CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 山陽新聞夕刊・一日一題からC | Main | 笹川科学研究助成(実践研究部門)報告書 »
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
オンライン寄付サイト Give One
笹川科学研究助成・奨励賞研究発表会へ[2011年04月28日(Thu)]

きょうNPOから市原千代子理事と黒住昭子理事とが東京に出向き、平成22年度笹川科学研究助成・奨励賞の受賞式と研究発表会に参加しました。

午前中は研究部門ごとにグループに分かれ、奨励賞14名の研究発表が各部屋で行われました。

NPOからは市原千代子理事が、実践研究部門で奨励賞を受賞しました。

研究テーマは「犯罪被害者遺族による「命の授業」が学校現場で定着ないし展開するための諸条件と課題について」でした。

自然科学、社会科学を含め多くの大学の若手研究者が助成を受けている催しなので、大変緊張しましたが、無事発表を終え、交流会に参加し、帰路につきました。

実践を着実に積み重ねながら、その実践の現場だからこそ見えてくる課題をきちんと形にできたことの意味は大きかったと思います。

こうした地域の草の根の活動をきちんと評価していただいたことに感謝したいと思います。







この記事のURL
https://blog.canpan.info/families/archive/2686
コメントする
コメント

山田さん、メッセージありがとうございます。

ソーシャルメディア関連情報につき、いつもお力添えいただき感謝しています。

地域での草の根活動の5年間の軌跡を実践研究の形で発表する場を与えていただいたことはNPOとして大変嬉しかったです。


Posted by:kawasaki  at 2011年04月29日(Fri) 14:02

それは知りませんでした!
おめでとうございます!!
これからの活動も期待しております☆
Posted by:日本財団 山田  at 2011年04月29日(Fri) 12:41

プロフィール

NPO法人おかやま犯罪被害者サポート・ファミリーズさんの画像
リンク集

ジオターゲティング
NPOおかやま犯罪被害者サポート・ファミリーズ | Facebookページも宣伝