CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【GW緊急募集】リーダーシップをつくるコーチング | Main | 絶望を乗り越えた先の希望»
プロフィール

奥富 宏幸さんの画像
奥富 宏幸
プロフィール
ブログ
カテゴリー
リンク集
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Google

Web全体
このブログの中
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/famibiz/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/famibiz/index2_0.xml
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
開拓者スピリッツを持つべき時代 [2020年04月26日(Sun)]
日本は経済的には豊かになりましたが、ここへ来て大きな転換点にあります。
そのことが、今回のコロナウイルス感染拡大でより顕著に表れてきました。


技術革命やグローバル化が進み、社会がつながりやすくなる一方で、
孤立や格差が生まれる負の側面も現われています。


「過剰」と「独占」のゆがんだ価値観が、現代ビジネスの多くの問題の
根底に流れているのです。


ITとインターネットを駆使した海外の新興企業が、日本の産業を飲み込もうと
いう勢いで成長しています。また、人口減少と少子高齢化が進み、
量的な労働力の低下は避けられない状況です。


多くの企業が、労働生産性や付加価値を高めようと働き方改革や新サービスを
打ち出していますが、決して十分ではありません。


変化の激しい競争にさらされている中で、国や企業が長期的に社員を守るような
構造がもはや成立しない時代になってしまいました。


日本の強みとされてきた終身雇用制度や年功序列制度といったシステムも、
企業・社員とも敢えて求めなくなりました。


つまり企業と社員の関係性が、「主従」から「共創」に変わってきたのです。



ビジネスの視点から言えば、マスマーケティングの時代は終わり、
「切り売り」の時代になりました。「持たない社会」とも言えますし、
「大きな物語の時代」から「小さな物語の時代」へ移行したとも言えます。


ですが、多くの企業は次のような問題を抱え、経営者やリーダーの成長を阻害しています。

 これは、裏を返せば経営者や企業でリーダーを目指す人が解決していかなければ
いけないことになります。


・「与え合う」甘えの構造、依存体質になっている
・「大企業・中小企業・個人商店」という固定点に落ち着いている 
・経営者自身の成長の機会が不足している
・経営者が目指すべき世界観を持てていない。
・業界や自社の常識を信じ切っている
・ネットワーク力、同志を増やせていない

これらの問題に対処するには、今までの固定観念を捨てる覚悟を持ち、
自我を捨てて、世の中に貢献する使命感が必要になります。


そして、その考え方をしっかりと言語化し、伝えていかなければなりません。
商品・サービスというのはあくまでその目的のための手段に過ぎないのです。


今こそ、開拓者スピリッツを持って、会社のあり方、経営者と社員のあり方を
変えていかなければいけないのです。


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント