CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«大人とは? | Main | 目の前のこと»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
<生き方>森を見る力: インターネット以後の社会を生きる [2014年05月23日(Fri)]


久々に良い本に出会えましたexclamation×2

序章からの抜粋:

『「情報化社会」という言葉を作りだし、未来学という領域を築いた林雄二郎は、

同時代の学者たちに不満をもたらしていた。

「木を見て森を見ず、という言葉があるが、近頃の学者ときたら、

森どころか木すら見ないで、枝とか根っことか細かいところばかり見てる。」

枝や幹を研究するためには、同時に森を見る力が必要なんだ。」と。』


「参加型社会」の意義を、多くの人が気付くずっと前から模索してきた橘川さんですが、

本書を読むと、テーマの引き出しの数、独自の視点の深さには、ただただ感心するばかりです。


社会、組織、企業、政治、メディア、地域など、幅広いテーマで、

インターネットが生まれたことで、何を得て、何を失ってきたのか、を語っていますが、

行きつく先は、目先の利益、既存の社会観念に囚われるのではなく、

「森を見る力」がますます必要になるということ。

個人の経験や自然、歴史そのものから学ぶことが出来ることを、

現在の生活に活かすことが必要だということなんですねぴかぴか(新しい)


橘川さんのように、現場で吸収してきた圧倒的な知識と経験から

支えられた言葉を発する人間になりたいと強く思いましたパンチ
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント