CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«<ビジネス・スキル>サービスブランディング―「おもてなし」を仕組みに変える | Main | <ビジネス・スキル>同族経営で儲け続ける社長はここが違う!―二代目・三代目経営の魅力と落し穴»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
「継承」と「承継」の違い [2009年12月20日(Sun)]
これって分かりますか?あせあせ(飛び散る汗)

「継承」は文化などを受け継ぐことを含む広い意味の一般的な言葉で、「承継」は主に権利または義務を引き継ぐことのみをさす法律用語のようです。

自社株や経営権を後継者に引き渡していくなど、法律的意味合いが強い場合は、「承継」が正しいようです。

「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律(平成20年法律第33号)」

が、2008年5月16日に公布され2008年10月1日に施行された影響もあるでしょう。


大辞林 第二版によれば、

・「継承」- 先の人の身分・権利・義務・財産などを受け継ぐこと。「王位を〜する」

・「承継」- 先の人の地位・事業・精神などを受け継ぐこと。継承。「伝統を〜する」


となっており、2つの言葉は紛らわしいですが、私個人的には、「事業承継」など法律的意味合いがある場合は「承継」、それ以外の広い意味合いで使う場合は、「継承」にしようと思います。

あ〜、ややこしい青ざめ
コメントする
コメント