CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«<生き方>新装版 谷川俊太郎の問う言葉答える言葉 | Main | 失って得られるもの»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
明日は明日のままではいつまでも一つの幻 [2012年10月13日(Sat)]
〜 こころとからだ (Soul and Body) 〜

『さびしいと感じるとき、ぼくは孤独ではありません。
ぼくはその時他の存在を予感し、さびしいと感じることで
かえってそれらと結ばれているのです。


いちばん先に腐るもの
いちばん生き生きしてるもの
いちばんあとまで残るのは
とっくの昔に死んでいるもの


理想とは夢ではなく、現実を批評することである。
到達不可能なのは夢であるからではなくて、
人間の業が深いからである。


明日は明日のままでは
いつまでも一つの幻
明日は今日になってこそ
生きることができる。』


作家 谷川俊太郎 「谷川俊太郎の問う言葉答える言葉」から抜粋

★サッカー日本代表のフランス戦を観て、興奮気味の朝です。

こころとからだののバランスをどう保つか、これは結構難しい問題です。
でも、いつもとは違う見方をすることで、そのバランスは案外簡単に好転するのかもしれません。今日は、これから早朝ランニングへ行ってきます。気持ち良い朝です。
タグ:谷川俊太郎
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント