CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年08月 | Main | 2013年10月»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
自然とは [2013年09月03日(Tue)]
私が働く会社には、一部、林が残っています。
そして、会社の前は一面、畑が広がっているので、
自然を身近に感じることができます。

春には鳥のヒナが鳴き、
夏には蝉が鳴き、
最近は蜻蛉が卵を産もうと地面スレスレを飛んだりしています。
時には、ヘビやトカゲにも遭遇します。

幼少の頃は川で魚を釣るのが普通だったのに、今は、スマホのゲームで魚を釣る。
これも時代の変化と片づけてしまっていいのだろうか・・・

生物の営みや四季の移ろいを、働く場で感じることができる。
これもある種、幸せなことなのかもしれません。


外資系の会社で猛烈に働いていたときは、こういう感覚をあまり持ちませんでした。
当時はそれなりに楽しかったですが、今思えば気持ちが心から安らぐことも、少なかったように思います。


大量に入ってくる情報。それに振り回されてしまい、
周りを気にし、結果や数字で競争させられる傾向が強い現代社会。
新しいものに必死についていく組と、独自の価値観を作った組は何とか踏ん張っているけど、
どちらの組にも当てはまらない大勢の人もいるんだよなー。

全てが悪いわけではないけれど、何かおかしい。どこかおかしい。

先週行ったアメリカへの旅行で、大自然とネイティブインディアンの生き方に触れましたが、
自然から学ぶことはとても大きいと実感しました。

自然は偉大で、美しく、全体でバランスを保とうとする。
人間はどうだろう?ひらめき