にも体験学習ひろばに出展した経緯もあり、生涯学習の観点から県民理解を広げていけたらと思います。




オレゴン・ダギーセンターに学ぶ[2007年10月21日(Sun)]

子どもたちのいのちを考える連続講座 第4回を本日開催しました。

「子どもたちの喪失に向き合う〜オレゴン・ダギーセンターに学ぶ」というテーマで、今年の夏、レジリエンス主催のオレゴン研修旅行に参加した3名の方から、ダギーセンターの取組みや現地研修の様子、またDVリソースセンターの取組みなどを報告いただきました。

プロジェクター、パソコンのトラブルで、徳島からの報告者の方には、ご迷惑をおかけしました。
急遽会議室を変更して行いましたが、デートDV防止や子どもへの暴力防止に取り組んでいる方たちにも参加いただき、子どもたちの喪失にいかに向き合うか、これからも考えていきたいと思います。

報告後の意見交換のなかで、児童養護施設の子どもたちへの大人たちの関わりに触れることができ、今後の活動のヒントを得たように思います。



福武教育文化振興財団・成果報告書[2007年09月27日(Thu)]

平成18年度文化活動助成として、「犯罪被害者のための連続講座」に助成金をいただいていた財団法人福武教育文化振興財団から成果報告書を送っていただきました。

県内の文化発展、地域づくりに大きな貢献をされている同財団からの助成金はNPO初年度の活動の励みとなりました。

約160ページにわたる報告書のうち2ベージを使って私たちの活動報告を無事できてホッとしています。








■いのちかなでる[2007年06月30日(Sat)]

7月10日に県主催の市町村担当者会議があり、被害者支援関係の図書紹介を頼まれています。

昨年10月に愛知から「自助グループ支援を考える」連続講座に来ていただいた青木さんが代表をしている「緒あしす」手記集「いのちかなでる」をもう一度読み返しています。

まえがき、から印象に残る言葉を引用します。私たちも同じような思いから活動を続けています。立花書房から昨年出版されていますので、関心ある方は是非手に取っていただければと思います。

「この手記は、犯罪の犠牲になった方々のことを決して忘れて欲しくない、事件を風化させたくない、犯罪のない社会をつくりたい、そのためにも、まず社会の皆さまに 「被害に遭うとはどういうことなのか」を知っていただきたいという願いから企画致しました。法や支援制度だけでは、残念ながら被害者は救われません。そこには、現代社会が失いかけている「思いやり」や「命を尊ぶ」といった心が同時に必要です。
「人」を救えるのは「人」だけ。どうぞ、私ども被害者の声に心の耳を傾けていただきますようお願い致します」

福武文化振興財団へ事業報告[2007年05月28日(Mon)]

昨年度、「犯罪被害者のための連続講座」に対して、現代文化活動部門で助成金をいただいた福武文化振興財団に、事業報告書を提出しました。

地元で文化振興、教育振興に理解ある財団からNPO初年度にバックアップしていただいたことは、大きな励みとなりました。

NPO2年目の連続講座も充実した内容にしていきたいと思います。

生涯学習講座とタイアップ[2007年05月23日(Wed)]

昨年2月から「犯罪被害者のための連続講座」を年間10回程度開催しています。

先日5月20日で計11回を数えました(講座内容はバイオグラフィをご覧下さい)。

おかげさまで、岡山県教育庁生涯学習課にも認めていただき、岡山県生涯学習大学の短期連携講座として登録してもらっています。

昨日平成19年度前期の分厚い案内冊子が事務局に届きました。前期・後期とわかれているので、ちょうど3期目に入ります。

継続は力なりです。




デートDV講演会の反響[2007年05月21日(Mon)]


昨日の「子どもたちのいのちを考える連続講座・第3回 デートDVを考える」は、今朝の毎日新聞、朝日新聞、地元の山陽新聞に大きく掲載されました。

レジリエンス中島幸子さんのイメージ図を用いたわかりやすい説明は好評で、参加者から続けての講演依頼の打診もありました。

レジリエンスが東京、横浜で開催している自己尊重のためのワークショップのサンプル版が各地で開催されていくと思います(岡山は6月3日)。

お近くで開催されるときに、是非一度体験していただけたらと思います。

子どもたちのいのちを考える連続講座が無事終了しました[2007年05月20日(Sun)]

3月から始まった「子どもたちのいのちを考える連続講座」が、無事終了しました。

 3/11 NPO自殺対策支援センター・ライフリンク 清水康之さん

 4/15 少年犯罪被害当事者の会           武るり子さん

 5/20 レジリエンス                    中島幸子さん

と3回とも講師の方たちのお話に引き込まれてしまい、とても印象深い連続講座となりました。

「いじめ・自殺」「少年事件」「デートDV」と切り口は異なっても、共通する水脈を参加された方には感じていただけたかと思います。

私たちも、この後、地域で子どもたちや他のNPOの方たちと何ができるかを模索していきたいと思います。

19年度後半の連続講座は、「犯罪被害者の人権」について考えていきたいと思っています。




| 次へ
プロフィール

NPO法人おかやま犯罪被害者サポート・ファミリーズさんの画像
リンク集

ジオターゲティング
NPOおかやま犯罪被害者サポート・ファミリーズ | Facebookページも宣伝