CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«GW期間中の営業時間のお知らせ(オネスタ) | Main | 命の一粒»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
いつかはいつかのまま [2015年04月18日(Sat)]
26日は市議会議員の選挙日ですが、一昨日くらいから
数名の候補者の方が駅前でチラシを配っていました。

来週1週間が勝負なのでしょうね。

ところで11日の日経に、”「河越抹茶」で街おこし”の
記事を見つけました。

川越市内のNPO法人や商店街の店舗の有志らが、
市周辺で生産される茶を使った商品のブランド化を
するようです。

手前味噌ではないですが、狭山茶の旨みとコクは
他の茶にないものだと自負しています。

ただ、狭山茶の生産地は入間市や所沢市のほうが多く、
狭山という名前がついているのに、狭山市が今一つ、
世間に知られていないのは残念でなりません。

「狭山出身です」と言うと、

「あ、西武園がある所ね!」

と今までに何十回言われたことか・・・

狭山茶というブランドの中で
いくつもの市がアピール合戦をしているので、
狭山市の存在もぼやけてしまうということなのかなー。


このブログでも街のブランド化が必要であることは
何度も書いています。

街も大きな会社と考えれば、強みを活かして、
その価値を内外に発信していくことは同じことなのは
言うまでもありませんよね。

富士見市のようにららぽーとのような
大型商業施設を誘致して、市外からもたくさんの集客を見込め、
雇用も増え、消費も増えるというのも一つの手ですが、
狭山市が同じことをするのは現実的ではないでしょう。

所沢のライオンズ球場と西武園遊園地、川越の小江戸街のような
大きな観光地もない中で、間に挟まれている狭山市の未来を案じています。

でも、狭山市にはポテンシャルもあると思っています。

入間川七夕祭りや入間基地航空祭といった
10万人規模のイベントがあるし、

自然災害が少なく、公園も多く、
都心に出やすい立地条件は、
子育て世代の若い方や外国人にアピールできるのではないかなー。

もちろん資産だけはなく、その上にのっかるコンテンツが
充実していないといけないのだろうけど。

入間川沿いにカフェやバーが出来て、賑やかになる日が来たら
それは感慨深いのですが・・・

あくまで、ひ・と・り・ご・と です。


今夜は、時間があれば
やばせ一郎さんの議員活動報告会に参加してみようと思っています。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント