CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«老舗企業の「6つの定石」 | Main | 不在のお知らせ»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
<DVD>Brothers and Sisters [2010年03月05日(Fri)]
実は、昨年暮れから家のテレビ(92年製のソニー「テレビデオ」です^^;)が壊れ、DVDしか観れない状態です悲しい それで、最近は、Brothers and Sistersを観ています。




アメリカの上流階級の大家族の日常を描いている物語ですが、どこか懐かしさを感じます。

西海岸でファミリービジネスを営む父親がなくなり、残された母、母の兄、父の後を継いで社長になった長女、ゲイで弁護士の長男、ファミリービジネスを一緒に営む次男、キャリスタ・フロックハート(アリー my love)、問題児の三男の計5人の兄弟たちが、時にはぶつかり、時には支え合いながら、さまざまな問題を解決していきます。

ストーリー自体はすごく深みがあるというわけではありませんが、母親役のサリーフィールドを軸に、家族の絆や、強さを描いていて、今の自分には響くものがありますねキラキラ
シーズン1は2006年の作品なので、ご覧になった方もいるのではないでしょうか?

日本も昭和時代は、家族が円卓を囲んで団らんする、といった風景が見られましたが、最近は少なくなりました。ただ、我が家は昔から商売をやっているので、食事も家族みんな揃って、ということが多かったです。家には、お客さんやいとこなど、いろいろな人がしょっちゅう来ていて、いつも賑やかだったことを覚えています。

やはり、一番身近な「心の拠り所」は、家族ですね家
コメントする
コメント