• もっと見る
« 名古屋市長の河村たかしさん | Main | 企業の「可視化レベル」 »
最新記事
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2022年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
2月を振り返って[2011年02月25日(Fri)]
やっと金曜日。今週も公私ともども結構いろんなことがありました。

ニュージーランドでの地震、留学経験がある私にとっては他人事ではありません。
なぜ、あのビルがひどく崩壊したのか、なぜ、そのビルに多くの日本人がいたのか、答えのない問いを繰り返します。


独裁崩壊に向けたリビアでの動き。チュニジアでのあの痛ましい出来事、そしてアフリカで影響力があるエジプトでのデモに続いて、リビアにも民主化への大きなうねりが広がっています。中国でもその動きが出てきました。

情報を発信し、共有するスピードと範囲はここ数年で格段に上がりました。
そして、その情報を走らせるインフラとして、孫さんが推す「光の道」構想。情報はもっと早く、もっと便利に私たちに届くことになります。クラウドコンピューティングのような新しいパソコンの利用形態も増えてきました。

「The Social Network」という映画を先日観ました。FacebookをはじめとするSNSはあと数年は新しいサービスを加えながら拡大していくでしょう。一方で、ウィキリークスのように「情報」を使う団体もあります。「尖閣諸島でのビデオ問題」もありました。

接触する情報の量と質が上がると、人間はこの先、どうなっていくのか、興味深いところです。


仕事では、「1歩前進、2歩後退」を繰り返していますが、いずれ「1歩前進、100歩前進」する時が来ると信じています。

家族のこと、自分のことではgood newsとbad newsがありました。
それぞれの出来ごとを自分の中できちんと振り返りたいと思います。

気がつけば、誕生月の2月もあっという間に過ぎ去ろうとしています走る
この記事のURL
https://blog.canpan.info/famibiz/archive/248
コメントする
コメント