CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年07月 | Main | 2014年09月»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2014年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
記憶は覚えることと、思い出すこと [2014年08月12日(Tue)]
先日、記憶力と集中力をつけるトレーニングを受講してきましたパンチ

参加者は、小中学生の子供とその親、私のような社会人など

いろんな方が来ていました。


普段、記憶という言葉を使うのは、

受験や資格取得のために知識を吸収するような

インプット系の記憶だと思いますが、

もう一つ、

脳に蓄えられた知識を想起する

アウトプット系の記憶もあることを知りました。

また、メモリーとしての短期記憶と、

誰かに説明することができる、長期記憶(陳述的記憶)があることも。

長期記憶として情報や知識を蓄えるには、

自分の経験と関連付けるのが良いことは、

私の認識と一致していました。

【理解=情報・知識+経験】

という式が成り立つのであれば、

もちろん情報・知識を吸収し、必要な時に取り出せるように

思考の引き出しを脳の中に用意しておくことも大切ですが、

様々な経験 ―

自分の世界の振り幅を広げるような、

従来の習慣や観念を壊すような、

過去の成功体験を否定するような、

そんな経験を積むことが、

物事を、腑に落ちて、理解する近道なんだと思います。

そして、自分の言葉で語ることが出来るようになるんだと思います。
| 次へ