CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«<ビジネス・スキル>すべては記憶に残るサービスのために―最先端ヘアサロン「RITZ」がなにをやっているか | Main | "Life is..." (Mother Theresa)»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
<社会貢献>プロボノ [2009年12月11日(Fri)]
今日は、サービスグラントの説明会へ参加してきました。

サービスグラントでは、社会人が、仕事を通じて、知恵・経験・ノウハウ・人脈などを等を提供することによって、NPOの活動を応援するプログラムを提供しています。

プロボノは、ラテン語でPro Bono Publico(公共善のために)を略した言葉で、欧米のホワイトカラーにとってはごく一般的に使われている言葉です。

弁護士や会計士、コンサルタントなどが、「月に数時間」「年間で数日」といった時間を決めて、NPOの法律や会計、経営の相談などを無償で行うことがオーソドックスな“プロボノ”のイメージです。

アメリカでは、社員がプロボノをすることを認めている企業あり、「社会奉仕+自分の仕事の価値向上」を両立できる土壌があります。

例えば、皆さんの職種に応じて、NPOをこんなイメージでサポートすることができます。

営業の方⇒企業をターゲットとした営業資料の作成や、営業先の選定・攻略シミュレーション

ウェブデザイナーの方⇒NPOのホームページの作成

広報の方⇒NPOのメディア戦略、コミュニケーション戦略立案、支援

マーケティングプランナーの方⇒NPOのパンフレットなどの販促物の企画・製作

コンサルタントの方⇒プロジェクト管理


サービスグラントが説明していた、参加者側から見たプロボノの利点は、

・広報物のリニューアルなど、自分がやったことの成果が残る
・日ごろのビジネススキルを活かして、仕事と社会貢献がつながっている。
・作業時間は週5時間で、本業への負荷は少ない。
・役割と工程をしっかり管理するので、気持ちよく作業が出来る
・業界・職種を超えた人たちとつながることができる。


だそうです。確かに、仕事と両立しながら、クライアントであるNPOにも成果をコミットするには、

「時間」と「成果物の品質」のバランス

がとても重要な要素ですね。


私も、コンサルティング、営業・マーケティングの分野で経験があるので、何か出来ることはないかと、話を聞いてみましたが、プロジェクトがスタートする時期が年4回と決まっていることと、支援したいNPOを自分で決められないという理由で、今回は断念しました悲しい

でも、社会人にとっては、単なるお金や物資の寄付などではなく、自分の仕事を活かせる
社会貢献ということで、良い仕組みだと思いました。

プロボノが成功するには、プロボノに
参加する社員を会社として認める制度など、社会としてのバックアップ体制も長期的には
必要になると思いました。
コメントする
コメント