CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年07月 | Main | 2014年09月»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2014年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
経営者は決断しなければいけない [2014年08月05日(Tue)]
先日、お会いしたある経営者は、

「社員の言うことにいちいち耳を貸してはいけない。

社員は、嫌な仕事を避け、楽なやり方を選ぶものだ。

生存競争に生き残るためにも、

経営者が厳しくしないといけない。」

とおっしゃっていました。


その方は、相手にも自分にも厳しいのだと思います。

確かに、社員の不平不満や要望を何でも聞いていたら、

会社の方向性は安定しないですし、

経営者のリーダーシップの観点から見ても、

社員が何を言っても聞いてもらえると思われたら、

経営者の威厳や尊敬の念が

弱まってしまうと思うのかもしれません。


でも、でも、

私自身は、やはり「聴く経営者」でありたいと思います。

社員が感じるていることに対して、

まずは聴き、そしてきちんとフィードバックする、

最終的な決断とその責任は、もちろん経営者がとる。

社員の意見をいちいち聴くのは、

経営者の悩みの種を増やし、

判断基準が定まらないこともあります。


でも、社員の話を聴くプロセスを飛ばし、

経営者が何でもかんでも、決めていくというのは、

社員の成長にもつながらず、

結果、会社の成長にもつながらない、

と私は思っています。


対話の中から、相手と自分の関係性が深まり、

自分自身の軸も強くなっていくのだと、

信じています。
| 次へ