CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«孤独とは一人でいることではなくて、生きる姿勢 | Main | 苦しみつつなお働きなさい»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
我々は丸裸だった過去がある [2020年09月30日(Wed)]
2016年3月27日付け東京新聞 一面からです。


愛知県に住む稲本 八重子さんの句で、
「戦争と伊セ湾台風でございます」と添え書きがありました。
75年前の終戦を思い出します。



何年経っても、過去に起きた悲しみや苦しみが癒えることはないです。
当事者にしか分からない感覚や景色があります。

一方で、人は忘れやすい生き物、
忘れないと生きていけない生き物でもあり、
辛い経験をしても、その裏にある本当の絶望から
目を背けてしまうことが多々あります。



今回のコロナウイルスが良い例です。



メディアから流れる情報を鵜呑みにして今逃げていることを正当化したり、
マスクを買い占めて一時の安心感を得たり、
転売して一時の優越感を得たり、
世の中全体が厳しい状況だからと自分のビジネスを変えない言い訳にしたり、と。



人は、生まれた時と死ぬときは丸裸です。

丸裸にされないと、自らの愚行や純粋性に気づかないというのでは、
あまりにもその代償が大きすぎるでしょう。
それが人間の性だという言葉で語ることも寂しいものです。



戦争や災害などを経験しないと、私たちは丸裸になれないのでしょうか?

そんなことはありません。世間の常識や自分の固定観念を消すことで、
丸裸になることは可能です。



スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学で行った有名なスピーチの中で
”Connecting dots” (点と点をつなげる)という話をしています。



大学時代にジョブズが何気なく受講したカリグラフの授業で学んだ知識が、
10年後に最初のマッキントッシュを設計していた時に急によみがえってきたというのです。

そして、その知識をすべてマックに注ぎ込み、
美しいフォントを持つ最初のコンピューターが誕生しました。

過去の経験が、その当時は思いもよらなかったことに活かせる
状況を生み出したという話です。



もちろん、ジョブズは当時は先々のために点と点をつなげる意識などありませんでした。
しかし、それが後に振り返ると、将来役立つことを大学でしっかり学んでいたわけです。



ここでポイントとなるのは、将来をあらかじめ見据えて、
点と点をつなぎあわせることなどできないということ。
できるのは、後からつなぎ合わせるということです。



そうです。過去は変えられないと言いますが、過去に対する認識は変えられます。
過去に対する認識を変えて初めて、現在が変わり、未来が変わっていくのです。



「我々は丸裸だった過去がある。丸裸、じっと見れば光が見える。」



■□■□■□■□■□■□■□

●パーソナルコーチング【随時受付中】
※Zoom・Skypeにて受講可


●リーダーシップ育成プログラム【残り3名】
※3つのコースから選択可能


●メールマガジン
「7日間で可能性にチャレンジできる自分を作るメール講座」
※お得な特典あり


●奥富のコラム(毎週月木配信中)
※フォロー大歓迎します


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント