CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«<文庫>スイングアウト・ブラザーズ | Main | ”空気”は伝染するし、断ち切ることもできる»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
コーチングの可能性 [2014年08月17日(Sun)]
昨日はコーチングの勉強会に行ってきました演劇

本や人の話で何となくは分かっていたつもりでしたが、

やはり基本的な理論と簡単なセッションをしてみて、

コーチングの奥深さを実感しました。

企業だけでなく、行政や学校、家庭など、

その活用範囲は広範だと感じていますぴかぴか(新しい)


今まで、経営コンサルティングの分野で、

企業の問題解決に向けて、様々な方法論、アプローチ、

フレームワーク、試行ツールなどをつくってきました。

外資コンサルにいた時も、解決のアプローチとしては、

とても壮大で緻密で素晴らしいものだと思っていました。

ただ、いざその問題解決アプローチをクライアントと

いっしょに実行してみると、うまく行かないことも多々ありました。

プロジェクトの対象範囲を見誤ったり、

当事者の共通認識が十分取れてなかったり目


ただ、一番肝心なことは、新しい取り組みをまわすための

”仕組みづくり”のほうにばかり目が行き、

当事者(特に経営者)の”気づき”について

十分なサポートが出来ていなかったのではないか?

と現在、中小企業を経営する立場になって分かってきました。


コーチングでは、クライアントが”やりたい”ことをやり、

”なりたい”自分になるために、

対話によって、相手に新しい“気づき”を与え、

自発的な行動を促していくコミュニケーション。

コーチングによって、一人で考え込むより、

より短い時間で、より高いレベルの目標を達成できる効果が

あることが分かりました。

”しくみ”と”気づき”の両輪で、

個人や組織のパフォーマンス向上に少しでも貢献していければ嬉しいな〜パンチ
タグ:コーチング
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント