CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«基本を忘れない | Main | <手紙>「振り返れば過去は輝いて見える」»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
愚痴や不満は周りだけでなく自分を不幸にする [2013年09月27日(Fri)]
みなさん一人ひとりが自分の仕事や会社に対する考えがあると思います。

でも、社員が会社に対していろいろと要求があったとしても、会社は社員全員の希望をかなえることはできません。

私は今の会社を含め5社で働いてきました。軍隊のように厳しい会社、全て社員に任せる会社(でも結局は意見がまとまらなかった)、外資系では、自分がやった仕事内容によって給与にものすごい差がでました。リストラ、激務による退職もめずらしいことではありませんでした。他の会社や業界を見てみれば、現在の自分の状況に対する考えも多少は変わるかもしれません。


「会社」は、経営者、株主、顧客、社員とその家族、地域社会などとのパワーバランスをとりながら存在しています。

そして、それぞれの利害者の「会社」への見方は異なります。その認識の相違が、「会社」の存在を時に危うくするのだと思います。


今の状況を嘆いているだけでは、何も変わりません。会社の愚痴を言うのは自由ですが、他の社員や周りの人たちを巻き込むようなことだけはやめてほしいと思います。愚痴や不平不満を言えることが、聞いてもらえることが、ある意味幸せだと思います。


工業デザイナーとして世界的に活躍されている奥山さんも言っています。

『会社に頼り切っている社員ばかりを抱えている会社はもはや生き残れないと思う。
会社からもらう以上のものを会社に与えるくらいの覚悟を社員は持つべきです。
会社からもらってばかりだと、社員が会社を”搾取”してしまうことになる。

学校を出たら自動的に就職できるという考えが、そもそも幻想なんです。
会社に貢献できない人間は今後は採用されなくなるでしょう。現在の就職難はその兆候かもしれない。

ただ、誰にでも貢献できることは必ずある。それをあいまいにせず、他人に説明できるように各自が分析し、言語化する能力が問われる。努力次第で道は開けます。』
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント