CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«否定語症候群 | Main | 木さん、ありがとう»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
「誰か」と「何か」 [2015年03月25日(Wed)]
どこかの本に、

仕事とは「誰か」のために「何か」をすること

と書いてあったのを思い出しました。

シンプルだけど奥が深い解釈だと思います。


自分の仕事が、

誰の、何のために、

役に立っているのかを

見失いそうになる時ってありませんか?


私は、今までに何度かあります。


プロジェクトの範囲が広すぎて、

関係するクライアントや、

その先のお客さんが見えなかった時。


事務仕事や雑用ばかりに時間を取られ、

自分の知識や経験が全然活かせず、

くすぶっていた時。


たとえ一人のお客でもいいので、

小さな感謝の言葉でもいいので、

より具体的で印象に残る経験をすると、

「誰か」と「何か」が

鮮明に自分の心に残るのだと思います。


「誰か」と「何か」を見る自分自身の目も

一方向からだけではなく、

いろんな角度から見ることが出来るようにしないと。


人が人に何かを与える方法はたくさんあります。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント