CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年12月 | Main | 2015年02月»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
見える!見せる! [2015年01月09日(Fri)]
今日、取引先へ挨拶まわりに行った時に、事務所の壁に弊社のニュースレターを掲示しているのをみて、とても嬉しかったです。お客さまにとって役に立つ情報は何なのかをとことん考えて、提供する。これは本当に大切なことだと思います。

本ブログでも何度か書いていますが、「企業の可視化レベル」にはいくつかの段階があります。

準備段階1:「業務プロセスの可視化」
準備段階2:「役割と責任の可視化」
第1段階:「実績の可視化」
第2段階:「計画の可視化」
第3段階:「問題の可視化」
第4段階:「成果の可視化」
第5段階:「外部ネットワークの可視化」

これらは、言ってみれば、「社内の見える化」です。

社員にどんな情報を共有させ、会社の存在意義・目的、社内での共通認識を醸成させるか、という話です。社内報や営業活動実績のデータ化などが該当します。

一方、ニュースレターや工場見学、ホームページなどは「社外への見せる化」です。
会社のブランドを認知してもらい、ファンになってもらうための仕掛けです。

情報が社会に溢れ、他社との価格競争に陥らないためにも、「社内の見える化」で社員・会社の成熟度を高め、「社外への見せる化」で、お客さまからの愛着心を高めていくことはとても重要になると感じています。

「社内の見える化」と「社外への見せる化」は、企業の強みや価値をしっかりと認識し、企業の文化や戦略に沿ったものをつくり続けなければいけません。
| 次へ