CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«国の役割 | Main | マスマーケットという幻想»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
自然を活かすも殺すも [2014年09月21日(Sun)]
週末は高尾山と武蔵陵墓地へ行ってきました。

どちらの場所もパワースポットとして有名で、

自然の中でゆったりしてきました。


高尾山はミシュランに登録されてから、

外国人をはじめ多くの観光客が来ていると聞いていましたが、

昨日は天気や時期の影響もあってか

とても空いていて良かったです。

以前はなかった大きなトイレなども出来ていて、

多くの観光客を受け入れる環境整備を着々としているようでした。


山と言えば、富士山は任意で入山料を徴収していますが、

高尾山はまだ無料で登れます。

もし今後、観光客が押し寄せるようになれば、

自然の景観維持や歩道や施設の管理費として

入山料を徴収するかもしれませんね。

あるいは入山者数の制限も検討する時期が来るかもしれません。


地域経済活性化のために、世界遺産登録に積極的に

取り組んでいる自治体も少なくありませんが、

多くのお客が来れば、その中には、ゴミを不法投棄したり、

落書き、破損、持ち去りなどの問題を起こす、

招かざる客も入ってきます。


お金を落としてくれる方法だけを考えては、

自然を大切に、共存していく

という視点が抜け落ち、

本末転倒な結果になるでしょう。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント