CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«リメイク | Main | 機密文書処理の可能性»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
人材は企業の強み [2014年08月20日(Wed)]
ここ数日は会社の採用面接をしています。

多い時は、1日で4人の方と面接をするので、かなりのエネルギーを消耗します。

でも、採用する側とされる側が、それぞれの希望や条件を確認する作業なので、

いつも真剣です。

面接をしていて感じたのは、本当に厳しい状況にいる方が多いということ。

勤めていた会社が倒産した、

ずっと赤字続きで給料の支払いが滞った、

長時間勤務で勤務時間も不規則、などなど

話を聞いているだけでも、信じられないような話を聞くことがあります。


内閣府が13日に発表した4〜6月期の国内総生産(GDP)速報値は、

実質GDPが1〜3月期に比べて1.7%減と、2四半期ぶりのマイナス成長でした。

消費増税前の駆け込み需要の反動が出て、

個人消費が落ち込んだことが一因ですが、

それも政府は織り込み済みと言っていますが、

実際はどうなのでしょうか?


周りの中小企業、個人商店経営者の方に話を聞いても、

現在の状況の認識と今後の展望について、

”悪い”か、”何とか踏みとどまっている”といった

声が多いように思います。


利益も雇用も一部の大企業が吸い取ってしまうような、

歪んだ構造が続く限り、体力のない中小企業は力尽きるか、

過剰なコストダウンにより、負のスパイラルに陥る傾向が高まると思います。


そんな中、中小企業が生き残るためには何をするか?

特効薬はないですが、やはり、自社の強みをとことん磨くために

できることを何でもやるしかないでしょう。言うは易し。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント