CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年07月 | Main | 2010年09月»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2010年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
<キャリア・生き方>自分の仕事をつくる [2010年08月29日(Sun)]



自分らしく「生きる」ことと「働く」こと。これは、私の人生のテーマですが、この本は、「いい仕事」をすることが「いい人生」につながることを、ものづくりの現場で働く人たちの生きざま、仕事へのスタンスのインタビューを通して伝えています。

多くの人は、自分の仕事の今の現状に不満を持っていたり、将来に不安を持っていると思います。

そして、自分なりにいろいろもがいたが、何か「外」のせいにし、結局、自分で道を閉ざし、妥協する、でも不満は持ち続けるといういことも多いのではないでしょうか?


まえがきには、

こんなもんでしょ」という、人を軽くあしらっらメッセージを体現している仕事
・安売り家具屋の店頭に並ぶカラーボックス
・広告ページの多い雑誌


丁寧に時間と心がかけられた仕事、「こんなもんで」という力の出し惜しみはない仕事
・素材のうまみを引き出そうと、手間を惜しまずつくられる料理
・表には見えない細部にまで手の入った工芸品
・一流のスポーツ選手による素晴らしいプレー


と2つのタイプの「仕事」を比較し、結果としての仕事に働き方の内実が含まれるのなら、「働き方」が変わることから、世界が変わる可能性もあるのではないかと、説いています。


素晴らしい仕事も作品も、ある意味で、人々の「働き方」の結果に過ぎず、いいモノをつくっている人はそれぞれの仕事を「自分の仕事」にするのは簡単なことではありません。

多くの人が「自分の仕事」にできていない理由も、本書から改めて気付かされるかもしれません。
| 次へ