CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«AEDを設置しました | Main | 個人情報の漏洩»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
「社内の見える化」と「社外への見せる化」 [2014年07月10日(Thu)]
今日は、取引先が会社へ工場見学に来られました演劇

お客さまに、自分の会社のことを見てもらうことは、

顧客との信頼関係や社員の意識向上につながるので、

時々実施すると、組織も引き締まります。


以前、「企業の可視化レベル」について書きました。

準備段階1:「業務プロセスの可視化」

準備段階2:「役割と責任の可視化」

第1段階:「実績の可視化」

第2段階:「計画の可視化」

第3段階:「問題の可視化」

第4段階:「成果の可視化」

第5段階:「外部ネットワークの可視化」


これらは、言ってみれば、「社内の見える化」ですね。

社員にどんな情報を共有させ、

企業の成熟度を高めていくか、という話です。

一方、今日実施した工場見学は、「社外への見せる化」です。

企業の強みとなりうるハード資源(立地、設備、施設など)と

ソフト資源(ノウハウ、特許、人材、企業文化など)を、

お客さまにどう見せるかも、とても大切な企業活動ですね。


中小企業、とくにワンマン社長の会社や

家族的経営から脱却できない会社は、

まだまだ「社内の見える化」と「社外への見せる化」に

対する意識が低いように思いますので、

その部分で何らかの支援ができたらいいなーパンチ
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント