• もっと見る
« 悩みのスパイラル | Main | 向き合えている? »
最新記事
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2022年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
志茂田景樹さんのお話を聴きに行く[2013年12月21日(Sat)]
今日は、志茂田景樹さんの話を聴きにいきました耳

志茂田さんは、一昔前、直木賞作家で奇抜なファッションと言動が受け、
メディアをにぎわせていましたが、最近はテレビに出ることもほとんどないですよね。
最近は子供たちへの読み聞かせなどを積極的に行っています。

ひょんなことから志茂田さんのツイッターをフォローし始め、
そのシンプルだけどやさしい言葉に共感するようになりました。

そして、今日実際に間近で話を聴き、時間を共有できて、楽しかったです。
本当にいろいろな経験をしているんだなー、と。

今日の講演の話の内容をここで書くのは控えますが、
志茂田さんの過去の様々な経験や感情の起伏が今の自分をつくり、
新しい夢を描くことの大切さを教えてくれましたひらめき

いくつかの経験談を聞きましたが、学んだことは、、

@ちょっとしたことで、人生は上り坂から下り坂になるし、その逆もある。

Aちょっとしたことで、自分の思い込みがなくなり、新しい世界が開けることもある。

B人は自分の価値観、世界観からあまりにもかけはなれたものを見ると、受け入れがたい気持ちになり、その感情を仲間と共有したくなるもの。

C人間は生まれてきた時は無垢で純情なものなのに、大人になるにつれ、「欺瞞」「猜疑心」「狡猾」「虚栄心」など不要な札をペタペタ貼っていって、見動きがとれなくなっていく。

D劣等感をさらけ出し、開き直ることで、道が開ける。


温かい気持ちになれた時間でしたぴかぴか(新しい)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/famibiz/archive/591
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント