CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«記憶は覚えることと、思い出すこと | Main | 「旅」は新しい検索ワードを増やすこと»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
<ビジネス>新しい市場のつくりかた―明日のための「余談の多い」経営学 [2014年08月13日(Wed)]



ピーター・ドラッカーは言っています。

「企業の目的は顧客の創造である。」

そして、マーケティングとイノベーションの2つだけが、
ビジネスの成果に結び付くとも言っています。

「顧客の創造」― 
言葉にしてしまえば、聞こえはいいですが、
いざ、それはどういうことなのかと深く考えてみると、
いろいろな見方があるでしょう。

本書は、ウォシュレット、障害者向けのコップや車いす、
水着、ハーレーのバイクなどの事例を通して、
市場創造のヒントが書かれています。

一言で言えば、

問題の“発見”でなく、問題の“発明”をすること、

機能・デザイン・価格という目先のニーズだけを見るのではなく、
その先にある、文化やライフスタイルを創造(想像)すること、

そのためには、商品に社会的・文化的価値が
認められるための働きかけを企業側から絶えず行い、
その商品の市場をつくっていくことが肝要であるということ。

顧客のニーズは、直接的な顧客ではなく、
障害者の方や子供、地域社会など、
企業活動の土俵の「外」にたくさん転がっている事、

問題解決の解を「探す」のではなく、「つくる」という
アプローチは、企業のマーケティング活動だけでなく、
広い意味で見れば、人生にも応用できると思いましたひらめき


結局、環境や制約条件に依存した行動をしている限りは、
その範囲の中でしか、成果を出すことはできないひらめき

言うは易しですが・・・パンチ
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント