CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«開放性とパートナーシップ | Main | 狭山茶のブランド力»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
チリ落盤事故からの生還 [2010年10月13日(Wed)]
今日は、本当にうれしい一日でした。仕事の大変さも吹っ飛びました。


ご存じのとおり、チリの落盤事故で地下700メートルに約70日間も閉じ込められた人たちが、救助用カプセルで地上に生還したんです!

今ブログを書いている時点で9人が救助され、残り24名の方がなお暗く狭い空間に閉じ込められています。

ニュースで一人目が救助され、家族と抱き合っている姿を見たときは、涙がこみ上げてきました。



カプセルで地上にあがってくるときは、いったいどんな気持ちだったのでしょうか。



過酷な状況で今のところ一人も大きな病気やけがもないことは、本当に奇跡ですし、ものすごい精神力、忍耐力だと思います。

一人ひとりが大切な人にもう一度必ず会いたい、みんなでいっしょに生還したい、そういった強い、生きることへのエネルギーが今回の奇跡につながったのでしょう。

最初にカプセルで地下に降りていったレスキューの人も含め、いろいろな人の無償の勇気や思いやりがテレビのモニター越しからもジンジンと伝わってきました。

とにかく、残り全員の方が無事に地上に戻ることを切に願います。
コメントする
コメント