CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«厳しさと甘えの前に必要なこと | Main | どんな風に努力していますか?»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
勇気は一瞬、後悔は一生 [2020年10月28日(Wed)]
オーストラリア人のブロニー・ウェアは、終末期ケアで多くの患者を看取ってきました。



末期患者が彼女に伝えた後悔の中で、最も多かったのが次の五つでした。





死ぬ瞬間の五つの後悔:

1. 「他人の期待に沿うための人生ではなく、自分がやりたいことをやっておけばよかった」

2. 「仕事ばかりしなければよかった」

3. 「自分の本心を伝えておけばよかった」

4. 「友だちと連絡を絶やさないでおけばよかった」

5. 「自分を幸せにしてやればよかった」





逆説的ですが、「後悔」について、タモリさんはこんな言葉を残しています。



人生とは後悔するために過ごすものである。



あなたはどんな風に考えますか?



死ぬ瞬間に後悔することがあるとすればそれは何だと思いますか?その後悔をしないために今からできることは何でしょう?



家族や友人があなたの墓前で、あなたについて語る場面を想像してみてください。どんな言葉をかけられたら、あなたは納得できるでしょうか?







これからの時代は、雇用や年金にいて国や企業があなたを十分に守ってくれるだけの余裕はなくなります。コロナ禍で、そのことを実感している方も多いのではないでしょうか?



であるならば、誰かの期待に応えることよりも、自分のやりたいことにチャレンジしてみませんか?もちろんリスクをとることには勇気が必要です。うまくいかないこともあるかもしれません。でも、その勇気さえ放棄してしまうのであれば、あなたは誰のために生きているのでしょうか?


■□■□■□■□■□■□■□

●パーソナルコーチング【随時受付中】
※Zoom・Skypeにて受講可


●リーダーシップ育成プログラム【残り3名】
※3つのコースから選択可能


●メールマガジン
「7日間で可能性にチャレンジできる自分を作るメール講座」
※お得な特典あり


●奥富のコラム(毎週月木配信中)
※フォロー大歓迎します

仕事や人生で迷いが生じたとき、考えすぎて、なかなか物事が前に進まないとき、選択肢がいくつかあったとします。論理的に理詰めで考えるのもいいですが、迷ったら勇気のいる方を選択してみることを意識してみるのもよいと思います。



あなたが決めたら、何かが決まります。



後悔とは、何かをしなかったことを後悔するのはなく、勇気があることをしてから気づくもの。



勇気は夢の中、後悔は夢の外。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント